2016/12/30

2016年 ブログへのアクセス状況まとめ


Free Image on Pixabay


2016年の、このブログの1年間のアクセス状況です。

ソースは Google Analytics です。集計の対象期間は 2016年1月1日 ~ 2016年12月28日です。比較対照として、2015年と2014年の同期間を使っています。

ユーザー数やページビューなどの基本指標


訪問ユーザー、セッション、ページビュー数です。

2016年と2015年それぞれの前年比の推移は、以下のようになりました (左が2016年の前年比) 。今年2016年は2015年ほどの増加は見られませんでした。

  • ユーザー        :102.6% ← 120.1%
  • セッション    :103.3% ← 121.0%
  • ページビュー:104.2% ← 113.5%

アクティブユーザー


重視している指標の1つがアクティブユーザーです。Google Analytics には 1, 7, 14, 30日間での訪問者数が何人だったかがわかります。

2016年の1年間で、30日アクティブユーザーを 100% とした場合に、1, 7, 14日アクティブユーザーの比率です。

  • 1日  :2.8%
  • 7日  :20.6%
  • 14日:45.3%
  • 30日:100%

なお、この比率は2015年、2014年もほぼ同じでした。

流入に関する指標


セッションベースにおける、いくつかの流入比率の指標です。

KPI にしているのは、再訪問ユーザー比率、モバイル比率、検索経由での流入比率です。2016年 ← 2015年 ← 2014年 という順番で表示しています。

  • 再訪問ユーザー:22.6% ← 22.4% ← 21.8%
  • モバイル            :50.3% ← 51.5% ← 45.1%
  • 検索流入            :73.7% ← 75.2% ← 75.7%

再訪問ユーザー比率は前年と同水準でした。モバイル比率は、2015年は増加し 50% を超え、今年2016年は増えませんでした。検索流入比率はやや減少傾向が続いています。

訪問いただいた方の年代


年代別のセッション構成比です。() 内は前年2015年の数字です。

  • 18-24才   :16.4% (12.3%)
  • 25-34才   :37.8% (39.1%)
  • 35-44才   :31.9% (31.6%)
  • 45-54才   :9.6% (11.3%)
  • 55-64才   :3.2% (4.3%)
  • 65才以上:1.1% (1.5%)

18-24才の構成比が 12% から 16% に増えました。45才以上の構成比が減りました。

訪問いただいた方の 70% 弱は25-44才という状況は変わりませんでした。18-44才で 86% でした。

滞在時間


セッション平均時間の推移は以下でした。左から、2016年 ← 2015年 ←2014年です。2016年は前年と比べて増加しました (+10.45%) 。

  • 1:10 ←1:03 ←1:06

プログエントリーをする上で重視しているのは、読んでもらう内容が役に立つかどうかです。

Google Analytics の数字で直接これを検証する指標はないですが、KPI として見ているのは滞在時間です。Google Analytics では 0-10秒、11-30秒、という粒度で数字があります。

KPI として、61秒以上の滞在がどのくらいかを見ています。1分より長い滞在時間は、2016年の全ページビュー数のうち 30% でした。2015年も 30% でした。

なお、0-10秒の滞在が、2016年の全ページビュー数のうち 60% 超を占めました。10秒以下の滞在ということは、検索などから訪問いただいてもこのブログのそのページには必要な情報がなかったと解釈しています。

ページビューベースでの、滞在時間の構成比です。() 内は2015年の数字です。平均セッション時間が増加した要因は、10分以上の滞在が昨年よりも増えたことでした。

  • 0秒~10 秒       :62.6% (62.8%)
  • 11秒~30 秒     :3.4% (3.5%)
  • 31秒~1分        :3.5% (3.8%)
  • 1分1秒~3分    :8.2% (8.8%)
  • 3分1秒~10分  :10.0% (10.4%)
  • 10分1秒~30分:8.7% (7.9%)
  • 30分1秒~        :3.6% (2.7%)

2016年の変化のまとめ


今年は前年と変わらない指標が多い中、変化が見られた指標は以下でした。

  • ユーザー数やページビューなどの基本指標はやや増加。対前年で 3% 前後のプラス
  • 検索流入比率がやや減少
  • 訪問ユーザーに占める18-24才が増加。45才以上は減少
  • セッション平均時間が増加。10分以上の滞在が増えたため


最新エントリー

多田 翼 (書いた人)