2015/02/21

昭和恐慌というデフレからの脱却の歴史がおもしろい

経済評論家である上念司氏の書籍『デフレと円高の何が「悪」か』。第5章「歴史は繰り返すーー昭和恐慌から学べ」に書かれていた内容が興味深かったのでご紹介します。

昭和恐慌という歴史的なデフレ発生の経緯、そしてデフレ不況からどのように脱却したかが、わかりやすく書かれていました。

「昭和恐慌から学べ」と章のサブタイトルにあるように、上念氏は、2010年代前半である現在にも示唆に富むものであると指摘します。(本書の上梓は2010年)




■デフレとは

デフレとは、モノ(一般物価)の価格が持続的に下落していく経済現象です。日本の内閣府では「2年以上の継続的物価下落」をデフレと定義しています。

デフレがなぜ発生するかというと、モノとお金(マネー)の関係で、相対的にマネーの量が少ない状況ではマネーに希少価値がでます。その分、モノの価値は下がります。結果、モノの価格が下落します。

お金とモノの関係から、デフレ発生の原因は、①世の中のお金の量が少なくなる、②世の中のモノの量が多くなる、が起こるからです。

■昭和恐慌はなぜ起こったのか?

昭和恐慌の説明として、Wikipedia には次のように書かれています。
1929年(昭和4年)秋にアメリカ合衆国で起き、世界中を巻き込んでいった世界恐慌の影響が日本にもおよび、1930年(昭和5年)から翌1931年(昭和6年)にかけて日本経済を危機的な状況に陥れた、戦前の日本における最も深刻な恐慌。
第一次世界大戦による戦時バブルの崩壊によって銀行が抱えた不良債権が金融システムを招き、一時は収束するものの、その後の金本位制を目的とした緊縮的な金融政策によって、日本経済は深刻なデフレ不況に陥った。

昭和恐慌でポイントになるのは「金本位制」です。

金本位制とは、金(ゴールド)を通貨価値の基準とする制度です。中央銀行が紙幣を発行する際にその裏付けとなる金(ゴールド)を保有しなければならない制度。紙幣を発行量の上限は、ゴールド保有量までとなります。

紙幣とゴールドの交換レートは固定され、人々は紙幣を銀行に持っていくと、必ず一定量のゴールドと交換できます。(金本位制を取っている)世の中全体で、マネー量 = 金(ゴールド)の量となります。

第一次世界大戦後、各国は一時的にやめていた金本位制を戻す流れになりました。日本でも、当時の井上準之助(大蔵大臣)が戦争前の金本位制への復帰を主張します。

日本で金本位制に戻すためには、戦時中に増えたマネー量を減らす必要がありました。というのも、戦時中は軍隊への財政支出を増やすためにマネーを大量に発行し、武器/弾薬を調達していたからです。これを戦前のマネー量に戻す必要があったのです。

日本の金本位制復帰のために、井上は世の中のお金を徹底的に減らす政策を実行しました。超緊縮財政を取ったのです。

日本は1920年代当時、戦後の復興により設備や人の生産活動が再開し、モノの量が戦前よりも増えていました。にもかかわらず、第一次大戦前の水準までお金の量を政策として強制的に減らしたのです。当然、世の中全体でお金不足になり、お金とモノの量のバランスが崩れます。結果、急激なデフレが発生しました。

日本が金本位制に復帰したのは1930年1月でした。そのわずか1ヶ月前、1929年ニューヨーク証券取引所で起きた株価暴落(ブラックマンデー)し、世界的な不況が起こっている最中の金本位制の復帰、デフレ発生だったのです。

昭和恐慌の発生は、井上準之助の金本位制復帰によるマネー量減少→デフレ→不況、という流れです。

■昭和恐慌からの脱却

ところがその後、昭和恐慌は政策変更により、2年で終了します。日本はこの後、奇跡の復活と高度成長を遂げるのです。

歴史的な背景として、1931年の満州事変をめぐり、当時の第二次若槻内閣は閣内不一致起こり、その年の12月に総辞職されます。井上準之助も大蔵大臣を辞することになりました。その次に誕生したのが犬養毅内閣。新しい大蔵大臣には高橋是清(たかはしこれきよ)が就任します。

高橋是清が昭和恐慌脱却のキーパーソンでした。

高橋はどんな政策を実行したのか。大蔵大臣就任後すぐに、日本の金本位制からの離脱を宣言しました。

結果、日本円は対ドル為替レートで40%近く円安になりました。昭和恐慌時の急激な円高で苦しんでいた輸出企業が復活し、株価も上昇します。

高橋は金本位制離脱により通貨発行の上限を撤廃しています。さらに、日銀が日本国債を直接引き受けることで、つまり、日銀が新たにお金を刷って国債購入することで、マネー量を増やしたのです。

政府と中央銀行である日銀が一致協力し、日銀が直接大量の国債を購入する(世の中にお金を供給する)という金融緩和でした。

昭和恐慌の原因が金本位制復帰のためのマネー量の急減であり、その結果のデフレ→不況だったので、根本のところを元に戻したわけです。

その後、日本の景気は良くなりすぎました。急激な円安シフトは各国からも抗議を受け、貿易摩擦も生じました。金本位制離脱から5年後の1936年、加熱気味の景気を引き締めるため、高橋是清は緊縮財政を実施します。

予算はカットされ、それは軍事費にも影響しました。一方で、軍備拡張したい軍部には不満だったのです。

1936年、「2.26事件」が起こります。青年将校らによるクーデーター未遂事件でした。緊縮財政で軍事費削減にも取り組んでいた高橋も狙われ、事件の混乱の中、暗殺されてしまったのです。

★  ★  ★

昭和恐慌という昭和デフレ不況の脱却過程を整理しておきます。


1. 昭和恐慌の発生 (井上準之助)
  • 金本位制復帰
  • ゴールドの保有量をお金の上限とするためマネー量を調整(減らす)
  • デフレ発生

2. 昭和恐慌から脱却 (高橋是清)
  • 金本位制離脱→マネー量の上限を撤廃
  • 日銀の国債直受→実際にお金の量を増やす
  • デフレ脱却

3. 昭和恐慌終了後の財政金融政策 (高橋是清)
  • マネー量が十分に増えてきたので調整
  • 緊縮財政→軍事費も削減
  • 軍部に恨まれ暗殺




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...