ラベル 書評 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 書評 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/10/18

書評: 孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 (板垣英憲) 。漢字25文字に込められた孫さんの成功哲学




今回は、書評です。

孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 という本をご紹介します。





  • 何が書かれている本?
  • 漢字25文字に込められた、孫さんの成功哲学とは?

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

孫子の兵法や、孫さんの経営・人生観からつくられた、「二乗の法則」 をご紹介します。

2019/10/12

書評: 事例でわかる新・小売革命 - 中国発ニューリテールとは? 小売の本質から見る小売の未来




今回は、書評です。

事例でわかる新・小売革命 - 中国発ニューリテールとは? という本をご紹介します。





  • どんなことが書かれている本?
  • 小売の本質とは?
  • 本質からの3つのフレームに見る小売の未来

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

この本は、中国のニューリテールの事例とともに、小売の本質とは何か、小売の未来はどうなっていくのかを考えされ、読み応えがありました。

ぜひ記事を読んでいただき、本も手にとってみてください。

2019/10/10

書評: insight (インサイト) - いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力。自己認識の What, Why, How が書かれた本




今回は、書評です。

insight (インサイト) - いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力 という本をご紹介します。





  • どんなことが書かれている本?
  • 自己認識とは何をすること?
  • フィードバックへの向き合い方
  • 読んで思ったこと

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

この本のサブタイトルは、「いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力」 です。あらためて自己認識とは何かを考えさせれた本でした。

2019/09/11

書評: 予定通り進まないプロジェクトの進め方 (前田考歩 /後藤洋平) 。重宝している 「プロジェクト譜」 (プロジェクト可視化ツール) をご紹介




今回は、書評です。

予定通り進まないプロジェクトの進め方 という本をご紹介します。





  • 何が書かれている本?
  • プロジェクトを進めるツール 「プロジェクト譜」 とは?
  • プロジェクト譜を応用して、ビジネスの勝ち筋をつくる方法

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

この本に書かれている 「プロジェクト譜」 というツールをご紹介し、使い方の応用を書いています。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき、仕事での参考にしてみてください。

2019/08/23

書評: 世界で最もイノベーティブな組織の作り方 (山口周) 。イノベーションを起こすための 「問い」 が秀逸な本




今回は、書評の記事です。世界で最もイノベーティブな組織の作り方 という本です。





  • どんなことが書かれている本?
  • 日本企業でイノベーションが起こりにくい構造要因とは?
  • 変化の激しい時代は、「xx」 に学べ

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
・書籍 世界で最もイノベーティブな組織の作り方 が問いかけること
・なぜ日本企業ではイノベーションが起こりにくいのか
・イノベーションを起こすためにどうすればよいか
です。

この本は、組織とリーダーシップの観点から興味深く読めます。ぜひ記事を最後まで読んでいただき、仕事やキャリアへの参考にしてみてください。

2019/08/17

書評: 雑草はなぜそこに生えているのか - 弱さからの戦略 (稲垣栄洋) 。雑草の 「弱者の戦略」 から学べること




今回は、書評の記事です。

雑草はなぜそこに生えているのか - 弱さからの戦略 という本をご紹介します。





  • どんなことが書かれている本?
  • 一般的な雑草へのイメージは正しくない?
  • 雑草の 「弱者の戦略」 とは?
  • 雑草に学ぶ戦略思考

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

日本語では 「雑草魂」 という言葉がありますが、一般的な雑草のイメージは、本当の雑草の姿とは異なります。

雑草の戦略が興味深かったので、ぜひ記事を最後まで読んでみてください。仕事やキャリアへのヒントにもなると思います。

2019/08/14

書評:『キングダム』で学ぶ 乱世のリーダーシップ (原泰久 / 長尾一洋) 。リーダーに求められる条件 (10個)




今回は、書評の記事です。

『キングダム』で学ぶ 乱世のリーダーシップ という本をご紹介します。





  • どんなことが書かれている本?
  • リーダーの条件とは?
  • キングダムに学べるリーダーシップとは?

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、リーダーに求められる条件とは何かです。

漫画 「キングダム」 の登場人物から、リーダーシップに必要なことは何かを書いています。

書籍 『キングダム』で学ぶ 乱世のリーダーシップ に書かれていることもわかる内容になっています。ぜひ記事を最後まで読んでいただき、仕事やキャリアへの参考にしてみてください。

2019/08/13

書評: HIGH OUTPUT MANAGEMENT 。マネージャーとしての視野を広げてくれる本




今回は、書評の記事です。HIGH OUTPUT MANAGEMENT という本です。





  • どんなことが書かれている本?
  • マネージャーとして成果を出すためには?
  • マネージャーが持つべき視野の広さ

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

マネージャーとしてのアウトプットをいかに最大化させるか、そのためにどんな考え方をすればよいかを解説しています。

ぜひ記事を読んでいただき、仕事やキャリアへの参考にしてみてください。

2019/07/13

書評: 実行力 - 結果を出す 「仕組み」 の作りかた (橋下徹) 。人と組織を動かす組織論とリーダーシップ論




今回は、書評です。

ご紹介したい本は、実行力 - 結果を出す 「仕組み」 の作りかた (橋下徹) です。





  • どんなことが書かれている本?
  • 結果を出す仕組みとは?
  • 橋下徹の組織論とリーダーシップ論

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

実行するチームや組織、会社になるためのヒントが書かれた本でした。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき、仕事での参考にしてみてください。

2019/07/11

書評: 結果を出すリーダーはみな非情である (冨山和彦) 。リアリズムと合理主義を追求するリーダーシップとは




今回は、書評です。

結果を出すリーダーはみな非情である という本を取り上げます。





  • どんなことが書かれている本?
  • 結果を出すリーダーとは?
  • リーダーシップを磨く方法

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

ぜひ記事の内容も参考に、この本も読んでみてください。

2019/07/02

書評: ザ・コーチ 3 - 時間泥棒と賢者の地図 (谷口貴彦) 。幸せ・時間・創造とは何か、自分の人生観に向き合える本




今回は、書評です。

ザ・コーチ 3 - 時間泥棒と賢者の地図 という本をご紹介します。





  • どんなことが書かれている本?
  • 時間泥棒に時間を奪われないためにはどうすればいい?
  • 幸せになる方法

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事で書いているのは、
など、人生をより良く生きるためにどうすればよいかです。

この記事も参考に、ぜひ読んでみてください。

2019/06/21

「目標の達人」 から学ぶ、ワクワクする目標の立て方




今回は、書評の記事です。ザ・コーチ という本をご紹介します。





  • どんなことが書かれている本?
  • 仕事での目標がノルマでしかなく、やる気になれない…
  • 自分がワクワクする目標の立て方

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、「ザ・コーチ」 という本がどんな本なのか、夢・目的・目標の違い、そして、ワクワクするような目標の立て方です。

目標とは何か、どうすれば自分に合ったワクワクできるような目標の立て方を書いています。ぜひ、お仕事での目標設定に使ってみてください。

2019/06/02

書評: 人を操る禁断の文章術 (メンタリスト DaiGo) 。今日から使える文章テクニック




今回は、書評です。ご紹介したい本は 人を操る禁断の文章術 です。





  • どんなことが書かれている本?
  • 人を操る文章術とは?
  • 今日から使える文章テクニック

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、この本の概要、「心を動かす文章の3つの原則」 などの文章術です。どのテクニックも、すぐに使える方法です。

記事の後半では、マーケティングの視点から 「人を操る文章術」 を読み解きます。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

2019/05/31

書評: 苦しかったときの話をしようか (森岡毅) 。自分の軸を見つけ、挑戦し続けよう




今回は、書評の記事です。

ご紹介したい本は 苦しかったときの話をしようか (森岡毅) です。





  • 自分のやりたいことがわからない
  • 将来が不安…
  • 今の仕事は自分に向いていないと感じる
  • このまま同じ会社でずっと働いたほうがいい?
  • 面接で緊張してうまく話せない

もし、1つでも当てはまったら、読んでほしい本です。


この記事でわかること


この記事で書いているのは、本書の概要、どんな本か、著者が言いたかったことのメッセージ、読んで思ったことです。

とてもおもしろく一気に読みました。後ほど詳しく書いていますが、熱量の高く、随所で心が揺さぶられる本です。この記事も参考に、ぜひ読んでみてください。

2019/05/26

書評: GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略 (田中道昭) 。8社を俯瞰した分析から見えてくる本質




今回は書評です。ご紹介したい本は、GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略 (田中道昭) です。





  • 何が書かれている本?
  • どんな視点でおもしろく読める?
  • 覚えておいて損はない孫子の競争戦略フレームとは?

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、本書の概要、どんな視点で興味深く読めるか、読んで考えさせられたことです。

この本は、米中の最先端のプラットフォーム企業の8社 (GAFA と BATH) について、俯瞰して理解できる内容です。この記事も参考に、ぜひ読んでみてください。

2019/05/20

書評: アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る (藤井保文 / 尾原和啓) 。アフターデジタル世界の本質を考える




今回は、書評です。

アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る (藤井保文 / 尾原和啓) という本をご紹介します。





  • どんなことが書かれている本?
  • アフターデジタルとは?
  • ビジネスへのインパクトは? (どうすればいい?)

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
  • この本に書かれていることの概要
  • 本のタイトルでもある 「アフターデジタル」 とは何を意味するのか
  • アフターデジタルの世界でのビジネスへのインパクト
  • ビジネスで生き残るために何をやらないといけないのか
です。

これからの世の中がどうなっていくのかが興味深く読めた本でした。この記事も参考に、ぜひ読んでみてください。

2019/05/18

書評: 勝間式 超コントロール思考 (勝間和代) 。主体的にストレスフリーで生きていく方法




今回は、書評の記事です。ご紹介したい本は 勝間式 超コントロール思考 です。





  • どんなことが書かれている本?
  • コントロール思考とは?
  • 朝起きた時に人生が楽しくて仕方なく、ストレスフリーになる方法

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、この本に書かれていることの概要、コントロール思考とは何か、どうすればコントロール思考を身につけられるかです。

勝間さんの考え方や方法が興味深く読めた本でした。ぜひこの記事も参考に、読んでみてください。

最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

複数のスタートアップ支援に従事。経営や事業戦略のコンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネージャー、マーケター。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。note も更新しています。

内容は個人の見解です。