2016/06/01

Facebook Audience Network が動画広告開始、Facebook ユーザー以外にも配信可能になると発表 (2016年5月)




Facebook が提供する広告ネットワークである Audience Network。

広告を出したいと思っている企業などの広告主は、このネットワークを通して、様々なサイトやアプリに広告を出すことができます。Facebook Audience Network は、Facebook の持っている強みをうまく活かした提供価値があります。

今回のエントリーは、Audience Network が、直近2016年5月に2つのアップデートをしているのでご紹介します。

■ Facebook Audience Network とは

Audience Network の価値は、リーチとターゲティングの両方にあります。

Facebook の外にも Audience Network で連携しているサイトやモバイルアプリに広告を出せるので、それだけ広告を見せたい人が広がります。

もう1つのターゲティングは、Audience Network は Facebook ユーザーをベースにターゲットできます。Facebook user ID に紐づき、従来の Cookie ベースではできないターゲティングが可能です。

Facebook Audience Network で特筆すべきは、ターゲティング精度です。Facebook 利用者は自分のプロフィール情報の詳細を登録しています。性別や年齢だけではなく、自分の趣味/興味関心、出身大学や所属企業/組織も載せています。

こうした基礎情報に加え、Facebook 内でのアクティビティもターゲティング情報に使われます。

各ユーザー情報をこれだけ広く、また深く持っているのは Facebook の独自資源です。他の広告ネットワークにはない、Facebook ならではです。

Facebook Audience Network を使う広告主にとっての価値は2つあります。

  • Facebook ユーザー情報を活用すれば、広告を出したいターゲット条件を細かく設定できる (豊富なターゲティング情報)
  • その条件の通りに正確に広告が狙った人に広告が当たること (ターゲティング精度)

■ Facebook Audience Network が動画広告を開始

2016年5月に Facebook が発表した Audience Network の2つのニュースについて、1つ目は、動画広告のサポートを開始することです。

Extend the Reach of Video Adverts Through the Audience Network | Facebook for Business

Audience Network が動画広告も扱うようになり、広告主は、Facebook と Instagram に加え、サードパーティーのアプリ や Web サイトに動画広告を配信できるようになります。

Audience Network は、これまではダイレクトレスポンス広告、いわゆるパフォーマンスである獲得型の広告に焦点を当ててきました。動画広告が加わり、ブランド認知や購入意向などのブランディング目的にも使えるようになりました。

動画のフォーマットは、インストリーム (In-stream) とインアーティクル (In-article) です。

In-stream のイメージ



In-article のイメージ。広告画面の 50% が表示されれば、音無しで自動再生される



■ Facebook Audience Network から Facebook ユーザーではない人にも広告配信へ

2つ目は、Audience Network が Facebook ユーザー以外の人にも適用されることです。

Extending Facebook-powered adverts to more people through the Audience Network | Facebook for Business
Bringing People Better Ads | Facebook Newsroom

2016年5月26日の発表時点では、数ヶ月のうちに実装されるとのことです。Facebook for Business から引用します。

Over the coming months, we will expand the reach of Facebook-powered advertising on the Audience Network to include people who don't have accounts.

Facebook ユーザーではない人の情報は、サイトやアプリから Facebook に提供されるようです。この情報を使って、その人が何に興味を持っているかなどのインタレスト情報を Audience Network が保有できます。

To ensure that the adverts that people see in the apps and websites in the Audience Network are highly relevant, we will use information that we receive from third-party sites and apps that use Facebook technology.

This practice, known as online interest-based advertising, is common across the advertising industry.

Facebook の広告ネットワークである Audience Network の特徴は、高いターゲティングと測定の精度です。Facebook user ID をベースにしているので、他のネットワークサービスはここまでの精度は実現できていません。

これが、より正確にターゲット顧客に広告をリーチさせたいという広告主にとっての強みになっていました。

Audience Network の対象者が Facebook ユーザー以外にも広がるので、この従来の強みをさらに魅力のあるものにします。

もっとも、Facebook ユーザー以外の人 (Facebook ID を使えない人) のターゲティング精度は、Facebook ユーザーと比べてどの程度なのかにもよります。

同水準の精度は難しいかもしれませんが、他のネットワークサービスと同じレベルであれば、広告主には十分に満足できるのではないでしょうか。Facebook ユーザー以外には他のネットワークと遜色ない精度、Facebook ユーザーには他に比べて高い精度でリーチできるからです。


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...