2013/11/03

人生の分かれ道で迷ったときに「直感」に従うのは理にかなった方法っぽい

恋人である彼女から「この2つの服、どっちがいいかな?」と聞かれた時に男性はどう答えたらいいか。雑誌かテレビかで紹介されていたのは、直接答えるよりも「自分がいいと思う方を選んだらいいよ」と言ってあげることらしいです。なぜなら、彼女の中ではもう決まっていて、その選択の後押しが欲しいからだとか。

書籍「脳には妙なクセがある」でこれに関連して書かれていたある研究結果がありました。

本人が「まだどちらかにするか決めていない」と思っていても、実は無意識下ではすでにどちらかに決めているというもの。当人としては意識せず自覚がない決断でも、無意識の自分はすでに決めているそう。

これが本当だとすると、何か選択にどうしても迷う時には少し気が楽になるかもしれません。「どうせ無意識の自分の中では決まっているんだし」という感じで。

決断における無意識と意識の乖離は興味深い話です。意識の自分が判断する前に、無意識の自分がもうすでに決めているという。

この内容を読んで思ったのは、決断と直感のことです。

人生では、右へ行くか or 左へ行くかで迷う「分かれ道」があります。進学/留学、就職/転職、結婚、あるいは引越しや家などの大きな買いものをするなど。

いろんな条件を考えてどっちへ行くか迷い、最後には意志で決めるものですが、どうしても迷う場合は直感で選ぶケースがあるでしょう。自分のこれまでを振り返ってみても、少なからず直感に従った経験があります。直感なので明確な理由がなく「なんとなくこっちがいいと思った」くらいにしか言えないもの。

「意識の自分が判断する前に無意識の自分がもうすでに決めている」という話は、意志を持って決める前に「直感」ではすでに決まっているとも言えるように思います。だとすると、決断に迷う場面では直感に頼るというのも、実は脳の仕組みからすると実は理にかなった方法なのではと。

そう考えると、直感が下す判断をどうすれば鍛えられるのか?1つ言えるのは、過去の自分がどれだけ良い経験をしているかどうかだと思います。

何を持って良い経験かは人それぞれだと思いますが、自分自身の場合は、自分の気持ち/感情にウソはつかないこと、ミスや失敗も目をそらすのではなくちゃんと向き合ったり、好奇心を大切にし新しいことに挑戦すること。また、直感の存在を普段から意識しておくことです。意識の自分が「無意識の自分」の存在を意識しておきたいなと。




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...