2015/03/17

Google グローバルマーケティング担当 上級副社長が語る「マーケターは仲人たれ」

Google の上級副社長の1人で、グローバル マーケティング担当責任者である Lorraine Twohill (ロレイン トゥーヒル)。 ※役職は2015年現在

彼女は、2003年にグーグルへ入社。2009年からグーグルのグローバルマーケティングの責任者となり、2014年から上級副社長に就いています。

Lorraine が McKinsey とのインタビュー対談で、マーケティングをテーマについて語っていました(2015年2月)。自身の経験も踏まえ、マーケティングについて多岐にわたっての対談となっています。

How Google breaks through | McKinsey & Company



特に印象深いコメントが、マーケターはどうあるべきか、についてでした。以下、インタビューからの Lorraine が語った部分の引用です。

The way I think about marketing—and the way I tend to talk to my team about it—is “knowing the user, knowing the magic, and connecting the two.”
Knowing the user means understanding who your consumers are, who your customers are. Not just knowing who they are, but what they need, what are their deep insights, and understanding how we can help them.
Knowing the magic means knowing what’s in the hearts and minds of your engineers and your product managers, and what they’re building.
Connecting the two means bringing the magic built by engineers to the world in a way that is relevant, meaningful, and compelling to the everyday consumer. So we create something that the world will be excited about.

彼女のマーケティング観とも言えるものです。マーケティングとは、「knowing the user」「 knowing the magic」の2つをつなげるものである、と。

knowing the user とは、生活者やユーザーを理解すること。何を望んでいるのか、理解する過程で得られたインサイトは何か、そして、彼ら/彼女らに対して自分たちがどう役に立つかを理解することです。

knowing the magic とは、生活者/ユーザーに提供する自分たちのサービスや商品を深く知ること。それはつまり、サービス/商品をつくる人たちの思いまで理解することです。

そして、マーケターとは、Connecting the "knowing the user" and “knowing the magic”、生活者と商品/サービスを結びつける存在であれ、と。

マーケターが仲介者であるというのは示唆を与えてくれます。

例えば、こんな解釈もできます。マーケターは、生活者と商品/プロダクトの間を取り持つ仲人である。つまり、マーケターがお見合いの席でやたらと自分自身を売り込むことは必要なく、結婚するのはあくまで消費者と商品という考え方です。

仲睦まじい夫婦になるために、仲人はお互いの両方をしっかりと理解することが大切になります。片方の男性側だけを知っていて、女性側のことを知らないのに、男性側の人柄や良さばかりをうるさく宣伝する。無理やり仲人をしたのでは、2人が幸せに結ばれない可能性もあるわけです。

A marketer is connecting the "knowing the user" and “knowing the magic”.


最新エントリー

多田 翼 (書いた人)