2014/12/31

書評「介護退職」

楡周平の小説「介護退職」(祥伝社文庫)が考えさせられる内容でした。



■小説のストーリー設定

ストーリーを引用すると、
三國電産北米事業部長の唐木栄太郎は取締役の椅子も目前。妻と名門私立中を目指す息子と家族三人で、都内の自宅で絶好調の年末を迎えていた。
そんなある日、秋田で独居する老母が雪かき中に骨折したと電話が入る。その時は、まさかそれが、奈落への号砲とは知る由もなかった……。
平穏な日々を崩壊させる〝今そこにある危機〟を、真正面から突きつける問題作、遂に文庫化!

秋田でひとり暮らしをしている主人公の母親は76才。ややネタバレですが、以下のような連鎖で主人公や家族は経済的にも精神的にも追いつめられていきます。
  • 母が転倒により足を骨折
  • 手術/入院→主人公宅でのリハビリ中に痴呆症が顕在化
  • 義母を介護する妻が過労とストレスにより、くも膜下出血で手術/入院
  • 主人公は母の介護を続けるも、次第に仕事に支障をきたす→プロジェクト責任者を外される→部署異動となりやがては退職を考えるように

遠い田舎で夫に先立たれ、ひとり暮らしを続ける母。それに対して漠然と将来に不安を覚える主人公。毎晩、母親にその日の調子を尋ねるために電話をすることが日課になるも、それ以上のことはやろうと思っても具体的には特に何もしていない状況です。そんな中、親の介護問題がある日突然に発生するというストーリー設定です。
人間は必ず老いる。いずれ母も介護の手を必要とする時がくるだろうとは朧(おぼろ)げに考えてはいたが、それが現実となると、何一つとして準備が出来ていないことに私は呆然となった。

■介護と育児の相違点と共通点

自分の感覚ですが、多くの人に同じことが当てはまるのではないでしょうか。

自分の親 / 義理の親の介護をするために、それまでより仕事や自分のことに割ける時間が絶対的に減ります。この小説を読んでいて思ったのは、同じような状況が多くの人で普通に起こるであろうこと。

もう1つ思うのは、介護問題が発生するのは年齢の高い人から発生するであろうこと。実際にこの小説でも、会社の社運を担う大プロジェクトの責任者(主人公)の身に起こり、プロジェクト管理ができなくなります。

家族のケアによる時短勤務で代表的なのは、妊娠や出産後の育児があります。

介護と違うのは、妊娠/育児による時短は、発生するまでにある程度の時間があるため自分もまわりも準備ができます。また時短勤務者は20-30代が主なので、比較的若手〜中堅社員になるでしょう。一方の介護では、会社の規模や社員平均年齢にもよりますが、部長や役員クラスで起こり、自分や周囲への影響が異なります。

肌感覚として、妊娠/育児による時短勤務に比べ、介護によるそれへの理解や経験は少ないのではないでしょうか。

子どもと親のケアというのは、自分の家族と言えども正反対なことに見えます。しかし、見方を変えると、本質的には同じことです。小説内のある医者の言葉です。
「人間はある年齢に達すると、その時点を堺に、今まで歩んできた道を逆に辿り始めるのではないかと思うことがあります。目も見えない、話もできない、親の世話なくしては生きることもできない乳児から、徐々に知恵を付け、大人へと成長する。老いると今度は知力や生活能力が低下し始め、誰かの助けを受けながら人生の終わりを迎えるものなんだとね」




2014/12/30

2014年 当ブログへのアクセス状況まとめ

2014年の当ブログへのアクセス状況のまとめです。データソースは Google Analytics 。データ期間は2014年1月1日〜12月30日です。




■2014年アクセス記事のトップ10

()内はポストした年月です。
  1. Whyからはじまるゴールデンサークル:シンプルかつ応用度の高い思考アイデア
    (2012年12月)

  2. ぼんやり頭にさようなら。脳が冴える日常生活のちょっとした工夫
    (2012年10月)

  3. なぜ「10分1000円」のQBハウスに人は並ぶのか
    (2012年2月)

  4. みんな大好き!コメダ珈琲店のビジネスモデル
    (2012年8月)

  5. 自分を変えた「時間配分の見直し」と「片づけ」の方法
    (2012年2月)

  6. 赤ちゃんの服のうんち汚れは太陽が落としてくれる
    (2014年3月)

  7. KOMTRAX:コマツ建機の美しいビジネスモデル
    (2012年10月)

  8. 「絶対赤字」の非常識に挑んだクロネコヤマトの競争戦略
    (2012年6月)

  9. 親子で楽しむ「子どもの才能をグングン引き出す脳の鍛え方/育て方」
    (2013年5月)

  10. Googleのビジネスモデルとイノベーティブであり続ける魅力
    (2013年3月)

10個中、2012年のエントリーが7個でした。今年2014年のものは1つ、残り2つは2013年です。ポジティブに捉えると、2年以上前のエントリーでも検索経由を中心にアクセスしてもらえています。一方で、特に12年の頃と今をページビューという指標で比べると、当時のほうが良かったようです。


■検索からの流入が増加

その検索からの流入ですが、1年間のトータルページビューのうち、2014年は 75.6% が検索経由でした。去年の2013年は 61.6% と 15p の増加でした。


■2014年はスマホシフトの1年

もう1つ、興味深かったのは、ページビューにおけるデバイス構成比でした。2014年の1年で前年同期間と比べると、パソコンが減り、スマホが 10p ほど多くなっています。()内は2013年の数値です。
  • パソコン: 49% (61%)
  • スマホ: 45% (34%)
  • タブレット: 6% (5%)
タブレットは横ばいというのも個人的には発見でした。スマホほどではないにしろ、タブレットも伸びていると思っていたので。


2014/12/28

Dell Chromebook 11を3週間使ってみたレビュー

少し前に、Chormebookを買いました。メインで使っているパソコンはMacBook Air 13で、セカンドPCとしての位置づけです。




買ったのはデルのクロームブックです。Dell Chromebook 11 ノートブックPC (Cel2955U/2GB/16GB/11.6インチ/ChromeOS) Chromebook11 15Q31




3週間くらい使ってみての所感を書いています。


全体として:すごく簡単に言ってしまうと、Chromebookでできること=Chromeブラウザでできること、となります。厳密には違うのですが、おおよその理解としてそう捉えられるデバイスです。WindowsやMacでの利用範囲がChromeブラウザで可能なことであれば、Chromebookはとても手軽に使えるパソコンです。

処理速度:ウェブページの読み込みなどの処理速度も、基本的には問題ないと感じます。YouTubeの再生なども問題ないです。ただ一度、Google Hangoutでビデオ通話をしながら、同時に複数タブでウェブページを表示させたところ、普段より読み込み時間がかかったことがありました。ただ、これはかなり特殊なケースだと思うので、全体として大きな不満はないです。ちなみにRAM容量は2GBです。

キーボード:日本語キー配列なので、特に違和感なく使えます。英数字とかな文字の切り替えも問題なしです。キーを押した時の感触も違和感はないです。1点、使いづらい点はテキストの「範囲選択」。Ctl + Shift + 矢印 でさっとテキスト選択→コピーとかしたいのですが、Dell機では選択範囲が狭いです。日本語だと一文字だけしか移動しない。今のところ一番ネックなのがこれ。ChromebookというよりDellの仕様かと思いますが。

タッチパッド(ポインタ移動速度):キーボードの下にタッチパッドがあります。ポインタの移動やスクロールも、慣れればマウスがなくてもタッチパッドのみでやります。個人的にはマウスを使わないので、キーボードとともにタッチパッドの使用感は結構重要なんですよね。Dellのタッチパッドについては、MacBook Airに比べると使用感が劣ります。タッチパッドの速度を最大にしても、Macよりも遅い。感覚としてMacの半分くらいのスピード感です。

タッチパッド(画面スクロール):これは解決済なのですが、デフォルト設定で「2本指スクロール」の方向が、Macやスマホ等のタッチパネルと逆だったのが使いづらかったです。スマホだと画面の下を見るためにスクロールする場合は指を移動させる方向は上です。それがDellのデフォルトだと下に移動するのに下方向でした。タッチパッド設定に「Australian scrolling」があり、これに変更するとスマホやMacと同じ方向になりました。

バッテリー:スペック説明にはバッテリー寿命は10時間とあります。ちゃんと測ったわけではありませんが、バッテリーには8時間くらいは持つし、不満はありません。強いて言えば、バッテリアダプタがでかいこと。コードも太いです。

ファイルのやりとり:写真などのファイルをウェブ上からダウンロードすると、ダウンロードフォルダに保存されます。このフォルダはローカル。HDD容量は16GBなので、一時的な保管フォルダとして使い、基本的にはGoogle Drive内に保存する使い方です。感覚としてはローカルにドライブフォルダがあるように見えますが、実際はダウンロードフォルダ→ドライブ内に移動すると、ローカル→クラウド上にアップロードされドライブ内に保存できます。細かい点ですが、ドライブにアップすると、ファイルの更新日時がアップロード時刻になってしまいます。


ざっとこんなところで、3万円という価格に対して、コストパフォーマンスは満足できています。ユーザーエクスペリエンスとしておもしろいのは、Chromebookとは99%のクラウドデバイスということ。

ローカルフォルダもあるので(上記ダウンロードフォルダ)、100%とはしませんでしたが、ほぼクラウドのみで完結するパソコンです。




2014/12/13

異なる部門間プロジェクトをリードするために

現在所属している会社で、求められることの一つに「クロスファンクションリード」があります。

クロスファンクションという所属組織や部門間を超えたプロジェクトにおいて、いかにメンバーを巻き込みリードしていくか。今年1年を振り返った時に、クロスファンクションでの仕事がテーマの1つでした。

日本オフィスだけではなく、専門性や文化も異なる他国メンバーとのやりとりからは多くを学ぶことができたと思っています。今回のエントリーでは、クロスファンクションをリードするために必要なことを書いています。




1. 相手のことを理解する。話を聞く

心がけていたのが、まずは相手のことを理解することから始めることでした。同じ日本人同士でも営業の人か、プロダクト担当なのか、それとも法務なのかによって、立ち位置が変わり、それにより1つのイシューへの見方も違ってきます。

他国メンバーになるとさらに考え方/見方が多様化します。自分が当然だと思うこと、常識になっていることが、必ずしも彼らにはそうではない。思い込みによって進めてしまうと、齟齬が必ずと言っていいほど出てきました。

とにかくまずは相手の話を聞く。こちらの意図や方針と対立することでも、聞き続けることが大切だと思います。あとは前向きな姿勢を崩さずに。相手を理解しようとする姿勢で臨みます。

2. 全てのことに Yes はできない

話を聞くことと、相手の要望の全てに応えることは別ものです。

そのプロジェクトに関わるメンバーが多岐に渡るほど、相反する意見や考え方がでてきます。リードする立場の人は、最終的には自分で決断することになります。

その時に、あらゆることに Yes と言うことはできないという認識が大切です。相手を理解しているので希望に応えたくなりますが、プロジェクトの目的、全体最適を考えて No と言うべきことには No を言う。

クロスファンクションリードをしていくためには、いかに No と言うか、どうやって No を説明するかも大事な要素です。

3. Do the right things. Again, again, and again...

今の会社のカルチャーで良いと思うのは Do the right things (正しいことをやる)ということを、普通にメンバーが口にするような土壌があることです。

言葉にすると当たり前ですが、それをちゃんと実践できているかを、自分に問いかけたり言葉に出すことで振り返ることができます。

異なる部門間でのプロジェクトを進めていくにあたっても「正しいことをやる」という意識が大事です。自分が正しいと思うからこそそれをやるし、相手にも伝えていきます。

もう1つ思うのは、相手に伝えるにあたって、同じことを何度も言い続けることでようやく相手にわかってもらえるということです。

自分にとって正しいと思うことは、自分自身には結構当たり前だったりするので、何度も言わなくても相手にも伝わるだろうとついつい思い込んでしまいます。あまり繰り返して言わなくなるのですが、ここが落とし穴。大事なことなのに1回しか言わないことで十分に伝わらなかったりします。

しつこいくらいに同じことを何度も言うことが重要なのです。

正しいと思うことを何度でも繰り返しやるし、言い続けること。感覚として、1回言えばわかるようなことでも3回くらい言い、3回くらい言わないと伝わらなさそうなことは、5回とか10回でも同じことを言い続けるくらいで、ようやくです。


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...