2012/04/14

リアルタイムウェブ中毒だった自分と今の自分

インターネット。もはやこれなしでは自分の生活が成り立たないと思えるほど、プライベートでも仕事でもいろんなシーンで使っています。何かわからないことや調べる時はネットで検索、ニュースもテレビや新聞からではなくツイッターやRSSなどの各種サービスから、友達とのコミュニケーションもネットが当たり前になっています。

ネットは便利です。間違いなく人々の生活を変えました。でも、2012年の今年になって私自身はネット利用時間を意図的に減らしています。

■リアルタイムウェブ中毒


以前はツイッターやGoogleリーダーなどのRSS、ziteなどのキュレーションサービス、メール、フェイスブックも含め頻繁に使っていました。電車の待ち時間などちょっとした隙間時間はほぼiPhoneでチェックしていたし、朝起きてまずやっていたのはiPhoneの起動でした。家に帰宅した後もそうですね。

今思えばほとんど中毒と言える状態で、何がそうさせていたかと考えると「リアルタイムに常に情報に接触していたい」という欲求があったからだと思っています。ツイッターがまさにそうだし、ツイッターほどのリアルタイム性ではないですがRSSも含め、アプリを起動すれば常に最新の情報があり、今何が起きているかのリアルタイム情報をまるでシャワーのように浴びていた感じ。朝起きてツイッターを見ると自分が寝ていた間の特に海外の新着情報がたくさんあったし、仕事が終わってからや帰宅後にチェックすればその日の出来事や今何が起こっているかがほぼリアルタイムで入ってきました。リアルタイムウェブ中毒状態です。

でも、ふと思ったんですよね。これって本当に自分がやるべきことなのか、本当に必要なことなのか、と。試しに一日あたりどれくらい時間を使っているのかをグーグルカレンダーに記録してみたら自分の思っていた以上でした。隙間時間でも積み上げると結構な時間。これが一日だけならまだしもほぼ毎日なので、1ヶ月や年間にすると相当な時間に当たります。自分の結論として、無理矢理にでもネット、特にリアルタイムウェブへの接触時間を減らし、代わりにその時間に例えば朝の出勤までは本を読んだり、仕事や勉強したり、夜に家に帰った後はあえてiPhoneは全く使わずリラックスできたりと、自分の生活が変わりました。(さらっと書いてますが、相当変わりました)

■「ネット・バカ」で書かれたネットが引き起こす注意力散漫への警鐘

ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること「リアルタイムウェブ中毒」で考えさせられるのが「ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること」という本で書かれていたことです。この本の主題は、ネットを当たり前のように使うようなり人間の脳に変化が起こっている、具体的には脳が注意力散漫になることへの警鐘です。注意力散漫になるとは逆に言えば1つのことに長く集中できないという状態。頻繁にツイッターを見る、RSSをチェックする、メッセージ受信のアラートで作業を中断しメールを確認する。この回数/頻度が多いほどそれ以外のことを長くやり続けることが困難になります。

「ネット・バカ」という邦題にやや違和感はありますが、原題は「THE SHALLOWS What the Internet Is Doing to Our Brains」。Shallowは浅瀬という意味で、自分の解釈としては、深い集中ができないことを指していると思っています。本書の中で著者がこの本を執筆するにあたり、あえてネット環境が整っていないコロラド山中に引越し、携帯電話が通じず、ネット回線スピードが遅い状況に身を置いたことを書いています。ツイッターのアカウントをキャンセルし、フェイスブックを休止、RSSをシャットダウンしスカイプもほとんどやらずに、メールのチェック頻度も少なくしたそうです。当初は苦痛どころではないと相当苦労した様子が伺えますが、新しい環境に慣れるに従い1つのことへの集中力が増し、執筆活動が大いに進んだとのこと。

このエピソードはなかなか考えされるものです。自分の場合はさすがに山中に引越すことはしませんが、ネットに常時接続しているリアルタイムウェブ中毒状況から脱したほうがよいと思ったのは前述の通りです。今思えばリアルタイムウェブ中毒とは注意力散漫な状態そのものでした。結果、積み上げると結構な時間を費やしている。その時間全てを浪費したとは思っていませんが、使ってた時間は無視できない量でした。だから、リアルタイムウェブと距離を置いたことで時間が確保できたことが大きいと思っています。

■集中と注意力散漫の二兎を追う

とはいえ、じゃあネットを使わない生活に戻れるかというとそれはもはや不可能でしょう。ネットにはメリットとデメリットがあり、リアルタイムウェブ中毒はデメリットのほうに置きましたが、それでもメリットのほうが大きいからです。

自分の生活で変えたことはネットから意図的に離れる時間をつくることでした。そうすることで確かに注意力散漫だった状態が変わったと感じます。自分の脳のあるスイッチがオフになったような感じ。ここで言うオン/オフというのは、常時ネット接続のオンかオフかでもあり、注意力散漫か1つのことに集中できているかも指しています。

あらためて思うのが、注意力散漫な状態がいつもダメかというと、そうでもないことです。「ネット・バカ」での著者の指摘で興味深かったのが、「歴史のほとんどの期間で人間の脳は注意散漫な状態であった」というもの。他の動物同様に、不意に敵に襲われたり、近くにある食料を見落とさないようにするため、つまり生存のためです。もともと脳は1つのことに集中するよりも注意力散漫な状態のほうが自然なのです。それが人間社会が発達するにつれて基本的な身の安全は保証されるようになり、本などから文字情報を獲得するなど1つのことへの集中力が必要になっていたと理解しています。

注意力散漫な状態をダメなわけではないとさっき書いたのは、ボジティブに捉えれば思いもよらない斬新な新しいアイデアが生まれることにつながるかもしれません。新しい考えやアイデアはそれを考えている時よりも、別のことを考えていたり行なっていた時に、ふと思いついたりするものです。

ネットとのつきあい方の現時点での自分の考えは、ツイッターなどのリアルタイムウェブのメリット/デメリット、注意力散漫になることへのプラスとマイナスを意識し、なるべくメリットを大きくすること。そのためにやっているのが意図的にネットから離れる時間をつくることです。集中と注意力散漫の二兎をあえて追ってみることにしています。


※参考情報
リアルタイムウェブとチェックインの可能性を考える|思考の整理日記


ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること
ニコラス・G・カー
青土社
売り上げランキング: 17726

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...