2012/10/20

裸踊りと桃太郎から考えるリーダーシップ論


Free Image on Pixabay


最近リーダーについて考える機会があったのですが、あらためて思ったのは 「リーダーとは結果論」 だということです。

リーダーは英語では leader と書きます。何かをリードする、誰かをリードするという意味です。リーダーする人とリードされる人はセットです。リーダーが成立するのは、リーダーについていく人がいる必要があります。


1人のバカをリーダーへと変えるのは最初のフォロワーである


リーダーとフォロワーの関係を的確に説明するプレゼンがあります。

TED の 「How to start a movement (社会運動はどうやって起こすか) 」 です。実際にプレゼンの様子を見てもらうとわかりやすいです。3分ほどのプレゼンでリーダーとフォロワーについて紹介されています。

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」 |TED


プレゼン内容を一言でまとめると、「最初のフォロワーの存在が1人のバカをリーダーへと変える」 です。

プレゼン内で紹介される動画では、野外である男性が上半身裸で1人踊っているシーンから始まります。傍から見ればクレイジーな人にしか見えません。

ある時、別の1人がダンスに加わります。これがターニングポイントです。

次第にダンス参加者が増えていき、途中からは我先にと次々に人々が踊りの輪に参加していきます。始めは1人で踊っていたところに、フォロワーがついた結果、裸踊りを始めた男性はリーダーになったのです。まさに 「リーダーとは結果論」 です。


桃太郎に見るリーダーとフォロワー


後にリーダーとなる立場でも行動開始した時点では1人で、その後にフォロワーがつくとリーダーになります。リーダーとフォロワーの視点で興味深いのは、おとぎ話の桃太郎です。

桃太郎のあらすじは、桃太郎は人々を苦しめる鬼ヶ島の鬼を退治するために旅立ち、途中で出会う犬・猿・きじを仲間にします。鬼ヶ島の鬼を退治し、桃太郎は鬼たちが人々から奪っていた財宝を持ち帰り、おじいさんとおばあさんと幸せに暮らすというおとぎ話です。

鬼退治に出かけると決意した時点では、桃太郎はまだリーダーではありませんでした。その後、鬼退治をするという桃太郎の思いと、キビ団子というインセンティブもあり、イヌ・サル・キジというフォロワーが生まれました。

桃太郎は、鬼退治という共通の目標に向かって2匹と1羽を先導するリーダーになったのです。


リーダーシップに求められる3つのこと


ここからは、どうやってリーダーシップを身につけていけばよいかです。リーダーに求められる要素は3つです。

  • 構想力
  • 決断力
  • 人間力

以下、それぞれをご説明します。


構想力

リーダーとは目標やゴールという未来に向けて先導する人。いかに未来という夢を、なるべく鮮明に、具体的なイメージとして描けるかが大事。未来を絵にするためには、その未来が自分の中で見えていないといけない。他の人には見えていないものがリーダーとなる人には見えている必要がある。

描いた絵を自分だけで終わらせずに、人々に示し、語ること。人々にはまだ見えていない、まだ気づいていない未来なので、始めは受け入れられない。始めは単なるバカに映ることもあり得る。

大事なのが 「最初のフォロワーの存在が1人のバカをリーダーへと変える」 。未来を示し続け共感してくれるフォロワーが生まれれば、1人の夢が皆の夢になる。この瞬間にその人はリーダーになる。


決断力

誰が考えても答えが1つしかないような場合はリーダーは特に不要。答えのない状況こそ、リーダーが必要になる。

大事な決断を迫られる場面では、A か B で甲乙つけがたいもの。50 : 50 なものを 51 : 49 にして決断できるかが問われる。トレードオフで、選ばない選択肢をいかに捨てられるか。どれだけ腹をくくれるかがリーダーには求められる。


人間力

リーダーとはフォロワーという存在がいてはじめて成立する。フォロワーの立場から見て、この人ならついて行っても良いと思える魅力があるか。魅力的な人間であることもリーダーの大事な要素。どこか人を惹きつける魅力があるなど、リーダーシップとは人間力である。

人間力と一言で言っても多様で、未来を語ること自体が魅力的に映る、始めに起こした行動がフォロワーを惹きつける、大事な場面での決断や責任感、人々を明るくさせるユーモア、うそをつかない誠実な態度。


最後に


リーダーシップとは、プロセスで3段階に分けることができます。

  • 行動を起こすという自分自身をリードする
  • 次にフォロワーとなる人を巻き込んでいく
  • 最後に共感してくれたみんなを未来に導いていく

大事なのは、まずは自分で第一歩を踏み出す少しの勇気です。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)