2016/08/29

書評: 広告コピーってこう書くんだ!読本 (谷山雅計)


Free Images - Pixabay


広告コピーってこう書くんだ!読本 という本をご紹介します。



論理が 70% 、センスは 30%


著者は、コピーライターの谷山雅計氏です。主な広告コピーは、東京ガス 「ガス・パッ・チョ!」 、資生堂 TSUBAKI 「日本の女性は、美しい。」 、新潮文庫 「Yonda?」 、日本テレビ 「日テレ営業中」 です。

広告コピーは論理と感性/センスが必要で、著者は論理が 70% 、センスは 30% だと言います。

コピーを書く作業での論理と感性の関係は、エンジンとガソリンだと説明します。エンジンが論理、ガソリンが感性で、2つが合わさり、広告コピーライティングという動力を生み出されます。

ガソリンという感性は、人によって持っている量はおおよそ決まっている一方で、エンジンという論理は、伸ばすことができるという考え方が本書の前提になっています。ガソリンが多くない人でも、最高の技術の低燃費エンジンを身につけられれば、速く走ることもできる、つまり、いいコピーやいいアイデアを考えられるようになると言います。


良いコピーを書くための 「論理」


本書を通じて書かれているのは、良いコピーを書くための 「論理」 です。わかりやすい文章で読みやすく書かれています。著者は、本書の冒頭で 「発想法」 ではなく 「発想体質」 を、と書いています。引用します。

言うまでもないことですが、スタートの直前にちょっと工夫したぐらいで、タイムが伸びるはずはない。速く走るためには、競技会以前から、きちんとしたトレーニングをする必要があります。

これと同じで、広告制作でも、本当にいいアイデアやいいコピーは、発想法を知ればすぐに誰にでもつくれるというものではありません。ふだんから、発想ができるような体質、つまり自分のアタマを〝発想体質〟にしておく必要があるわけですね。

あなたをこの〝発想体質〟〝コピー体質〟に変えていくために、この本では31のヒントをお話ししたいと思います。

今回のエントリーでは、本書から印象に残っている発想体質になる方法をいくつかご紹介します。

2016/08/27

書評: 失点 - 取り返せないミスの後で (楢崎正剛)


Free Image on Pixabay


失点 - 取り返せないミスの後でという本をご紹介します。著者は、元日本代表ゴールキーパー (GK) の楢崎正剛選手です。



楢崎と川口


楢崎は1998年のフランス W 杯で代表入りし、2010年の南アメリカ W 杯まで四大会連続でメンバー入りしました。

同じ時代には川口能活というもう1人の GK がいました。2人のプレースタイルの違いは、「動の川口」 「静の楢崎」 と言われました。川口のプレーは派手で目立つのに対し、楢崎の GK としてのプレースタイルは安定感がある印象でした。


目指すゴールキーパー像


本書を読むと、楢崎がいかに基本を大事にしていたかがよくわかります。引用します。

基本に ”忠実な” 選手を目指した。派手なプレーやパフォーマンスに興味はない。当たり前のプレーがしっかりできるゴールキーパーでありたいと昔も今も考えている。

楢崎が目指すゴールキーパー像がどういうものだったか、本書で印象的なところがありました。

2016/08/25

リオ五輪 2016 の感動シーンを未来に残す




2016年は、夏季オリンピックがブラジルのリオデジャネイロで行われました。

今回のエントリーは、リオオリンピック 2016 で、個人的にハイライトだったシーンをご紹介します (選手の敬称は略します) 。

それぞれ、YouTube の動画もつけています。なお、表示している YouTube 動画はウェブページ上では再生できない制限が付いています。見る際は、表示動画から YouTube に行けば再生できます。

エントリーという形で残しておき、4年後の2020年の東京オリンピックの前に、振り返って見るためでもあります。リオ五輪が終わった直後の今の感動を思い出せるようにしておきたいと思ってこのことです。


男子 400m リレーで日本が銀メダル


山縣亮太 → 飯塚翔太 → 桐生祥秀 → ケンブリッジ飛鳥で、37秒60はアジア新記録でした (2016年8月現在) 。第四走者のケンブリッジにバトンが渡った時、すぐ左横にはボルトが並んでいました。その後、ボルトには離されましたが、堂々の二位でのゴールでした。

2016/08/22

できない理由ではなく 「できることは何か」 。Google が大切にするイエスの文化


Free Images - Pixabay


How Google Works - 私たちの働き方とマネジメント という本に、グーグルでは 「イエスの文化」 を醸成することを大切にしていることが書かれています。


Yes の文化


「とにかくダメ」 症候群は、職場でも見られる。企業は従業員に 「ダメ」 と伝えるための、巧妙な、往々にしてさりげないが強力な方法を編み出す。決まった手続きやいくつもの承認を義務づける、あるいはミーティングへの出席を共用する、といった具合に。

スマート・クリエイティブにとって、「ダメ」 と言われるのはちょっとした死に等しい。「ダメ」 は会社がベンチャーらしい活気を失い、企業的になったことのサインだ。「ダメ」 が重なると、スマート・クリエイティブは尋ねるのを辞め、さっさと出口へ向かうようになる。

2016/08/20

Amazon Kindle カスタマーサービスの柔軟で迅速な対応は良かったですが、ユーザーにはわかりやすくしてほしい


Free Images - Pixabay


2016年8月から、日本でもアマゾンが Kindle Unlimited (キンドル アンリミテッド) を開始しました。月額980円で対象の電子書籍が読み放題というサービスです。


まぎらわしい2つのボタン


読み放題対象のキンドル本をダウンロードする場合、パソコンからのアマゾンページ画面では、「読み放題で読む」 「1-Clickで今すぐ買う」 の2つのボタンが存在します (2016年8月現在) 。アンリミテッドを使っていれば、「読み放題で読む」 を押せば無料でダウンロードできます。

しかし、「1-Clickで今すぐ買う」 を押すと、アンリミテッドであっても有料でのダウンロードになります。キンドル アンリミテッドを使い始めた当初、私は認識できていませんでした。アンリミテッド対象の本は全て無料だと理解していたからです。

後から、読み放題で無料ダウンロードしたと思っていた本が、有料としてダウンロードしてあることに気づきました。


返品の方法


キンドル本の返品の仕方を調べてみると、ヘルプページ (Kindle 本を返品する) には次のような説明があります (2016年8月現在) 。

2016/08/18

検索広告と Facebook 広告の広告閲覧者の 「動機の違い」 を考えたプランニング




Facebook広告運用ガイド - ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術 という本に、リスティング広告 (検索連動型広告) とフェイスブック広告の違いが書かれていました。


動機が違う


違いは、広告を見た人の広告に対する態度です。広告をクリックする時の 「動機」 がそれぞれ異なります。

リスティング広告について、本書からの引用です。

リスティング広告はご存じの通り、検索エンジンの検索結果に表示されます。これは検索ユーザー、つまり、欲求がはっきりしているターゲットの 「探し物の結果」 として表示されるわけです。ターゲットのニーズと広告の商品がキーワードによってマッチングできてさえいれば、高確率でクリックしてもらえるでしょう。

これに対して、Facebook 広告についての引用です。

2016/08/15

大リーグ通算3000本安打を達成したイチローの努力と習慣化の考え方は、真似できる


NHK NEWS WEB より


大リーグ通算3,000本安打


イチロー選手が、大リーグ通算3,000本安打を達成しました (2016年8月7日) 。

記録達成の瞬間がこちら。MLB の公式 YouTube チャネルです。




達成前後のシーンがもう少し長くある動画はこちらです。記録達成の場面は、2:32 からです。




脅威の肉体


NHK ニュースサイトに、3000本安打達成の取材記事があります。

イチロー 3000本安打達成の背景は|NHK NEWS WEB
 (2017年7月追記: NHK の記事が削除されていましたのでアーカイブはこちらです)

記事の中で、イチロー選手の身体について言及されています。記事からの引用です。

2016/08/13

羽生善治氏のリスクについての考え方は、適切なリスクテイクのあり方を教えてくれる




勝負哲学 は、岡田武史氏 × 羽生善治氏 の対談本です。



将棋とサッカーの違う立場で、2人の対談は興味深く読めます。特に印象的だったのがリスクをどう取るかでした。


いかに適切なリスクを取るか


羽生さんは、リスクテイクについて次のように語っています。

将棋は究極の個人競技ですから、チームワークや一体感とは無縁で、勝つも負けるもすべて自己責任です。当然のことながら、あらゆる手を自分の判断で自主的に選ばなくてはなりません。

そのとき、考えの真ん中にあるのは 「いかに適切なリスクをとるか」 ということです。リスクとの上手なつきあい方は勝負にとってきわめて大切なファクターです。

2016/08/11

書評: プロの知的生産術 - BCG 前日本代表が教える情報活用の秘訣 (内田和成)




プロの知的生産術 - BCG 前日本代表が教える情報活用の秘訣 という本をご紹介します。



本書の内容


本書の紹介文は次のように書かれています。

情報が溢れかえっている現代。やみくもに情報収集・整理をしたところで成果は出ない。本書はトップ・コンサルタントとして、そしてビジネススクール教授として活躍する著者が、確実に成果につながる 「アウトプットを重視した」 知的生産術を説くもの。

情報と付き合うための基本スタンスから、独自の情報活用法、各種メディアからの情報収集術、著者こだわりのデジタルグッズまで盛りだくさんの一冊。


何のために情報が必要なのかを明確にする


本書はコンサルタントの内田和成氏が著書であり、情報についての考え方によく表れています。キーワードは、アウトプットと差別化です。

2016/08/08

Kindle Unlimited で読めるおすすめの本 (ビジネス本をメインに5冊)




アマゾンが Kindle Unlimited を日本でもサービスを開始しました (2016年8月3日) 。

月額980円で、Unlimited 対象の電子書籍が読み放題です。始めの30日間はトライアルとして無料で利用でき、その後は月額980円の有料プランになります (2016年8月現在) 。

今回のエントリーでは、Kindle Unlimited 対象の本で、過去に読んだことがある本と Unlimited で読んだ本から、ビジネスカテゴリーの本を中心におすすめを5つご紹介します。

2016/08/06

WealthNavi Connection Vol.1 に参加し学んだウェルスナビのこと


WealthNavi Facebook ページよりイベントの様子


資産運用アドバイザーの WealthNavi (ウェルスナビ) が、2016年7月にサービス一般公開をしました。一般公開前は招待ユーザーのみの限定公開でした。私も一般公開前に WealthNavi の利用を開始していました。

一般公開に伴い WealthNavi 主催で開催された、クローズドイベント 「 WealthNavi Connection Vol.1 」 に参加しました (2016年8月4日) 。招待制イベントで、利用者同士や WealthNavi メンバーとの交流会です (招待いただきこの場を借りて御礼を申し上げます) 。


WealthNavi イベント内容


少人数でのイベントだったので、ユーザー同士、WealthNavi の皆様と直接話すことができました。以下がイベント内の主なプログラムでした。

  • CEO である柴山さんのお話
  • WealthNavi の運用 (最適ポートフォリオの実践)
  • ゲストスピーカーのファイナンシャルプランナーの方からの世界の資産運用事例の紹介

イベントに参加し学びも多く、今回のエントリーでは特に印象に残った2つについてご紹介します。

クローズドイベントでの話から、WealthNavi が何を目指しているのかがわかりました。これから WealthNavi を使ってみようかなと考えている方には、少しでも参考になればと思います。

2016/08/04

2016年7月にブログで注目を集めた本 (月間クリック数ランキング)




このブログでは、訪問いただいた方に役に立つと思ってもらえる本を紹介しています。読んだ本の書評を書いたり、エントリーの参考情報として本の内容を引用しています。

今回のエントリーでは、2016年7月の1ヶ月で、クリックが多かった本をご紹介します (4冊) 。順番はクリック数の多かったものです。



なぜ、あの会社は儲かるのか? - ビジネスモデル編 (山田英夫)




様々な企業のビジネスモデルが紹介され、興味深く読めます。

他の類似本と違うのは、単にビジネスモデルを紹介しているだけで終わっていないことです。ビジネスモデルの事例紹介 → 仕組みの一般化 → 他業界にある同様のモデル紹介となっています。具体化 → 抽象化と縦に考え、抽象化 → (他の) 具体化と横展開されているのです。

同じビジネスモデルでも違う業界に適用されているので、そのモデルの本質的な仕組みを理解できます。書かれている内容がきっかけや刺激になり、そのビジネスモデルを自分の業界や、自分の仕事に活かせないかと考えてみると発想が広がるでしょう。

2016/08/01

捕まった自動車窃盗団の手口から考える顧客視点のプレゼンやメールのつくり方




自動車窃盗団のユニークな手口


スパークする思考 - 右脳発想の独創力 という本に、顧客志向の例として、次のような話が書かれています。

それは関東地方のどこかで自動車窃盗団が捕まったという記事である。

自動車泥棒が捕まっただけならたいしたニュースではないが、その犯罪の手口がユニークだったので印象に残ったと同時にひらめいた。その窃盗団は最初はクルマを盗まないのである。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にて 「シニア マーケティングリサーチ マネージャー」 (LinkedIn) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身。学生時代は京都。家族4人で東京23区内に在住、2人の子どもの父親。気分転換は毎朝1時間のランニング。

書いている内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。