2014/03/30

書評「生命科学研究に成功するための統計法ノート」

以前、仕事の関連で統計のことをもう1度学んでおきたい、と思ったことがありました。特に、有意差検定をあらためて理解しておかなければ、と。

ネットや統計関連の本をいくつか目を通しましたが、その当時に感じた印象は「わかったようでなんとなく腑に落ちない」という歯切れの悪いものでした。仕事上は支障はない程度には頭には入ったのですが、なんとなく理解がスッキリしない感じで。

そんな時に出会った1冊がこの本でした。「生命科学研究に成功するための統計法ノート」



■生命科学が「主」、統計法が「従」

本書の特徴は、生命科学において、仮説検定という統計をどう使うかが紹介されていることです。つまり、生命科学が「主」、統計法が「従」という主従関係です。

この本を読み終わった後に、腹に落ちた感じを持ったのを今でも覚えています。というのは、それまで読んでいた統計関連の本は、統計が「主」で書かれたものだったからです。まずはじめに統計の理論が説明され、その例として「工場で作られた製品が規格外である確率を、20個の標本から推定せよ」みたいな説明が続きます。

本書では主従関係がこれとは逆なのです。はじめに、こういう仮説 / 実験結果を検証するという具体例があり、そのために統計をどう使うかの順番で書かれています。

生命科学は自分の専門ではありませんが、生命科学では、
  • 仮説を立てる
  • 仮説検証のための実験を実施
  • 実験結果を仮説検定し、仮説が正しい / 間違っているかの結論を出す

このプロセスは生命科学だけではなく、マーケティングの世界でも同様です。生命科学での実験を自分の仕事に置き換えることで「なるほど」となりました。

本書で説明されていた生命科学の実験例として、仮説を「この薬は血圧を上げる」とし、仮説検証の実験は、マウスをランダムに ①対照群 と ②テスト群 の2つのグループに分け、①対照群には生理食塩水を与える、②テスト群には薬を与えることでした。

①と②のマウスたちの血圧値を調べ、実験結果である①と②の平均値について、信頼度99%で有意差検定を行ない、有意と言えるかどうかを確かめます (2つの標本平均の差が、母集団でも言えるのかどうか)。

■生命科学以外にも応用できる

これはウェブの世界での A / B テストも同じです。例えば、ある広告によりその商品 / サービスの認知・興味関心・利用意向にどういった影響を与えるかをリサーチするプロセスと全く同じです。

具体的には、①関係のない偽広告を見せるグループ、②テストしたい広告を見せるグループ、に対象者をランダムに分け、①と②における広告接触後の認知や利用意向などの差を見ます。その差を有意差検定にかけ、ある信頼度(例: 信頼度90% / 有意水準10%)で示すことで、母集団(世の中一般)でも同じことが言えるかどうかを確かめます。

このように、本書で書かれていた生命科学の進め方と同じなので、仕事にとても役に立ちました。冒頭でも書いたように、この本が生命科学が「主」、統計が「従」という立場で書かれているからです。

統計学の専門の方には怒られるかもしれませんが、仕事などの実務で統計を使うときに問われるのは、正規分布や t 検定などの理論をどれだけ正確に知っているかよりも、実際に目の前の仕事で使えるかどうかです。

本書は、実務(生命科学)のために統計をどう使うかの視点で書かれており、かつ、統計の理論も学べるようになっています。ページ構成も、基本は見開きになっていて、左ページに文章で、右ページに図 / グラフでの説明になっているのも、わかりやすかったです。

生命科学を専門にする方だけではなく、なんとなく統計がわかりにくいと思っていたり、仕事で有意差検定をやる人にもおすすめです。実際に検定作業はしなくても、検定結果をレポートとかで読むだけの場合でも、検定とはどういうプロセスでされているかがこの本ではよくわかります。

生命科学の仮説 → 実験 → 結果の検定のプロセスが、自分の仕事でやっていることと同じなんだという発見が読んでいておもしろかったです。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...