2013/04/29

リスクテイク→変化→成長という方程式




プロゲーマーである梅原大吾氏の著書「勝ち続ける意志力」の冒頭プロローグには、次のように書かれています。

「結果を出す」ことと、「結果を出し続ける」ことは根本的に性質が異なる。勝つことに執着している人間は、勝ち続けることができない。

(引用:書籍「勝ち続ける意志力」

この部分を初めて読んだ時、いきなり先制パンチを食らった感じでした。なぜなら結果を出すことを1つずつ積み重ねると、結果を出し続けられる、と思っていたからです。しかし、梅原氏によれば2つは根本的に異なるのです。

■「勝ち続ける意志力」とは

梅原氏が考える「勝ち続ける意志力」とは何でしょうか。

結論から先に言うと、勝ち続ける意志力とは、勝つことではなく「自分が成長し続けること」を目的とすることです。

勝つ、あるいは結果を出すというのは1地点でのことにすぎず、成長し続けるというのはその意思や向上心がある限りは終わりのないことです。梅原氏の言葉が印象的でした。

僕にとって生きることとは、チャレンジし続けること、成長し続けることだ。成長を諦めて惰性で過ごす姿は、生きているとはいえ生き生きしているとは言えない。

(引用:書籍「勝ち続ける意志力」

■ 変化なくして成長なし

「成長すること」について次に考えてみたいのが、どうすれば成長することができるのかです。

書籍「勝ち続ける意志力」に書かれていたヒントは「変化なくして成長なし」でした。印象深い内容だったので引用しておきます。

僕にとっての正しい努力。それはズバリ、変化することだ。

昨日と同じ自分でいないーーー。そんな意識が自分を成長させてくれる。ゲームの世界においては、変化なくして成長はない。
「本当にこのままでいいのか?」
「自分の殻を破って新しいことに挑戦してみよう」
「必死に編み出したやり方も通用しなくなった。別のやり方を考えてみよう」
常に自分を変えようとする、そうした意識が求められる。

しかし、多くの人は、変わることと前に進むことは別だと思っているだろう。確かに、自分を変えることは不安だし、変化した先に勝利があるとは限らない。けれども、変わり続けていれば必ず前へ進める。

変化したことで失敗したり、後ろに下がったりしたときは、もう一度変化すればいい。失敗に気づいて変化すれば、以前の自分よりも必ず高い位置に行ける。一歩後退しても、その後退には意味があり、それがきっかけで二歩進む方法が見えてくることもある。
変化を続けていれば、きっと正しいことが見つかる。また、正しくないことが見つかれば、その反対が正しいことだと分かる。だから、前へ進める。

成長というのは、とにもかくにも同じ場所にいないことで促進される。そして、常に成長していれば年を取っても、ゲームが新しくなっても、若くて有能なプレイヤーが出てきても、変わらず勝ち続けることができると考えている。

(引用:書籍「勝ち続ける意志力」

自分を変えることについて、梅原氏の考え方で特徴的だと思ったのは変化するためのコツでした。自らを変化させるかどうか判断する時に「そうすることで良くなるかどうかまで考えないこと」と言います。とにかく大事なのは変わり続けることである、と。

変わってみてもし悪くなったとしても、それに気づいてまた変えればいいという考え方です。変わる前から、良くなるか or 悪くなるかは誰にも分からなく、であれば「まずは変わってみる」というスタンスです。

■ 羽生善治氏のリスクテイクの考え方

自分を変えるとは、別の見方をすればリスクを取ることです。

リスクについて思い出すのは、羽生さんとサッカーの岡田武史監督の対談本である「勝負哲学」に書かれていたことです。印象的だったのは、羽生善治氏のリスクテイクの考え方でした。

  • リスクとの上手なつきあい方は勝負にとって非常に大切な要素。だから「いかに適切なリスクを取るか」を考えるようにしている
  • 将棋で少しずつ力が後退していくことがあり、後退要因として最も大きいのが「リスクをとらない」こと。リスクテイクをためらったり怖がると、ちょっとずつだが確実に弱くなっていってしまう
  • 勝つためにリスクを取らず安全地帯にとどまっていると、周囲の変化に取り残される、進歩についていけなくなる。結果、自分の力が弱くなっていく。それを避けるために積極的なリスクテイクが必要。だから必要なリスクは果敢に取りにいくことを心がけている

つい、リスク → 危険 → 避けるべきこと、と解釈してしまいがちです。しかし、それは違うのです。

リスクとは不確実性の尺度であり、リスクが高いとは結果予想が立てにくい・予想の振れ幅が大きいということです。リスクを取ることのそもそもの意味は、不確実性をあえて選択し、起こりえる結果の幅が大きくなる、ということです。良い方向に振れることもあれば、悪い方向に振れることも同じだけあり得ます。

羽生さんが、「いかに適切なリスクをとるか」、「リスクとの上手なつきあい方は勝負にとってきわめて大切なファクター」、「リスクテイクを避けると周囲の変化に取り残され自分が弱くなっていく」と言っているはあらためて考えさせられます。

羽生さんのリスクの考え方から学んだポイント2つです。

  • 「リスクとはやみくもに避けるべき対象ではない。正しく付き合うことが大事」という認識に変える
  • いかに「適切なリスク」を取っていくか

■「適切なリスク」をどうやって取るか

いかに適切なリスクテイクができるかについて、適切なリスクを取るために重要だと思っているのが以下の3ステップです。

  • 自分にとって何がリスクかを知る。「わからない」をまずは「知る」こと
  • リスクの度合い(不確実性)の見極める
  • リスクを取るかどうかの決断。やみくもに避けるのではなく、正しく付き合う

リスクを取ることについては、結果ではなく、リスクを取ったという自分の判断を尊重/肯定したほうがいいと思います。リスクテイクの結果がうまくいったかどうかではなく、リスクをとったことに自分自身が納得しているかどうかです。この視点を大事にすべきです。

リスクを取らなかった後悔より、取ったことの後悔のほうがが小さい。チャレンジしなかった後悔より、チャレンジした後悔のほうが小さい。このように思うようにしています。

★  ★  ★

最後に、今回の内容を整理しておきます。

  • 「勝つことと(結果を出す)」と「勝ち続けること(結果を出し続ける)」は根本的に異なる。勝ち続けるための意志力とは、「自分が成長し続けること」を目的とすること
  • 成長のためには「変化し続ける」こと。自分が変わる前から良くなるか or 悪くなるかは誰にも分からなく、であれば「まずは変わってみる」というスタンスが大事
  • 変わるということはリスクを取ること。リスクテイクのためには、リスクを見極め理解し、いかに「適切なリスク」を取るかが大切






2013/04/28

転職活動で学んだ採用面接でよく聞かれる5つの質問




2013年4月から新しい会社に転職しました。

転職活動中は、他の会社に面接を受けていました。数は多くはなかったですが、マーケティングやマーケティングリサーチの会社、IT / ネット系、外資の戦略コンサルなどです。


どの面接でもよく聞かれる質問


転職活動を通じて思うのは、どの面接でも聞かれる内容は共通点があることです。私の今回の転職では、業界を問わず、面接官からよく聞かれた質問は5つでした。

  • あなたはなぜ今の会社を辞めるのか?なぜこの会社に入りたいのか? (転職動機)
  • これまでの仕事で、成し遂げた最大の功績は何か? (これまでの成果)
  • これまで一番大きな失敗や印象に残っている失敗は?その失敗から何を学んだか? (失敗と学び)
  • 短期と中長期での目標、やりたいことは? (今後の目標)
  • 専門分野についての質問。戦略コンサル系ではビジネスケース (ケースインタビュー)

今回のエントリーでは、5つの質問項目について詳しくご紹介します。最後に、面接でのやりとりで心がけるとよいことを書いています。

2013/04/27

大局観を磨くための3つの視点


Free Image on Pixabay


最近読んでおもしろかったのは、経営の教科書 - 社長が押さえておくべき30の基礎科目 という本でした。



副題が 「社長が押さえておくべき30の基礎科目」 とあり、経営の原理原則が書かれています。私自身は社長というポジションではありませんが、興味深い内容が多かったです。


大局観を磨くために


その中の1つに 「大局観をいかにして磨くか」 という内容がありました。

著者は大局観を意識するために多・長・根という3つのキーワードを上げています。以下は本書からの引用です。

2013/04/21

投資したい会社とイチローの共通点から考える 「当たり前」 と 「習慣と仕組み化」




前回のエントリーでは、鎌倉投信の投資信託 「結い 2101」 セミナーのレビューをアップしました。

前回エントリー:鎌倉投信の 「結い 2101」 セミナーに参加してきました


セミナーで、鎌倉投信の社長である鎌田さんが、次のことを言っていました。投資したい会社を見分ける視点として聞きました。

いい会社ほど 「自分たちがいい会社」 と思っていないそうです。ただ当たり前のことをやっている認識です。実はそこがすごいのだが、自分たちはそうは思っていないとのことでした。


いい会社とイチローの共通点


この話を聞いた時、イチローが語っていた努力を思い出しました。

参考:イチロー、40歳にして惑わず ヤンキースでの決意|日本経済新聞(2013/2/13)


以下はイチローへのインタビュー記事からの引用です。

2013/04/20

鎌倉投信の 「結い 2101」 セミナーに参加してきました


Free Image on Pixabay


鎌倉投信の 「結い 2101」 の説明会に行ってきました (2013年4月) 。

会場は原宿のとあるカフェの2階でした。説明会は鎌倉投信の鎌田社長がお一人で対応されていました。出向かえ・はじめの挨拶、説明を一人でです。

鎌倉投信は広告や宣伝はやっておらず、顧客とのコミュニケーションは今回のようなセミナーが中心とのことです。

セミナー参加者は15-16人程度で、時間は2時間ほどでした。

前半1時間が鎌田社長からの鎌倉投信や 「結い 2101」 の説明で、後半1時間は質疑応答でした。前半の説明では、結い 2101 はどういう方針で運営をしているか、投資している会社、これまでの実績についてでした。

2013/04/19

インテージを退職しました


出社最終日にもらった花束


本日、2013年4月19日付で株式会社インテージを退職しました。インテージはマーケティングリサーチの会社です。

最終出社は一昨日の4月17日でした。その時はまだ気持ちの整理が着いていなかったのですが、2日経ち、思うところを書いてみます。


新規開発プロジェクト


インテージでは様々な仕事・経験ができました。全てはとても書ききれないので、1つだけ取り上げます。この2年間で関わった新規開発プロジェクトです。

このプロジェクトは会社の歴史を考えると、悲願とも言うべきものでした。

2013/04/18

問題解決を一歩前に進めるための 「魔法の質問」




だいぶ前の話になりますが、参加していたプロジェクトである問題が発生した時のことです。それまではプロジェクトは順調に進んでいましたが、問題が表面化したことでプロジェクト全体のスケジュールに影響を及ぼしかねない状況になりました。

そのプロジェクトでは海外のベンダー企業と一緒にやっていました。問題発生後、急きょ担当者に来日してもらい対応策を考えることになったのです。


「What can I do for you?」 という問いかけ


ベンダー会社の現地メンバーも入り緊急の電話会議をすぐに開きました。来日した担当者が向こうのメンバーに発生状況を伝え、問題の原因究明から着手へ。こちらの期待とは裏腹になかなか打開策が出ない状態でした。そんな状況での電話会議で、来日担当者がある言葉を現地メンバーに投げかけていることに気付きました。

What can I do for you?

直訳すれば、私はあなたのために何ができるのか。相手に対して 「自分ができることは何かあるか?」 という問いです。このフェーズを半ば口ぐせのように繰り返していたのです。

何回目かの 「What can I do for you?」 を聞いた時、自分の中でちょっとした発見がありました。この問いかけは、問題解決に向けて一歩前へ進めることができる、というもの。

目の前にある問題に対して原因が明らかになっていない状況だったので、MTG (会議) での議論は堂々巡りをしている感じでした。「あぁでもない」 「こうでもない」 という、各メンバーが発言はするけど、議論が前に進んでいない。

そんな時に 「What can I do for you?」 という質問が出ると、思考が建設的になりました。「今、何ができるのか」 、「自分は問題に対してどう貢献できるのか」 。前向きに 「できること」 にフォーカスできたんですよね。

問題に対して 「どうすればいいのか?」 と悩んでいるのに比べて、「What can I do for you? (自分は何ができるか) 」 と変えるだけで、頭の中でスイッチが切り替わったような感覚でした。繰り返し問いかけがあったことでMTG全体の雰囲気も変わっていきました。

「今できること」 を中心に考えることで議論が整理され、現実的になっていった。発生事実を把握し、問題が整理され、解決に向けた課題設定へ。課題/やることに対して、誰が・いつまでにと落とし込んでいく。少しずつでしたが、問題解決へと一歩ずつ前へ進むことができた。その後、なんとかプロジェクトも軌道修正できました。

上記のプロジェクトエピソード以外にも、これまでの経験から思うのは、困難な状況であっても何かしらやれることが見出せるということ。

できることが見えていないだけで、考え方を変えると希望があったりする。自分が今できること・自分たちは何ができるかを問いかける 「What can I do for you?」 という質問は、隠れている希望のベールをとく魔法のような質問なのかもしれません。


父親からのメッセージ


もう少し 「What can I do for you」 について考えてみます。What can I do for you?とは、相手に対して自分がどう貢献できるかを問うもの。相手への貢献で思い出すのは、自分の父親がくれたあるメッセージについてです。

それは、結婚式披露宴で最後のあいさつでした。キーメッセージは 「まず相手を幸せにすることで、自分の心を豊かにする」 という考え方。 (結婚式ということもあり) お互いがパートナーを思いやり、相手が幸せになることで自分の幸せにもつながる、そんな家庭を築いてほしい。父親からのメッセージでした。

What can I do for youの考え方とも通じるものがあります。どんな状況でも、自分が貢献できることは何かを問う姿勢。相手を慮ること。それが結局は問題解決につながり、ひいては自分にもプラスになって返ってくる。

問題解決と幸せでは概念というかレイヤー/レベルが違いますが、本質のところは同じなんじゃないかなと。

厳しい環境であっても、むしろ困難な状況だからこそ、「What can I do for you?」 という問いかけは忘れないようにしたいと思っています。

2013/04/14

新人の時に毎日のように怒られながら学んだ 「当たり前のことをやり続ける」 ことの大切さ


Free Image on Pixabay


今の会社にはメンター制度があります。新入社員への OJT (On the job training) の1つで、新人に先輩社員が一人つき、一緒に仕事を進めながら仕事に必要な考え方やスキルを学ぶ仕組みです。


毎日のように怒られていた


先日、私が新人だった当時のメンターとランチに行く機会がありました。お互いの近況だや今後のこと、メンターをやっていた頃の話など、久々にゆっくり話すことができました。楽しいランチになりました。

新人だった1年目当時、メンターには毎日のように怒られていました。

メンター曰く 「できが悪かった」 ようで、確かに何をやってもまず怒られたという記憶があります。メンターは自他共に認める厳しい人で (ランチの時にメンターも言っていた) 、周囲からは 「あの新人はいつやめるのか」 との噂でもちきりだったそうです。


メンターからの学び


自分にとっては、1年目は修行のような日々でした。その分、メンターからたくさん学べました。仕事はこう進めるものだということを、肌で感じることができました。

中でも強く影響を受けたのは 「当たり前のことをやり続ける」 姿勢です。

2013/04/13

新人研修で学んだ 「事前準備」 の大切さ


Free Image on Pixabay


最近、自分の会社の新入社員からインタビューを受けました。


業務を理解するためのインタビュー研修


社内インタビューは、新人研修のプログラムの1つです。目的は、各部署の先輩社員にインタビューをして業務をより具体的に理解することです。

社内組織・お客さんとの関係・仕事内容をチームごとにインタビューをします。研修内で互いに発表し、会社の全体像を把握することを目指します。去年もインタビューを受けたので、今年は2回目でした。

この企画は毎年やっていて、自分が新人の頃からありました。

当時、ある幹部の方にインタビューをさせてもらいました。インタビューをまとめた発表資料をその方にも共有した後、1通のメールを返信いただきました。メールに書いてあったことは、その後の自分の仕事をする上でずっと大切にしていくことになる言葉でした。

「よいインタビューを行うためには、事前準備が肝要です。」

2013/04/07

刺激と反応の間には 「選択の自由」 がある




7つの習慣 という自己啓発の定番と言える本で、印象に残っている考え方が 「刺激に対して自分の反応は選択できる」 です。

何かが自分に起こったという刺激に対して、自分の感情反応は1つではない。刺激 → 選択 → 反応とあって、刺激と反応の間には 「選択の自由」 を持っている、という考え方です。

2013/04/06

ひふみ投信の 「ひよこ塾」 セミナーに参加してきました


レオス・キャピタルワークスのロゴ


ひふみ投信の 「ひよこ塾」 というセミナーに行ってきました。


参加した 「ひよこ塾」


主催は、ひふみ投信を直販で運営しているレオス・キャピタルワークスです。

「ひよこ塾」 というセミナー名から連想できるように、対象者は 「これからひふみ投信に投資してみようかな」 という人です。セミナーでは、レオスについて、ひふみ投信の仕組みや特徴、運用の方法、などを説明してもらえました。

説明を担当いただいたのは二人でした。取締役・マーケティング部長の方と運用部のシニアアナリストの方です。

運用チームの方がアサインされたのは、なんと私がしたセミナーの事前に、参加申し込み時にした質問を見てとのことでした。申し込みの際に 「投資する自分のお金がどのように使われているか (運用をどうしているのか) 知りたい」 と書いていました。

2013/04/03

羽生善治の勝負哲学から考える 「自分を強くするリスクの取り方」




サッカーの岡田武史と将棋の羽生善治の組み合わせを見て思わず手にとった本が 勝負哲学 でした。この本は2人の対談本です。



本書の内容


興味深く読めました。対談の1つ1つのテーマについての会話のやりとりが深かったです。

サッカーと将棋、それぞれの戦いで培った、勝負勘の研ぎ澄ませ方、勝負どころでの集中力の高め方、そしてメンタルの鍛え方、などです。

厳しい勝負の世界に生きる2人が自分の哲学をおもいっきりぶつけ合った対談でした。読んでいて考えさせられることが多い対談本でした。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にて 「シニア マーケティングリサーチ マネージャー」 (LinkedIn) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身。学生時代は京都。家族4人で東京23区内に在住、2人の子どもの父親。気分転換は毎朝1時間のランニング。

書いている内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。