2010/02/24

マーケティングで見る浅田真央とキム・ヨナ

バンクーバー五輪で女子フィギュアのショートプログラム(SP)が行われました。結果は浅田真央が73.78点で2位、キム・ヨナは78.50点で1位。報道結果でしか知りませんが、二人ともノーミスでの非常にハイレベルな演技だったようです。

この前の日曜だったかと思いますが、「NHKスペシャル 浅田真央 金メダルへの闘い」という番組が放送されました。浅田真央とそのライバルであるキム・ヨナの今シーズンに焦点を当てたもので、見ていて思ったのが、二人の取り組みの方向性が対照的だということです。

簡単に書くと、次のようなものでした。


■浅田真央

浅田真央とタラソワコーチが目指したのは、一言で言うと「ジャンプと表現の両立したスケート」。もともと浅田真央の代名詞がトリプルアクセルであるように、ジャンプが得意な選手です。一般的にジャンプが得意な選手というのはジャンプとジャンプの間の「つなぎ」の部分ではどうしてもパフォーマンスが落ちるそうです。それを、つなぎの部分でも完成度を高くすることで、レベルの高い構成にする戦略。放送内で紹介されていたのは、これまで女子のフィギュア選手では、ジャンプか表現のどちらかに強みを持つ選手しかいなかったようで、それだけこの挑戦は難易度の高いものになります。

つまり、浅田真央の演技は、自分がやりたいことをとことん目指す考え方です。


■キム・ヨナ

一方でキム・ヨナとオーサーコーチが目指したのは、一言で言うと「観客を引きつけるスケート」。もともとキム・ヨナが得意だった演技力に加え、映画007のテーマ曲を使うことで、いかに観客や審査員に効果的に見せるかという戦略です。これは個人的な想像にすぎませんが、北米大陸で開催されるオリンピックに007という曲は非常に相性がいいように思います。もしですが、開催地が例えばドイツのような国だった場合、もしかしたら選曲が変わっていたかもしれません。

話を戻すと、キム・ヨナの演技は、観客や審査員にいかに満足してもらうかという考え方です。



さて、マーケティングの考え方に、「プロダクトアウト」と「マーケットイン」という2つの考え方があります。簡単に説明すると以下のようになります。

■プロダクトアウト

技術やサービス、思い入れなど提供側主導の発想・行動で売っていくという考え方です。これは、すでにあるもの・作ったものから売り方を考えることになります。例えば、独自技術にもとづく商品・サービスを持っているので、市場に投入すれば売れるという考え方になります。

■マーケットイン

一方で、消費者の視点やニーズを重視し、顧客の求めるものを作り売っていくという考え方がマーケットインです。例えば、商品開発の段階から市場調査や消費者インタービューなどを行ない、消費者のニーズを探りながら作るという考え方です。


ちなみにプロダクトアウトとマーケットインについて、「マーケティングではプロダクトアウトからマーケットインへの発想転換が大事である」と言われることがあります。この背景には、成熟市場では顧客である消費者のニーズをいかにとらえるかがカギとなるというものがあるようにおもいます。

しかし、個人的にはプロダクトアウトとマーケットインはオンオフの関係ではなく、両立させる考え方が正しいのではと思っています。というのは、独自技術やノウハウに基づく差別化された商品・サービスを、それが価値があると思ってくれる顧客に提供すること、つまり前者がプロダクトアウト的発想で、後者がマーケットインの発想なのではと考えているからです。



ここまで、浅田真央とキム・ヨナ、プロダクトアウトとマーケットインという2つの対比を書きましたが、テレビを見ていて思ったのが、「浅田真央:プロダクトアウト」、「キム・ヨナ:マーケットイン」という発想でオリンピックに望んでいるということです。

マーケットインの考え方が優れているようにも思えますが、その一方で消費者は必ずしも自分のニーズが明確になっているとは限らないこともあります。例えば馬車が主流だった時代に登場した自動車、電話は家の中に固定されるものだった時代に登場した携帯電話、これ以外にもインターネットやiPodなども同じで、それまでになかった時代に果たして誰がこれらのようなものをニーズとして持っていたでしょうか。イノベーションとは時として、我々の想像をはるかに超えるものとして登場するものではないかと思います。



日本時間の26日(金)の女子フリー、浅田真央とキム・ヨナのライバル対決はどのような結末が待っているのでしょうか。


2010/02/20

書籍 「論点思考」

論点思考」(内田和成 東洋経済新報社)を読みました。

この本では、論点の定義を「解くべき問題」、「真の問題」と定義しています。なぜこの本を読んでみたかというと、冒頭の「はじめに」の中で書かれている以下の部分に共感したからです。
---------------------------------------------------------------------------
今回はそもそも、解いている問題そのものが間違っていたらという問題提起である。問題解決はビジネスで成果をあげる際にとても重要なものだが、暗黙の前提として「正しい問題」を解いていることを想定している。あなたがいま解いてる問題、あるいは、これから解こうとしている問題は正しいのか。ここを一度考えてみようというのが本書の狙いの一つでもある。 (p3-4から引用)
---------------------------------------------------------------------------



読んでみての感想は、筆者の言う「問題設定」は一朝一夕には難しいということです。これはある意味当たり前で、たかだか本を一冊読んだくらいでできるようになれば、例えばコンサルタントなどは不要になってしまうことになります。ただ、問題設定は難しいと言いましたが、でもだからこそ、常日頃のちょっとした意識だったり行動が大事になるのではということが、この本から得たことです。以下、4つに絞り書いておきます。

■「本当にそれが論点か」と常に疑問を持つ
例えば、上司から指示があった場合、もちろんその通りにやってうまくいくこともありますが、そもそもとして論点が間違っている可能性があるかもしれません。「本当にそうなのか」と考え、結果としてそう考えなかった場合と同じ問題設定になったとしても、一度自分の中で考えることが大事なんだと思います。この視点は意識として持ち続けたいものです。

■仕事の中で常に大論点を意識する
ここで言う「大論点」とは、最上位の論点のことです。大論点を意識するとは、別の言葉で表現すれば全体像を把握することです。目の前のことに集中すればするほど、視点が狭くなってしまうもの。一つのことに集中するのは、これはこれで大切ですが、同時に一歩引いてみる余裕もまた大切なのではと思いました。

■解決できるかどうか→実行可能か→解決したらどれだけ効果があるか
問題を設定する際に、考えるポイントです。これが問題だろうと当たりをつけても、そもそも解決できない可能性があります。その理由は資金や人手が足りなかったり、技術的に不可能なこともあります。だとすると、現実的には異なる問題設定をするべきと筆者は言います。一方で、解決策を見いだせても、実行不可能なものは机上の空論であり、また実行できたとしてもその効果が小さければ、問題設定としては適切ではないと説きます。

■2つ上のポジションに就いているつもりで仕事をする
2つ上とは、例えば自分が平社員なら係長ではなく部長、自分が取締役であれば常務でなく社長の立場で物事を考えるというものです。というのは、1つ上だけでは、まだ自分のことと関係づけてしまいますが、2つ上だと今の利害を引きずりすぎることなく、より高い視点で物事が見られるからです。



論点思考




2010/02/14

私的英語勉強法

まだまだ試行錯誤が続くと思いますが、ひとまず現時点の状況を整理してみました。今回ご紹介するのは、次の4つです。
1.オンライン英会話
2.Podcast
3.ネット記事
4.NHKラジオ (現在休止中)


■オンライン英会話

以前の記事(http://ameblo.jp/beat283/entry-10430697161.html)でご紹介したこともある、Skype(スカイプ)を使ったオンラインでの英会話レッスンです。今年になってから始めたのですが、平均すると週一くらいのペースで続けています。メリットはネットを駆使した運営による低コスト(1レッスン300~400円くらい)。比較的レッスン時間も幅があるのもいいところです。図では「読む」「話す」で△をつけていますが、これはスカイプのチャットを補足的に使うからです。

一方、もともと期待はしていなかったのですが、会話の質は友達との”おしゃぺり”感覚。個人的には、政治・経済・ニュースやマーケティングに関することが話せるようなレッスンであればなお良いです。最も、まずはそれが話せるぐらい自分の英語力を向上させることが先決かもしれませんが。以下のサイトに、いくつかのオンライン英会話が紹介されているので、興味のある方は参考にしてみてください。
※比較サイト http://eigokoryaku.com/school/school_50_philipteacher.html


■Podcast

iTunesにダウンロードして、iPodから聞くPodcast。感覚的には、英語のラジオ番組をiPodで持ち歩くイメージです。ダウンロードしているのは、主に次の3つです。
・ CNN News Update http://www.cnn.com/services/podcasting/?eref=newscast
・ BBC Radio Newspod http://www.bbc.co.uk/radio/
・ Wall Street Journal This Morning http://online.wsj.com/public/page/podcast.html

Podcastの使い方は2通りあります。1つは、普通にリスニングとして。もう一つは、聞くというよりも音楽のように英語をただ浴びることです。具体的な状況で言うと、通勤時間で新聞や本を読んでいる時に、イヤホンからは英語を流しっぱなしにしておきます。その時に集中しているのはむしろ本などの文字のほうで、耳から入る英語は”聞いていない”こともあります。

こんな聞き方が果たして有効かどうかは断言はできませんが、なんとなく経験上、ひたすら英語を耳に入れておくと英語のイントネーションに耳が慣れていくように感じます。余談ですが、よく一緒に仕事をする方で中国出身の方がいます。その方は日本に住んでもう長いのですが、日本語はほぼ違和感なく話されます。その方が以前に言っていたのは、「家にいる時にはテレビかラジオをつけっぱなしにしておきひたすら日本語を耳に入れることをした」と言っていました。この時に、リスニングを意識すると続かないので、音楽のようにただ流すだけだったそうです。

話を戻しますが、平日の通勤時間を使ってだいたい1.5時間くらいは耳に入れています。1年で200日出勤するとして、単純計算で年間で300時間です。


■ネット記事

無理矢理に毎日の日課にしているのですが、英語の記事を1日に1つ以上は読むというものです。よく使っているのは、アメリカのYahoo!のポータルページです(http://m.www.yahoo.com/)。日本と同じようにトピックスがあるので、そこから気になるものを1つ選び読むようにしています。たまに日本よりも早く情報が出ていることがあるので、情報収集としても有効です。ちなみに、最近で言うとホンダのエアバック絡みのリコールは、アメリカのYahoo!から知りました。

実はこの1日に1つ英語の記事を読むというのは、GW07さん(http://twitter.com/GW07)がブログかツイッターでご紹介されていた方法です。詳細まで読み取れないこともしばしばですが、自分の頭を鍛えるためにも今後も続けたい学習法です。


■NHKラジオ

以前にやっていた勉強法です。平日夜の22:35からのビジネス英語をよく聴いていましたが、最近はその時間までになかなか家に帰れないことが多いので、今はお休み中です。「実践ビジネス英会話」(http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/business2/#listen)は話題自体もおもしろかったので、今後、仕事に余裕が出てくれば再開したいと思います。



以上、4つをご紹介しました。これ以外にももっといい方法が出てくるかもしれませんので、新しいことも取り入れていきたいなと思います。思えば大学入試からの持論なのですが、英語は少しでも毎日触れたほうがいいと思っています。その意味で、これからも続けていきたいです。

2010/02/13

ハッピーターンからマーケティングを考える

あまりの衝撃で思わず衝動買いをしてしまいました。「ハッピーパウダー200% ハッピーターン」です。(画像1)



ハッピーターンはあの粉があってこそのハッピーだと思っていますが、この商品はその粉が従来品よりも2倍になったらしいのです。セブンイレブンにて、50g入りで105円だったのですが、これ以上の量だとやや重いかもしれませんが、一個目に食べた時は確かに普通のものより「濃い」印象でした。



ところで、「経営戦略立案シナリオ」(佐藤義典 かんき出版)には市場について次のように書かれています(この本では、全体の話の流れから市場を「戦場」と表現しています)。
---------------------------------------------------------------------------
(p55より引用)
実は、昔から競合は顧客が決めていた。ただ、同じ価値を提供するのは昔は同業者だけだったので、顧客のベネフィットを意識しなくても、”たまたま”同業者だけを意識していればよかった。 しかし、今は違う。 (中略) 顧客が「戦場」を決める。戦場が決まる基準は、業種・業態ではなく、「顧客にとっての価値」だ。
---------------------------------------------------------------------------

これはどういうことかと言うと、競合というのは消費者の頭の中で選択肢として浮かんだものである、という考え方です。つまり、売り手が設定するのではなく、あくまで買い手(消費者)が決めるというもの。

例えば、本ではマクドナルドが例として挙げられていますが、彼らの競合は、ハンバーガー市場だけではなく、
・ 手早く安く済ませたい (競合例.浮かんだ選択肢は牛丼専門店)
・ 机で食べるためのテイクアウト (競合例.浮かんだ選択肢はコンビニ弁当)
・ 食後のコーヒーを飲みたい (競合例.浮かんだ選択肢はスターバックス)
・ 休日に家族で外食として (競合例.浮かんだ選択肢はファミレス)
・ ちょっとだけ店内で無線LANを使用したい (競合例.浮かんだ選択肢はネットカフェ)
といった感じです。



やや恐縮ですが、仮に何かお菓子を食べたいと思った時に、自分の頭に浮かんだ競合を整理してみました。
競合が多いか少ないか × 定番商品かどうか
のマトリクスで考えています(画像2)。



■定番・競合多い
ポテトチップやチョコレート、ガムなど
ポテトチップと言えばカルビーですが、多くのメーカーが販売しています。チョコやガムなどと同様、選ぶのに迷ってしまうほど、選択肢はたくさんあります。

■定番・競合少ない
ハッピーターン、カール、かっぱえびせん、カラムーチョ、うまい棒など
ここにハッピーターンは入ります。あの味は、ハッピーターン以外ではなかなかないのではと思います(単に知らないだけかもしれませんが)。それ以外にも、独特の商品が思い浮かびます。つまり差別化されたお菓子。

■一発屋・競合多い
ナタデココやベルギーワッフル
このセグメントはすぐに思いつかなかったのですが、一時大流行した時のナタデココやベルギーワッフルなどは、複数のメーカーが参入していたように記憶しています。

■一発屋・競合少ない
サイバー菓子(ねるねるねるね など)
一般用語になっているか定かではありませんが、ねるねるねるねなどに代表される「サイバー菓子」です。これは競合は(おそらく)少ないものの、短期の商品サイクルでたくさん出ていたんじゃないかと思います。当時のCMも印象的でした。



「経営戦略立案シナリオ」には、戦略要素として次の点を挙げています。
1.戦いやすい戦場で(市場で)
2.独自資源を活かし、差別化された商品を
3.ターゲットとなる顧客に対し
4.わかりやすく伝えること
そして何より重要なことは、この4点に対して「一貫性があること」である、としています。

今回買った「200%ハッピーターン」でこれらの点を考えた時に、
1.お菓子の中でも独特のポジションを築いている
2.粉をうまく接着させる技術(パウダーポケット)があり、他のお菓子にはない味を持つ(差別化)
4.「ハッピーパウダー200%」とわかりやすい商品名
の3つは一貫性がありそうです。そして、3.ターゲット顧客については予想の範囲でしかわからないですが、コンビニ先行販売という点ももしかしたら関係しているのかもしれません。



最後に
上記はあくまで個人的な「頭の中」での競合状況で、人によっては異なるかもしれません。あなたがお菓子を買った時、その時に思い浮かんだ他の選択肢は何でしたか?



※パウダー200%ハッピーターン
http://www.kamedaseika.co.jp/item/itemDetail.html?itemId=446

※ハッピーターンのサイト
http://www.happyturn.com/

※ねるねるねるね
http://www.kracie.co.jp/products/neruneru/index.html

※ねるねるねるね Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%AD%E3%82%8B%E3%81%AD

※経営戦略立案シナリオ
http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%8C%E5%96%B6%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%AB%8B%E6%A1%88%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%AA-%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%8D%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E9%81%93%E5%A0%B4-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E7%BE%A9%E5%85%B8/dp/4761264284

http://www.amazon.co.jp/経営戦略立案シナリオ-かんきビジネス道場-佐藤-義典/dp/4761264284


2010/02/11

twitterをやっていて思うこと

少し古い話題ですが、去年の「日経MJ 2009年ヒット商品番付」において、西の小結に選ばれたのがtwitter(ツイッター)でした。今回はこのツイッターについてです。

アカウント自体は割と前に取得していたのですが、当時は一度もつぶやかずに取得しただけでした。今年になり、鳩山首相(http://twitter.com/hatoyamayukio)が始めたりだとか、メディアにもよく登場するようになったように感じたので、そういえばと自分が取得したアカウントを思い出したのです。



再開(?)の目的は、「インプット」「アウトプット」としての2つです。


■インプットとして

文字通り、情報収集ツールとしての活用です。普段の(メディアからの)情報収集は、本、新聞、ネットのニュース記事、ブログなどですが、これにツイッターも加えてみようと思ったからです。色々と調べて見ると、ツイッター上には気になる人が色々とつぶやいています。また、よく読んでいるブロガーのつぶやきもおもしろかったりします。わずか140文字以内の「つぶやき」にすぎませんが、なるほどを思ったり、URLのリンクもあるので、自分の知らなかった情報が得られるところがいいです。

これ以外にも、気になるキーワードからどんなつぶやきがされているのかという使い方もあります。マーケティングなどの自分の仕事に関するもの、トヨタやiPad、政治、経済などのニュースに関するキーワードです。もちろん、その全てが自分にとって有用ではないのですが、(これまでの)ネット検索とはまた違う情報収集だと思います。


■アウトプットとして

これは、自分が考えたことだったりちょっとした気になることだったりをつぶやくことで、頭の中を整理できたりします。例えば、ブログに書くほどではない内容を気軽に表現したりできる点。ブログにアップさせるためには、それなりの文章構造になっていなければならないと考えているのですが、140文字以内ということで、気にしなく勝手につぶやくことができます。

また、おもしろいと思った記事についてだったり、本を読んでいて気になった言葉をつぶやくこともあります。最近思うのですが、読んでいる本の気になった箇所についてつぶやくことで、よりその内容を理解できるように感じます。



このように、インプット・アウトプットとして活用しようと思っていますが、一方でまだまだツイッターを十分に使いきれていないと思っています。というのも、ツイッター関連のツールでまだまだ知らないものも多く、今現在使っているものでも十分に使いきれていないのではと思うからです。ちなみに現在よく使っているのは、「HootSuite(http://hootsuite.com/)」と「bit.ly(http://bit.ly/)」の2つです。

HootSuiteはいろんな人のつぶやきをタブや表示機能で整理できるところ、bit.lyはURLを短縮することができ140文字以内に収めることができるところが使っている理由です。



一方で、twitterに時間を使いすぎてはいけないなとも思います。ちょっとした空き時間で使うなど効率よく使っていきたいものです。自分がフォローしている全てのつぶやきに目を通すのはほぼ不可能ですし、その中で自分にとってどれだけ有用な情報を得られるかを意識して利用したいと思います。


2010/02/05

書籍 「ユニ・チャームSAPS経営の原点」

ユニ・チャーム SAPS経営の原点という本を読みました。

SAPS は、S:Schedule、A:Action、P:Performance、S:Schedule の頭文字です。それぞれの表す意味は次の通りです。

  • Schedule:思考と行動のスケジュールを立てる
  • Action:計画通りに実行する
  • Performance:効果を測定し、反省点・改善点を抽出する 
  • Schedule:今週の反省を活かし、次週の計画を立てる

まずはじめに、思考と行動のスケジュールとあります。SAPS の前提となるのは、「人生とは考えることと行動することの繰り返しであり、『正しい行動』と『正しい思考』が豊かで幸せな人生を送ることができる」という考え方です。

人生が豊かにと聞くとやや大げさに聞こえるかもしれませんが、要するに、意識を強制することよりも行動を管理することをその方針とするものです。つまり、会社という組織内で人をどう管理するか、この解がユニ・チャーム社ではSAPSマネジメント・モデルを用い、行動を管理し達成感を生む、と本には書いてあります。

以下、本で紹介されたことばの中で、個人的に気になったものを2つご紹介します。

■ コミュニケーションについて

  • Said ≠ Heard(言ったからといって、聞いてもらえたわけではない)
  • Heard ≠ Listened(”聞いて”もらえたからといって、”聴いて”もらえたわけではない)
  • Listened ≠ Understood(聴いてもらえたからといって、理解してもらえたわけではない)
  • Understood ≠ Agreed(理解してもらえたからといって、賛成してもらえたわけではない)
  • Agreed ≠ Convinced(賛成してもらえたからといって、納得し行動しようと思ってもらえたわけではない)

■ 新しいことへの抵抗について

抵抗が起きる理由は以下の通りです。

  • いままでの惰性によるもの
  • 古くからの習慣は変えにくい
  • 新しいことを理解する努力は気が進まない
  • 新しいことを実施したとき、悪い結果が出るのを恐れる
  • 現在までのやり方や考え方が批判されることに対する反感がある

こうした抵抗を解消するために必要なのは、

  • 新しい方法の有利な点をわかりやすく説明する
  • 新しい案を採用しなかったときの不利益をわかりやすく説明する
  • 新しい変化に適応する方法を十分に研究しておく
  • できるだけ早期の時点から立案に参画してもらう
  • 抵抗についてフランクに話し合う

なぜこれら2つを取り上げたかというと、まさに今この両方ともを意識して行動しなければいけないと強く感じたからです。

というのは自分の所属している部署は、事業開発という部署。今の仕事は新規事業を立ち上げ、会社に利益をもたらすことです。さらに言うと、この事業が立ち上がった後にはこれに続く第二、第三のビジネスが展開できると考えています。(個人的には日本だけにとどまらないと思っています)

一方で、今までにない新しいものであるがゆえに、社内外での抵抗ももちろんあります。ある程度は事前に予想できていましたが、いざ現実に新しく変わるとなると、思った以上に「新しいことへの抵抗」を感じます。

新しいことへのデメリットもありますが、そのメリットのほうが大きい(だからこそ取り組んでいるのですが)のに、なぜ理解してもらえないのか。

でも実は、その要因はこちらにあったのかもしれません。伝えたつもりのものが全く共有できていなかった、説明が具体的でなかったために当事者意識を持ってもらえなかった、コミュニケーションの場が不足していた、などなど、上記のことができていなかったのだと思います。

前述の Said だけして、Convinced となったのだと思わないように気をつけたいです。


ユニ・チャーム SAPS経営の原点―創業者高原慶一朗の経営哲学
二神 軍平
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5161



follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...