2016/01/02

2016年も大切にしたい価値観と哲学




自分の中で、大切にしている考え方があります。大げさに言えば人生を生きる上での価値観であり、毎日の生活の中で、少しでもそのように自分が行動できればと思っている哲学です。


「大切な人」 を大切にする


自分にとって 「大切な人」 は、家族であったり、親しい友人や知人、仕事での上司や同僚など、様々な人間関係があります。

その中でも、家族は自分にとっては特別な存在です。最も大切な人です。

では 「大切な人」 を本当に、文字通りに大切に扱っているかです。

文章にすると簡単なことです。しかし、自分の日常を振り返ったときに、必ずしもそうはなっていないことに気づきます。家族だから、親しい関係ゆえに、ないがしろにしてしまっていることがあります。本来は一番大切な人なのにです。

家族は親しい間柄だからこそ、自分の意見や感情をストレートにぶつけることができます。時には軽い言い争いに発展することもあります。これは家族間ならではの、それだけ親しい間柄とも言えます。

だからこそ、時には喧嘩をしつつも、頭の隅には相手のことを大切に扱う意識を持っておきたいと思っています。

「大切な人」 を大切にすること。意識するだけではなく、実際にそういう行動が取れている状態になるようにしたいです。


かっこよく生きる


人から 「かっこいい」 と言われたいというよりも、自分自身が自分のことに納得のいく生き方をしたいと思っています。

かっこよく生きているかどうかの基準は、自分が小学生くらいの子どもだった時の目線で、今の自分がどう映るかです。

小2くらいの自分から見て、今の自分のような大人になりたいと素直に思えるかどうかです。

小学2年生というのは、純粋な目、そしてある程度の良し悪しの判断ができる、という2つで一番バランスがよく、イメージしやすいからです。幼稚園児では純粋さはより高いものの判断能力に欠け、中学生くらいだとピュアな視点がやや欠けるためです。

子どもの自分が今の自分を見てどう感じるかです。小学生の自分が 「かっこいい」 と思えるような振る舞いをしているかどうかです。

今の自分が、あの頃の自分から見て Yes と言え、尊敬される生き方でありたいという考え方です。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にてマーケティングリサーチ マネージャー (LinkedIn) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身。学生時代は京都。家族4人で東京23区内に在住、2人の子どもの父親。気分転換は毎朝 8km のランニングとピアノ。

書いている内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。