2013/11/30

育児には積極的だった夫。でも妻が家を出た理由




もうすぐ娘が生後3ヵ月なので、考えさせられる記事でした。

育児には積極的なつもりだったが… 妻が家を出た理由:日本経済新聞

■ 妻が家を出るまでの経緯

記事はある夫婦の話です。長男が1才になり保育園に預けたタイミングから妻も職場復帰しました。

共働きをするにあたり、2人で決めた夫の役割分担は、子どもの朝の支度と食事の面倒、保育園へ送る、仕事が早く終わった日は入浴も担当、土日はできるだけ育児に参加することでした。

しかし、現実は夫の平日の帰宅時間は21時や22時になることもたびたびで、平日夜の子どもとの入浴はほとんどできませんでした。

一方で同僚と飲みに行くのは、子どもが生まれる前より減らしたとは言え週1ペースでした。休日は月2回のフットサルに参加します。夫は「育児は十分手伝っているし、仕事のストレスも解消したい。これぐらいのペースの息抜きならば許されるだろう」と高をくくっていました。

その後どうなったのでしょうか。以下は記事からの引用です。

妻が職場復帰して、半年後の朝。「今日は飲み会で遅くなる」と伝えた途端、妻が爆発した。「もう無理!このままじゃ今の生活、続けられない!」。家庭を顧みてくれないことへの不満が、マックスに達したのだ。しかしその日は、残業続きで疲れていた山崎さんの虫の居所も悪かった。「俺だって疲れているんだ!お前たちのために夜遅くまで働いているんだから、これぐらいいいだろう!?」

「最悪な発言ですよね(苦笑)。言ってしまってから、『しまった…』と思いました。いくらイラっとしていても、この言い方はまずかった。妻は絶句した後、『もう顔も見たくない』とポツリと。まいったな…と思いながらも、出勤時間が迫っていたので、妻を置いて子どもを保育園に連れて行きました。そして、その日の夜に家に戻ったら…家は真っ暗、そしてリビングのテーブルに、『出て行きます』との書き置きがあったんです」

■ なぜ妻の不満が爆発したのか?

最後のシーンで、家庭を顧みてくれないことに妻の不満が爆発しています。なぜそうなってしまったのかの原因を考えてみると、2つあるように思いました。

1つ目は、夫の有言不実行です。

夫の役割として2人の間で決めていました。子どもの朝の支度と食事の面倒、保育園へ送る、仕事が早く終わった日は入浴も担当、土日はできるだけ育児に参加です。後半の「仕事が早く終わった日は入浴も担当」「土日はできるだけ育児に参加」はあまりできていなかったことが記事から読み取れます。

妻からすると、2人で決めた約束なので当然やってくれるという期待があるのに、現実はできていません。夫がやってくれないので、自分がやることになります。

妻の不満に拍車をかけたのが、夫が役割を果たさない理由の中に、週1の飲み会と月2回の休日フットサルだったことです。妻側が、夫の飲み会/フットサルに相当する家庭外の予定や趣味をどれだけやっていたかは記事には書かれていませんが、妻からすると夫は自分だけ楽しんでいるという不満も溜まっていたはずです。

2つ目が、育児への認識の違いです。

記事の中で「育児に参加」「育児を手伝う」という表現が出てきます。夫は「育児には積極的に参加しているつもりでした」と言っています。

そもそもの話で、育児に参加とか手伝うという表現は、夫の中で「育児を中心的にするのは妻のほう」という気持ちがどこかにあったと思います。妻が育児に対してどう認識しているかは記事には書かれていませんが、おそらく参加/手伝うとは思っていないはずです。

妻が持っていた育児への前提として、そもそも参加とか手伝うものではなく、当たり前のこととして自分たちがやるものです。一方の夫は参加するものと捉えています。このボタンの掛け違いが、妻の不満爆発につながったように思います。

■ 問題解決は可能?

どうすれば問題解決になるのでしょうか。結局は2人で話し合うしかないと思いますが、1点目の有言不実行に関しては、現実的にできること/できないことをクリアにすることです。できない役割を掲げていても妻の不満が溜まるだけなので、役割分担を見直します。夫が飲み会/フットサルへ行くのであれば、妻もそれに相当する息抜きの時間を確保する、などです。

曖昧な役割の見直しも有効です。当初の夫の役割のうち「仕事が早く終わった日は入浴も担当」「土日はできるだけ育児に参加」について、前者は早く終わったら、後者はできるだけ、と曖昧です。これを例えば、平日は3日は夫が入浴を担当、土日のどちらか1日は◯◯と△△を担当する、などのようにわかりやすい役割にします。

2点目の育児への認識の違いは、これを機に夫側が捉え方を変えるか(妻と同じレベルにする)、認識の違いをお互いが理解し認められるならそれはそれで良いでしょう。ギャップはあるけど2人でそれを理解し乗り越えられるなら構わないと思います。(ただ、この2点目に関しては根が深いように思うので、1つ目に比べると時間がかかるかもしれません。そもそも2人が育児への認識の違いに気づくかもわからないです)

日経の記事は続きがあるようなので、2人がどう乗り越えるのかは気になるところです。


2013/11/24

脳卒中の息子を授かったある夫婦の「発想の転換」




TED にいい話があったのでご紹介します。

ある夫婦の Talk で、2人の子どもであるマリオの話です。

マリオは、生後10日で周産期脳卒中が見つかりました。脳の右側が欠けた状態で、左半身の自由が利かないマリオを前に夫婦は苦しみます。マリオは正常になるのだろうか?充実した人生を送れるのか?という不安です。

プレゼンでは、不安に直面した親が、いかにしてその状況を転換させていったのかが語られています。


Roberto D'Angelo + Francesca Fedeli: In our baby's illness, a life lesson - YouTube

リハビリを続ける中で、夫婦はあることに気付きます。

マリオが見ているのは自分たち親です。であるならば息子にとって自分たちは良い鏡であるべきではないか。息子を障害がある「問題」として扱うのではなく、息子は息子として見る。成長の機会として扱おう、と。

この発想の転換を堺に、夫婦とマリオの時間は変わっていきます。

「マリオに受け継がせたい私たちの強みは何か?」。自分たちが好きなことなど、マリオに見せられる最高のものを見せてやろうと決めたのです。

TED のコンセプトは「Ideas worth spreading」(広める価値のあるアイデア) です。

夫婦がマリオの成長を通じて得たアイデアは、Consider what you have as a gift. Consider what you miss just as an opportunity.

自分が授かったものを見つめ直し (授からなかったものばかりに目を向けるのではなく) 、授からなかったものはチャンスと捉えることです。

夫婦の考え方の転換を一言で表現するなら、自分たちが置かれた状況を受け入れ、前向きに捉えたことです。前向きな姿勢になったことで、マリオとの関係が180度変わりました。

このストーリーを見て思ったのは、大切なのは自分たちに起こったことではなく、起きたことにどう対応するかです。人生とはその対応の積み重ねだなということです。

私の好きな考え方に、「刺激と反応の間には選択の自由がある」という言葉があります。

何かが自分に起こったという刺激に対して、自分の感情反応は1つではないと捉えます。

刺激⇒選択⇒反応とあって、刺激と反応の間には「選択の自由」を持っている、という考え方です。選択は自分次第なのであれば、前向きな姿勢でありたいです。

ご紹介した TED では、最愛の息子であるマリオが最後にステージに登場します。

困難な状況であっても、前向きな意識を持っていれば、あるいは前向きに考えるようにすれば、「できない理由」ではなく「できる理由」から入れるはずです。

元気なマリオの姿を見て、あらためてそんなことを考えさせられました。

日本語の字幕付きの動画はこちらなので、興味のある方はぜひ。


ロベルト・ダンジェロ+ フランチェスカ・フェデリ: 我が子の病気から学んだ人生の教訓 | Video on TED.com


※関連記事
刺激と反応の間には「選択の自由」がある
鏡に映った自分とどう向き合うか
「選んだ選択肢を正しくする」という考え方


2013/11/23

新興国マーケットへの投資方針を変えました

そろそろ、資産運用を再開してから1年くらいが経ちます。今のやり方は簡単に言うと、毎月の自動積立を投信信託へ、投信で一定額に達したらETFの株式に移し替え、というものです。

自動積立をしている投信は今のところは以下の5つです。
これまでは5つへの積立額は均等配分でした。「外国株式インデックスe」「SMT 新興国株式インデックス・オープン」が海外株式への投資、残りの「ひふみ投信」「コモンズ30」「結い2101」は国内株式への投資と位置づけているので、海外:国内=2:3の割合です。

今後の配分は「SMT 新興国株式インデックス・オープン」のみを下げようと考えています。他の4つに比べて1/3くらいに減らします。

理由は、新興国マーケットが2014年以降は伸び悩むのではと考えているためです。

この判断の根拠のうち、特に参考にしたのが「新興国 中・韓・印・露・ブラジル経済総くずれ: 日・米は支えきれるか? 」という本でした。著者はエコノミストである中原圭介氏。

タイトルにもあるように、中国、ロシア、ブラジル、インド、韓国を中心に新興国が経済的にも政治的にも複数の問題を抱えていることが書かれています。

まとめると、
  • 汚職の蔓延:中国/ロシア/インドでは賄賂がないとビジネスがうまく行かない。特に道路等のインフラ工事で顕著、工事額から賄賂分が抜かれるため、手抜き工事につながる。脆弱なインフラになり国内の生産性が低下(海外企業の投資低下の一因に)
  • 格差拡大:汚職の蔓延から特権階級の資産が膨らむ。中国では格差拡大から年間20万件を超える農民の暴動が発生。共産党独裁政権を揺るがすまでの事態に発展している
  • 資源バブルの終わり:アメリカのシュールガス/シュールオイルの影響で、今後は世界的に天然ガス/原油/石炭の価格が下がる。それにより、鉄鉱石/銅/アルミニウムなどの資源、穀物価格も下落する。資源大国であるブラジル(鉄鉱石)とロシア(天然ガス/原油)への影響必至。両国にはこれまでの資源価格高騰が恩恵を与えていたが、一転する
  • 借金経済:中国のシャドーバンクの問題。ブラジルの家計の借金。リーマン・ショック前のアメリカ家計の借金が住宅価格高騰で支えられていたように、ブラジルでは鉄鉱石の価格高騰が家計の借金を支えていた。鉄鉱石の価格は2011年をピークに下がってきている

それぞれの国が複数の問題を抱えています。どれも構造的な問題で、簡単には解決しないと思いました。

新興国への投資と位置づけているインデックスファンド「SMT 新興国株式インデックス・オープン」。これまでの投資配分からどこまで下げるかを考えた時に、ゼロにする選択肢もありました。しかし、10年タームくらいの長い目で考えた時には、下がり続ける可能性は小さいと思い、自動積立による投資は継続すると判断しました。結果、これまでより3分の1くらいに縮小で落ち着きました。

色々と考えると、世界の出来事はいろんな形で連動していて、連想をしながら考えるきっかけを与えてくれるのが投資のメリットの1つだと思っています。




2013/11/16

転職して6ヵ月経ちました:環境を変えること

先日、通勤定期を更新しました。定期は6ヵ月を使っています。

これは何を自分にとって何を意味するかと言うと、通勤経路が変わった、すなわち転職して6ヵ月が経ったということです。半年という区切りなので、環境を変えることについて考えてみます。

転職というのは、仕事の環境が大きく変わります。

それによって、自分の中での考え方や価値観も少なからず変わるもの。否応なく、新しい環境への適応が必要になります。

転職の意義はそれを通じて自分がどう変われるかだと思います。受け身で「変わる」というよりも、自らの意志で「変われるか」。

転職をしたから見えてきたことに、同じ組織に長くいると「ものさし」が固定化してしまうことがわかりました。ものさしというのは、自分自身への評価であったり、自分の仕事の立場/役割、業界への見方、などなど。

例えば、自分の強みだと思っていたことが、新しい環境になることでもっとすごい人が普通にいたりだとか、逆に意識していなかった自分の考え方/やり方が転職後には重宝されたり。こうした自分を客観視する「ものさし」が場を変えることで変わったり、新しく増えます。

うちの会社には評価制度に上司だけではなく、一緒に仕事をしたメンバーの評価もあります。クロスファンクションと言って、異なる組織や国で仕事をすることも多く、色々なプロジェクトでいろんなメンバーと仕事をし、そのメンバーに評価してもらう制度です。

ちょうど最新の評価が返ってきて、発見だった1つに「Noと言えること」という評価点がありました。データや事実に基いて中立的/客観的な視点や意見を言える、チームが進めた方針/ストーリーであっても、データからそれは言えないとNoと言えることを評価してもらえたのですが、これまでは自分の中では意識していないことでした。

しかし、いろんな人を巻き込んで行ったり、リーダーシップについては、評価としては満足できるものではなかったので、今後の自分の課題だとあらためて思いました。これも転職をして初めて見えてきたことです。

新しい環境は自分を磨くチャンスです。一方で、より難しいチャレンジが伴う場合は失敗/挫折も経験するだろうから「前の環境のほうがよかった」と後ろ向きになることもあるでしょう。つまり、転職にはプラスとマイナスの幅の大きさが、転職をせずに残るよりも大きく、それだけリスクがあります。

リスクをどう捉えるか。もし、自分の中で少しでも「やってみようかな」と思えるのであれば、挑戦したほうがよいのでは。転職をして半年ほど経った今はそう言えます。仕事がマンネリ化していたり、以前ほど考えたり試行錯誤がなくても目の前の仕事がこなせるようになってきたら、新しい環境に移るタイミングです。

2013/11/10

5分で1冊を読むような「速読」は、「熟読」があってのもの

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門の著者は佐藤優氏。

佐藤氏は、月平均で300冊以上を読み、多い月で500冊を超えるようです。1ヵ月で300冊ということは1日に10冊読んでいることになります。ちなみに本は4万冊を持っているとのこと。

この本は、タイトル通り佐藤氏の読書の仕方が紹介されています。年間300冊もどうやって読んでいるのかが気になります。

佐藤氏は読書の技法は3種類あるとします。超速読(5分)、速読(30分)、熟読。佐藤氏が言う速読と熟読の関係は「熟読のために速読がある」。速読の目的の1つが、時間をかけて読む必要のない本かどうかを判断すること。その本が自分にとって有益なのかを仕分けするのが速読です。1冊の本を5分くらいで読む超速読の方法は以下のとおりです。

超速読の技法:
  • 序文の最初の1ページと目次を読む
  • それ以外はひたすらページをめくる。文字は読まずページ全体を見る。気になる箇所は印をつける(シャーペンで印。ポストイット貼る or ページ折っておく)
  • 結論部のいちばん最後のページを読む
  • 本全体の印象をつかむ。同時にその本で読むべき箇所の当たりをつける

超速読の目的は、時間をかけて読むに値する本かを判断する仕分けと、この本はこの部分だけを重点的に読めばよいという当たりをつけることにあります。特徴はシャーペンで印をつけポストイットを貼るなど、本を「汚く読め」と言っている点です。

超速読をして、時間をかけて読む価値があると判断できれば熟読をします。読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門で役に立ったのは、超速読の方法よりも、1冊の本にじっくりと時間をかける熟読のほうでした。

もし時間が無限にあるのであれば、全ての本を熟読できます。しかし、現実はそうではありません。1日の中で読書にかけられる時間は限られており、もっと言うと人は死がある以上、人間は時間の制約という最大の制約条件を抱えています。だからこそ、有限の時間の中で、どの本を熟読し、どの本に時間をかけないかの判断が重要なのです。熟読ありきの速読です。

佐藤氏は熟読では3回は読めと言います。

熟読の技法:
  • 線を引きながらの通読。シャーペンで印をつけながら読む
  • 1回目で印をつけた部分で、特に重要だと思う部分をノートに写す
  • 結論部分を3回読み、再度通読

超速読では1冊に5分。熟読では数日、中には1週間を超える期間をかけます。それくらい時間を使って精読する価値があるかを判断するのが速読です。

人は一生の間に読める本の数は限られています。1週間に2冊ペースで読めば年間100冊。それを50年続けても5000冊程度です。世の中で存在する本に占めるわずかでしかありません。読む価値のある本にどれだけ巡り会えるか。速読と熟読を使い分け、読むべき有益な本にちゃんと時間をかけられるような目利きができるようにと思っています。




2013/11/04

「人間としての信頼」と「選手(仕事)としての信頼」

サッカー日本代表で、ドイツのブンデスリーガで活躍する内田篤人選手。内田選手の著書である「僕は自分が見たことしか信じない」に、とても共感することが書かれていました。
サッカーに限らずチームスポーツにおいて、最も大事なことは周りから信頼を得ることだと思う。そのために僕が心がけていることは、練習をまじめにやる。文句や愚痴を言わない。普段からありのままの自分でいること。これは意識してやるようにしている。

でも、プロの世界ではこれだけじゃ足りないんだ。人間としては信頼を得られるかもしれないけれど、選手としては信頼を得るためには、やはり試合で結果を出して、実力を認めさせなければいけない。どこの国でも、どこのチームでも、そうしなければ本当の意味で信頼を得ることはできない。

引用:書籍「僕は自分が見たことしか信じない」

内田選手の場合、ドイツに来てシャルケ04に入団した5ヶ月後のバイエルン・ミュンヘン戦が契機になったと言います。相手選手をほぼ完璧に抑えたことで、内田選手を見る周りの目がガラッと変わったそうです。その試合を堺にみんなから信頼を得られていると感じ、ドイツで戦っていける手ごたえをつかめた試合だった、と。

信頼を「人間としての信頼」と「選手(仕事)としての信頼」に分けて考え(もちろん厳密に分けるのは難しいですが)、選手としての成果を出して初めてチームメイトからの信頼を得られるという捉え方です。

内田選手はサッカーや他のチームスポーツにおいてと書いていますが、ビジネスパーソンにもそのまま当てはまると思っています。

自分自身の場合は、今年転職をして6ヵ月ほど経ちましたが、新しい組織/チームの一員になれたと実感できるのは、仕事において「これをやった」という成果があってだと思っています。

新しい同僚との人としての信頼関係を築くことはもちろんですが、それだけでは何か足りない。自他ともに認める結果や成果が伴って初めて「チームメイト」になれる。成果が問われるような会社はなおさらではないかなと。

正直なことを書くと、転職して半年、まだ自分なりの成果は出せていないと思っています。新しい環境になり、結果を出しているのはゼロではないですが、自分の中で「これ」という自信を持って成し遂げたことがまだ持てていない状況です。苦しいと言えば苦しいし、一方で、そういうチャレンジを求めて来たわけで、挑戦できる環境にはあるのはありがたいことでもあります。

一足飛びに何かすごい成果が出るとは思わないので、当たり前のことをきっちりやる、目の前の仕事に集中して全力を出すこと。謙虚さを失わず、失敗も含めて現状を受け入れること。最後に2013年の今年一年を振り返った時に、仕事でも充実した年だったと自分にウソはつかず自信を持って言えるかどうか。今年のあと残り2ヵ月弱をどう過ごすかが問われていると思っています。




2013/11/03

人生の分かれ道で迷ったときに「直感」に従うのは理にかなった方法っぽい

恋人である彼女から「この2つの服、どっちがいいかな?」と聞かれた時に男性はどう答えたらいいか。雑誌かテレビかで紹介されていたのは、直接答えるよりも「自分がいいと思う方を選んだらいいよ」と言ってあげることらしいです。なぜなら、彼女の中ではもう決まっていて、その選択の後押しが欲しいからだとか。

書籍「脳には妙なクセがある」でこれに関連して書かれていたある研究結果がありました。

本人が「まだどちらかにするか決めていない」と思っていても、実は無意識下ではすでにどちらかに決めているというもの。当人としては意識せず自覚がない決断でも、無意識の自分はすでに決めているそう。

これが本当だとすると、何か選択にどうしても迷う時には少し気が楽になるかもしれません。「どうせ無意識の自分の中では決まっているんだし」という感じで。

決断における無意識と意識の乖離は興味深い話です。意識の自分が判断する前に、無意識の自分がもうすでに決めているという。

この内容を読んで思ったのは、決断と直感のことです。

人生では、右へ行くか or 左へ行くかで迷う「分かれ道」があります。進学/留学、就職/転職、結婚、あるいは引越しや家などの大きな買いものをするなど。

いろんな条件を考えてどっちへ行くか迷い、最後には意志で決めるものですが、どうしても迷う場合は直感で選ぶケースがあるでしょう。自分のこれまでを振り返ってみても、少なからず直感に従った経験があります。直感なので明確な理由がなく「なんとなくこっちがいいと思った」くらいにしか言えないもの。

「意識の自分が判断する前に無意識の自分がもうすでに決めている」という話は、意志を持って決める前に「直感」ではすでに決まっているとも言えるように思います。だとすると、決断に迷う場面では直感に頼るというのも、実は脳の仕組みからすると実は理にかなった方法なのではと。

そう考えると、直感が下す判断をどうすれば鍛えられるのか?1つ言えるのは、過去の自分がどれだけ良い経験をしているかどうかだと思います。

何を持って良い経験かは人それぞれだと思いますが、自分自身の場合は、自分の気持ち/感情にウソはつかないこと、ミスや失敗も目をそらすのではなくちゃんと向き合ったり、好奇心を大切にし新しいことに挑戦すること。また、直感の存在を普段から意識しておくことです。意識の自分が「無意識の自分」の存在を意識しておきたいなと。




2013/11/02

身体行動が先で、脳でそれに見合った感情が形成されるという「脳の妙なクセ」がおもしろい




「脳には妙なクセがある」という本がおもしろかったです。著者は脳研究者である池谷裕二氏。脳の最先端の研究結果がわかりやすく紹介されています。

いろんな脳の「クセ」が書かれていて、中でもおもしろいなと思ったのは、脳と身体の関係でした。

例として説明があったのは、楽しいという気持ちと笑顔の関係。一般的な理解としては、楽しいから笑うという順番でしょう。

ところが研究からわかってきたのは、笑顔をつくるから楽しいという逆の因果。その研究によると、笑顔の表情をつくるとドーパミン系の神経活動が変化をするそうです。ドーパミンは快楽に関係した神経伝達物質なので、笑顔をつくることで楽しくなる。

本書によれば、このような身体の変化が先で、脳が後という順番は笑顔だけに限らないようです。恐怖や嫌悪の表情をすることで、脳に恐怖/嫌悪の感情を生むスイッチが入るそう。

表情だけでなく姿勢でも当てはまるとのこと。ある実験では、姿勢が自己評価に与える影響を調べ、背筋を伸ばした姿勢と背中を丸めた姿勢で、被験者に自己評価をしてもらったところ、姿勢を正したほうが自信を持てる結果が出たようです。日本では柔道や弓道、茶道の世界では姿勢の重要性が強調されますが、脳の仕組みにおいても理にかなっているのでしょう。

このように表情や姿勢という身体変化を通じて、その行動に見合った心理状態を脳が生み出すのです。行動→意識変化の順番。

誰にでも一度は経験があると思うのは、面倒だと思うこともちょっとやり出すと気づいたらが手をつける前はめんどくさいと感じていても、いざ掃除を始めてみると気分が乗ってきて部屋がすっかりきれいになったという経験です。

脳と身体の関係を一般化すると、身体行動が先で、脳でそれに見合った感情が形成されるということです。得られた示唆としては、行動を変えることで意識を変える。

「何ごとも始めた時点で、もう半分終わったようなもの」とはよく言ったもの。迷うようなこともとりあえず行動してみる。そうすれば後から気持ちはついてくるはずです。心(脳)は身体行動から派生することは覚えておきたいと思いました。




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...