2018/01/31

有意義な定性インタビュー調査をするためのポイントを解説します


Free Image on Pixabay


今回は、マーケティングリサーチで、定性調査についてです。

エントリー内容です。

  • 定性調査のポイント
  • いかにストーリーを引き出せるか
  • 有意義なインタビュー調査にするためのポイント

2018/01/29

書評: プラットフォーム ブランディング (川上慎市郎 / 山口義宏) 。顧客体験をベースにしたブランドのつくり方


Free Image on Pixabay


プラットフォーム ブランディング という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容。ブランドとは何か
  • 顧客体験をベースにしたブランドのつくり方
  • 思ったこと

2018/01/27

モテ男に学ぶ 「モテるための必要プロセス」 から、ビジネスキャリアへの応用を考えてみる


Free Image on Pixabay


ビジネスキャリアについてです。モテるための雑談から、ビジネスキャリアへの応用を考えています。

エントリー内容です。

  • モテるために必要なプロセス
  • ビジネスキャリアへの応用

2018/01/25

その技術が有望かどうかを見極める視点 (ブロックチェーン本からの示唆)


Free Image on Pixabay


ブロックチェーンの未来 という本に、技術が有望なのかどうかを見極めるヒントが書かれています。



エントリー内容です。

  • 技術のインパクトを考える3つの視点
  • 3つの視点で思ったこと

2018/01/23

書評: インサイト (桶谷功) 。消費者に行動を起こさせる 「心のホットボタン」


Free Image on Pixabay


インサイト という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容
  • インサイトとは何か
  • インサイトを見い出すための考え方と方法

2018/01/21

効果的な情報収集や読書のための 「why - what - how」 フレームワークをご紹介


Free Image on Pixabay


何かを調べるなどの情報収集のポイントは、事前準備です。

情報収集の作業に入る前に、何のために、何をどこまで調べるのかを明確にしておくことです。あらかじめ準備をしておけば、闇雲に調べること防ぐことができます。

今回のエントリーは、効果的な情報収集について書いています。ご紹介する考え方は、読書にも応用できるので、後半で解説します。

2018/01/19

書評: 量子コンピュータが人工知能を加速する (西森秀稔 / 大関真之)


Free Image on Pixabay


量子コンピュータが人工知能を加速する という本をご紹介します。



本書の内容


以下は、本書の内容紹介からの引用です。

実現は早くても21世紀後半と言われていた 「量子コンピュータ」 が突然、商用マシンとして販売が開始された。

作ったのはカナダのメーカーだが、その原理を考え出したのは日本人研究者。しかも、人工知能に応用でき、グーグルやアメリカ政府も開発競争に参戦、NASA やロッキード・マーティンも活用を開始した。

どのようにして量子力学で計算するのか。どのようにして人工知能、特に機械学習やディープラーニングに応用できるのか。そして、どうすれば日本の研究が世界をリードできるか。

画期的な量子コンピュータの計算原理、「量子アニーリング」 を発案した本人が語る。

2018/01/17

未来予測ができる 「商品普及の三段階の法則」 を、身近なものに当てはめてみる


Free Image on Pixabay


すぐに未来予測ができるようになる62の法則 という本には、未来予測を考えるためのヒントが多く書かれています。



エントリー内容です。

  • 商品が社会に普及するための法則
  • 「普及の法則」 を身近なものに当てはめる
  • 思ったこと (2つ)

2018/01/15

書評: 考えの整頓 (佐藤雅彦) 。身のまわりから本質を見抜くおもしろさ


Free Image on Pixabay


考えの整頓 という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容、なぜこの本を面白いと思ったか
  • 印象に残ったエピソード ( "差" という情報)
  • 身のまわりから本質を見抜く

2018/01/13

箱根駅伝を三連覇の青学大陸上部・原監督のチームマネジメントは、ビジネスにも示唆深い


Free Image on Pixabay


2018年、お正月の箱根駅伝は、青山学院大学が三連覇を達成しました。

東洋経済に、青山学院大学陸上競技部の原晋監督の記事が掲載されています。原監督のチームマネジメントが興味深く読める記事です。

青学・原監督 「管理職の仕事は管理じゃない」 - 常勝軍団を率いる名将が明かす人の育て方|東洋経済オンライン


今回のエントリーは、青学大陸上部の原監督のチームマネジメントから、ビジネスへの示唆を考えます。


部員一人ひとりが自分で考えるチームが理想


原監督の理想のチームは、監督が指示を出さなくても部員それぞれがやるべきことを考え、実行できるチームです。

2018/01/11

消費者インサイトとは何か? 「インサイトを見い出す方法」 をわかりやすく解説します


Free Image on Pixabay


今回のエントリーはマーケティングについてです。消費者インサイトを解説します。

  • インサイトとは何か (what)
  • なぜインサイトが重要なのか (why)
  • インサイトをどのように見い出すか (how)


インサイトとは何か (what)


消費者インサイトとは一言で言えば、「人を動かす隠れた心理」 です。消費者自身も普段は意識していませんが、気付かされれば行動を起こす気持ちです。

消費者インサイトのポイントは3つあります。

2018/01/09

TED プレゼンテーションで成功する秘訣を、マーケティングリサーチに当てはめてみる


Free Image on Pixabay


TED でのプレゼンテーションを成功させるポイントを解説した記事がありました。


今回は、記事の内容をマーケティングリサーチに当てはめ、3つのポイントの本質を考えます。

エントリー内容です。

  • 印象的なプレゼンテーションをするための3つのポイント
  • マーケティングリサーチに当てはめてみる
  • 3つのポイントの本質

2018/01/07

書評: スマートコントラクト本格入門 - FinTech とブロックチェーンが作り出す近未来がわかる (鳥谷部昭寛 / 加世田敏宏 / 林田駿弥)


Free Image on Pixabay


スマートコントラクト本格入門 - FinTech とブロックチェーンが作り出す近未来がわかる という本をご紹介します。



内容紹介


以下は、本書の内容紹介からの引用です。

FinTech の中でも大きなインパクトをもたらす技術と目されている 「スマートコントラクト」 。

本書では、FinTech の最新アウトラインから入り、スマートコントラクトの基礎、事例、可能性、コーディングと、順を追って掘り下げていきます。図解とクリアな説明によって、仕事で使えるレベルの知識をスムーズに仕入れられます。

この本は、ブロックチェーンや仮想通貨の基本的な知識、イーサリアムなどのスマートコントラクトについて、図も交えてわかりやすく解説しています。

2018/01/05

「意味のイノベーション」 は、あなたの思いから始める、全く新しい発想でイノベーションを起こせる方法


Free Image on Pixabay


今回は、「意味のイノベーション」 についてです。

エントリー内容です。

  • 意味のイノベーションとは。ロウソクでの例
  • どうやって実現するか
  • 意味のイノベーションで興味深かったこと (4つ)

2018/01/03

書評: 0秒リーダーシップ (ピョートル・フェリークス・グジバチ) 。リーダーシップは自ら先頭に立ち変化をつくること


Free Image on Pixabay


0秒リーダーシップ という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容
  • リーダーシップとは
  • リーダーシップの3つの基本、感情との付き合い方

2018/01/01

2018年も大切にしたい価値観と行動基準


Free Image on Pixabay


日頃から大切にしたい考え方があります。大げさに言えば人生での価値観であり、毎日の生活の中で、自分がそのように行動できればと思っていることです。

今回のエントリーは、2018年が始まるにあたって、大切にしたい価値観を書いています。

  • かっこよく生きる
  • 我が身を正しくする
  • より困難な道をあえて選ぶ
  • 「大切な人」 を大切にする

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


複数のスタートアップ支援に従事。経営や事業戦略、プロダクトマネジメント、マーケティングのコンサルティング及びメンター。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn をご覧ください) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝のランニング。

内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。