2012/10/27

KOMTRAX:コマツ建機の美しいビジネスモデル




なぜ、あの会社は儲かるのか? - ビジネスモデル編 という本で取り上げられていたビジネスモデルの1つに、小松製作所の KOMTRAX (コムトラックス) がありました。



小松製作所


小松製作所は日本の世界に誇る建設機械・重機械メーカーで。 Wikipedia を見ると、建設機械の日本でのシェアは1位、世界で2位です。日本以外にも南北アメリカ、ヨーロッパ、CIS、中近東、アフリカ、東南アジア、オセアニア、中国にグループ企業を展開しています。TOPIX Core30 銘柄の一社に選ばれています。

紹介されていたコマツのビジネスモデルは、KOMTRAX という IT サービスを中心にしたものです。そこには、建機というモノの販売からもう一歩踏み込んだ秀逸なビジネスモデルがありました。


良いビジネスモデルの条件


ビジネスモデルが成り立つ条件として、以下の2つが重要だと考えています。

  • エンドユーザーや顧客に既存のモデルよりもより高い価値 / 低いコストが提供される
  • ビジネスモデルの関係プレイヤー (ステークホルダー) 全員に Win-Win が成立する

今回のエントリーでは、冒頭で書いたビジネスモデルが成立する2つの要素について、コムトラックスを例にして考えてみます。

2012/10/20

裸踊りと桃太郎から考えるリーダーシップ論


Free Image on Pixabay


最近リーダーについて考える機会があったのですが、あらためて思ったのは 「リーダーとは結果論」 だということです。

リーダーは英語では leader と書きます。何かをリードする、誰かをリードするという意味です。リーダーする人とリードされる人はセットです。リーダーが成立するのは、リーダーについていく人がいる必要があります。


1人のバカをリーダーへと変えるのは最初のフォロワーである


リーダーとフォロワーの関係を的確に説明するプレゼンがあります。

TED の 「How to start a movement (社会運動はどうやって起こすか) 」 です。実際にプレゼンの様子を見てもらうとわかりやすいです。3分ほどのプレゼンでリーダーとフォロワーについて紹介されています。

2012/10/13

沈黙を破り、今すべてを語る:本田圭佑への独占インタビューがおもしろい


引用:SOCCER KING


サッカー日本代表 (2012年現在) の本田圭祐選手へのインタビュー記事をご紹介します。

『沈黙を破り、今すべてを語る』 本田圭佑 独占2万字インタビュー全公開|SOCCER KING (2012年10月11日)

2万字インタビューとあるように掲載量は多いのですが、読んでいて長いとは感じなく、読み応えのあるインタビュー記事でした。


「問い」 がインタビューをおもしろくする


インタビューは、本田選手の具体的なプレーの話から始まります。

テーマは、ボールをもらう前の動きの質です。ボールを持っていない時に、いかに相手選手のマークをかわしてフリーになるかです。本田選手のプレーの以前と現在との変化に迫ります。

本田選手がどう考え、何を目指しているかがよくわかる内容でした。インタビュアーの質問が非常によかったからです。

2012/10/06

ぼんやり頭にさようなら。脳が冴える日常生活のちょっとした工夫


Free Image on Pixabay


最近なんとなく頭がぼんやりする。集中力が続かない。記憶力が衰えたような気がする。そんなふうに感じることはないでしょうか。

このような状況を改善するには一時的な脳トレではなく、日常生活の少しの工夫次第で、脳に良い習慣を身につけることがよい。脳が冴える15の習慣 - 記憶・集中・思考力を高める という本には、そのための具体的な方法が書かれています。



誰にでも簡単にできる方法が多く載っています。実際に自分の生活に取り入れてみると確かに効果が実感できました。

今回のエントリーでは、脳が冴える日常生活の工夫をご紹介します。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)