2017/05/28

マイケル・ジョーダンのプレイオフ通算得点記録を抜き、レブロン・ジェームズが歴代一位に (NBA プレイオフ 2017)


写真はクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズ。NBA Japan より引用


バスケットボールの NBA プレイオフ 2017 の東カンファレンス決勝が、現地時間の2017年5月25日に行われました。クリーブランド・キャバリアーズ vs ボストン・セルティックスです。

試合はキャブズがセルティックスに 135 - 102 で勝利しました。通算成績を4勝1敗と下し、キャブスは3年連続となる NBA ファイナル進出を決めました。


レブロンがプレイオフ通算得点の歴代一位に


この試合でキャブスのエースであるレブロン・ジェームズが、ある偉大な記録を達成しました。プレイオフ通算得点で歴代一位になりました。これまでの一位は、マイケル・ジョーダンの通算5,987点でした。

第三クウォーター終盤に決めた3ポイントショットでジョーダンのプレイオフ通算得点を抜き、歴代首位になりました。歴史的なシーンはこちらです。



この試合では、レブロン・ジェームズは両チームで最多の35得点を上げ、8リバウンド、8アシストとチームの勝利に大きく貢献しました。レブロンのゲームハイライト動画です。




この試合後、通算得点は5,995点になりました。次回の試合は NBA ファイナルで、プレイオフ通算6,000点を超えるでしょう。

レブロン・ジェームズのこれまでのプレイオフ得点シーンのダイジェスト動画です。




歴代のプレイオフ通算得点トップ10の選手たち


プレイオフ通算得点の3位以下の選手は次の通りです。Land Of Basketball.com からトップ10です (記録は2017年5月25日時点) 。選手名の * は 2017年5月時点で現役選手を意味しています。

  1. LeBron James*   5,995
  2. Michael Jordan   5,987
  3. Kareem Abdul-Jabbar   5,762
  4. Kobe Bryant   5,640
  5. Shaquille O'Neal   5,250
  6. Tim Duncan   5,172
  7. Karl Malone   4,761
  8. Jerry West   4,457
  9. Tony Parker*   4,012
  10. Larry Bird   3,897


レブロン 「何より大事なのは自分らしくあること」


レブロンは、マイケル・ジョーダンについて次のように話しています。

ジェームズは 「僕がこの背番号を着ているのは、マイクが理由だ」 と、ジョーダンへの敬意を強調している。

「僕がバスケットボールに恋したのは、マイクのおかげだ。マイケル・ジョーダンを見ると、神のようなんだよ。だから、自分がマイクのようになれるとは思わなかった」 。

また、ジェームズは 「何より大事なのは自分らしくあることだった。バスケットボールへのインパクトを与えるために得点しなければいけないわけじゃない」 と続けた。

引用:キャブズがセルティックスを4勝1敗で下し、3年連続となる NBA ファイナル進出 | NBA Japan

レブロン・ジェームズのコメントで考えさせられたのは、「何よりも大事なのは自分らしくあること」 でした。

バスケットの神様と言われるマイケル・ジョーダンに強い憧れの気持ちを抱きつつも、自分は自分であり、マイケル・ジョーダンそのものになろうとするのではなく、あくまで自分らしくありたいという思いでしょう。


バスケットの神様が宿っていると言われたマイケル・ジョーダンのプレイ


最後に、マイケル・ジョーダンの現役時代のハイライト動画をいくつかご紹介します。1つ目は、プレイオフのハイライトシーンを集めた動画です。



2つ目は、レギュラーシーズンも含めたトップ10の動画です。10個では足りないという方は、トップ50もぜひご覧ください。





最新エントリー

多田 翼 (書いた人)