2014/12/13

異なる部門間プロジェクトをリードするために




現在所属している会社で、求められることの一つに 「クロスファンクションリード」 があります。


組織や部門を超えたプロジェクトのリード


クロスファンクションという所属組織や部門間を超えたプロジェクトにおいて、いかにメンバーを巻き込みリードしていくかです。2014年の今年1年は、クロスファンクションでの仕事がテーマの1つでした。

日本オフィスだけではなく、専門性や文化も異なる他国メンバーとのやりとりからは多くを学ぶことができました。

今回のエントリーでは、クロスファンクションをリードするために必要なことを書いています。


1. 相手のことを理解する。話を聞く


心がけていたのが、まずは相手の理解から始めることでした。同じ日本人同士でも営業の人か、プロダクト担当なのか、あるいは法務なのかによってが変わります。問題の捉え方も違ってきます。

他国メンバーになるとさらに考え方や見方が多様化します。自分が当然だと思うこと、常識になっていることが、必ずしも彼らにはそうではない。思い込みによって進めてしまうと、齟齬が必ずと言っていいほど出てきました。

とにかくまずは相手の話を聞く。こちらの意図や方針と対立することでも、聞き続けることが大切です。あとは前向きな姿勢を崩さないことです。相手を理解しようとする姿勢で臨みます。


2. 全てのことに Yes はできない


話を聞くことと、相手の要望の全てに応えることは別です。

そのプロジェクトに関わるメンバーが多岐に渡るほど、相反する意見や考え方が出てきます。最終的にはリードする立場の人が決断することになります。

その時に、あらゆることに Yes と言うことはできないという認識が大切です。相手を理解しているので希望に応えたくなりますが、プロジェクトの目的、全体最適を考えて No と言うべきことには No を言う必要があります。

クロスファンクションリードをしていくためには、いかに No と言うか、なぜ No なのか、どうやって伝えるかも大事な要素です。


3. 正しいことをやり続ける


今の会社のカルチャーで良いと思うのは、Do the right things (正しいことをやる) ということを日常で同僚同士で口にする土壌があることです。

言葉にすると当たり前ですが、それを実践できているかを自分に問いかけたり言葉に出して振り返ることができます。

異なる部門間でのプロジェクトを進めていくにあたっても 「正しいことをやる」 という意識が大事です。自分が正しいと思うからこそそれをやるし、相手にも伝えていきます。

もう1つ思うのは、相手に伝えるにあたって、同じことを何度も言い続けてようやく相手にわかってもらえるということです。

自分にとって正しいと思うことは、何度も言わなくても相手にも伝わるだろうと思い込んでしまいます。相手には繰り返して言わなくなるのですが、ここが落とし穴です。大事なことなのに1回しか言わないと、十分に伝わらない場合があります。

重要なこと、正しいことはしつこいくらいに何度も言うことが重要です。

経験から、1回言えばわかるようなことでも3回言い、3回言わないと伝わらなさそうなことは、10回言い続けて伝わったと思えるようになることが多いです。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にて 「シニア マーケティングリサーチ マネージャー」 (LinkedIn) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身。学生時代は京都。家族4人で東京23区内に在住、2人の子どもの父親。気分転換は毎朝1時間のランニング。

書いている内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。