2017/06/11

崖っぷちのキャブスが4つのファイナル新記録でウォリアーズに勝利 (NBA ファイナル 2017 第4戦)


Free Image on Pixabay


アメリカプロバスケットボールの NBA 、2017年のファイナルもいよいよ大詰めです。ゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズの第4戦が行なわれました (現地時間2017年6月9日) 。


崖っぷちのキャブスが今シリーズ初勝利


ウォリアーズは、プレイオフ開幕からファイナル第3戦まで15連勝を飾っていました (NBA プレイオフ記録。2017年6月9日現在、以下同) 。キャブスはファイナルで3連敗しており、負ければ終わりの状況でしたが、第4戦はキャブズが 137 - 116 でシリーズ初勝利を収めました。

この試合のハイライトとして、プレイシーンのトップ5の動画がこちらです。




キャブスは、オフェンス (攻め) で最後まで主導権を握り続けたゲームでした。早い試合展開から積極的にシュートを打ち、自分たちが得意とするバスケットを信じ切って、チーム一丸で 「負けられない」 という強い意思を感じました。


4つのファイナル記録


この試合では、4つのファイナル記録が生まれました。

第1クォーターだけで49得点を上げ (単一クォーターの得点としては NBA ファイナル史上最多) 、前半終了までに86得点を取りました。前半での86点もファイナル史上最多記録です。

前半のキャブスのハイライト動画です。




試合全体で、キャブスは合計24本の3ポイントショットを成功させました。これもファイナル記録です。24本の全てのシュートシーンはこちらです。




個人記録では、キャブスのエースであるレブロン・ジェームズが、ファイナル史上最多となる通算9回目のトリプルダブルを達成しました。この日の第4戦の成績は、31得点、11アシスト、10リバウンドでした。

トリプルダブルとは、1試合で得点・アシスト・リバウンドなどの3つが2桁の記録をマークすることです。レブロンは、マジック・ジョンソンの通算8回を抜いて、ファイナルでのトリプルダブル回数で単独歴代一位になりました。

第4戦でのレブロンのハイライト動画と、もう1つは9回のトリプルダブルを達成した全9試合からのワンシーンハイライトです。






レブロンとアービングの活躍


キャブスのオフェンスの中心は、レブロン・ジェームスとカイリー・アービングの2人です。アービングは、両チーム最多の40得点で勝利に貢献しました。

カイリー・アービングの第4戦のハイライトシーンです。




ウォリアーズのハイライトシーン


ウォリアーズはこの試合は負けたとはいえ、随所に良いプレイがありました。ウォリアーズのゲームハイライト動画です。




依然として優位なウォリアーズ


キャブスは 137 - 116 と圧勝しました。ただし、対戦成績は1勝3敗と崖っぷちである状況には変わりません。第4戦はキャブスの根拠地であるクリーブランドでした。次の第5戦はウォリアーズのホームゲームで行われます。大局的に見れば、ウォリアーズが依然として優位な立場です。

次の第5戦もキャブスが勝てば、ファイナルはおもしろい展開になっていきます。果たしてどうなるでしょうか。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)