ラベル リーダーシップ/マネジメント の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル リーダーシップ/マネジメント の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018/12/08

合わない上司との向き合い方を考える


Free Image on Pixabay


今回は、自分と合わない人で、それでも関係上は人間関係を切れない人とどう向き合うかです。

例えば、会社での上司が自分と合わない場合に、どう考えればよいかです。

エントリー内容です。

  • 前提は他人を直接変えられない
  • 「合わない」 とは具体的にどういうことかを言語化する
  • 自分ができること・コントロールできること

2018/12/06

マネジメントの4つの視点 (Why, What, How, Who) 。組織、個人、プロダクトをマネジメントから考察


Free Image on Pixabay


今回は、マネジメントについてです。マネジメントの本質は何かを考えます。

エントリー内容です。

  • 組織マネジメントの全体像 (Why, What, How, Who)
  • 個人のレベルにも当てはまる
  • プロダクトマネジメントに見る4つのマネジメント

2018/11/27

学習する組織で大切な 「共有ビジョン」 。共有ビジョンの創られ方と存在意義


Free Image on Pixabay


組織における 「共有ビジョン」 について書いています。

エントリー内容です。

  • 共有ビジョンとは。共有ビジョンの創られ方
  • 自分ごと化されているか
  • 思ったこと

2018/11/23

スタートアップ起業の最初の成長の壁。30人を超えたあたりからやるべき Why, What, Who


Free Image on Pixabay


会社を辞めフリーランスとして独立してからは、いくつかのベンチャー企業の事業支援を仕事にしています。自分から見てスタートアップだと思う会社で働いています。

今回は、スタートアップ企業が人数規模を拡大する中で、最初に起こる規模拡大の壁について考えています。

エントリー内容です。

  • 起業当初の 「やること」
  • 規模が大きくなると顕在化すること
  • Why, What, Who の前提をそろえる

2018/11/22

ティール組織の拠り所は 「存在目的」 。ビジョンとミッションからティール組織を考える


Free Image on Pixabay


ビジネスにおける組織についてです。ティール組織を考えています。

エントリー内容です。

  • ティール組織とは
  • 3つのキーワード (存在目的・全体性・自主経営)
  • 思ったこと

2018/11/21

サーバントリーダーシップの10の特性。スタートアップの事業支援を仕事にするために目指したいリーダー像


Free Image on Pixabay


今回は、リーダーシップを考えます。具体的には、サーバントリーダーシップについてです。

エントリー内容です。

  • サーバントリーダーシップ
  • 思ったこと (スタートアップ事業支援の観点で)
  • 提唱者の言葉

2018/11/18

プロジェクトやプロダクトマネジメントでは、どれだけ 「No」 と言えるか。No のための判断基準を考える


Free Image on Pixabay


プロジェクトやプロダクト開発のマネジメントについてです。

マネジメントで私が大切にしたいと考えている、「どれだけ "No" と言えるか」 を書いています。

エントリー内容です。

  • 全体最適のための "No"
  • No を決断できる判断基準があるか
  • 「多長根」 を判断基準にする

2018/11/17

リーダーに求められる能力とは何か。リーダーシップへの私見 (3つの力)


Free Image on Pixabay


リーダーシップについてです。特にイノベーションを起こすような組織に必要なのは、どのようなリーダーかを考えています。

エントリー内容です。

  • 知創リーダーの6つの能力
  • 6つの能力で思ったこと
  • 自分が思うリーダーに必要な能力 (3つ)

2018/11/15

イノベーション創発になぜ 「組織の多様性」 が良いのかの考察


Free Image on Pixabay


組織でイノベーションを起こすためには、「多様性が大事」 と言われます。今回はイノベーションのために、なぜ多様性のある組織が求められるのかを考えます。

エントリー内容です。

  •  「新しい知を創る場」 になる条件
  • イノベーションとは 「未来の当たり前を創ること」
  • 多様性とイノベーションの創発

2018/11/03

仕事の会議で、ホワイトボードを有効に使う方法


Free Image on Pixabay


今回は、仕事でのミーティングで、会議室のホワイトボードを使う効用を書いています。

ミーティングをより良くするために、ホワイトボードの効果的な使い方をご紹介します。

エントリー内容です。

  • 勉強会で、ホワイトボードが議論を盛り上げてくれた話
  • 新しい使い方への気づき
  • まとめ (ホワイトボードの効用と有効な使い方)

2018/11/02

イノベーションを起こす組織とは。イノベーションを生み出す組織が持つ 「価値基準」 は、どのように組織に浸透するか


Free Image on Pixabay


今回は、イノベーションと組織について書いています。

 「イノベーションのジレンマ」 を唱えたクリステンセンの理論から、イノベーションを起こすための組織をどのようにつくるかを考えます。

今回のキーワードは 「価値基準」 です。

エントリー内容です。

  • 組織の実行力を規定する3つの要因
  • 価値基準の組織への浸透。創業期と成熟期の違い
  • まとめ

2018/10/26

経験則ではなく科学的に 「子どものいじめ問題」 を解決する BE A HERO プロジェクト。メソッドが科学的かはさておき、考えさせられたこと


Free Image on Pixabay


子どもたちのいじめを、科学で解決することを目指すプロジェクト 「BE A HERO」 を紹介する以下の記事を読みました。

参考: 「いじめは科学で解決できる」 岩隈久志投手が発起人のいじめ撲滅プロジェクト "BE A HERO"


今回は、この記事を読んで思ったことを書いています。

エントリー内容です。

  • 深刻ないじめが起こる要因
  • いじめ傍観者が動けば、いじめ行動が止まる
  • 思ったこと (4つ)

2018/10/24

Who と Why を重視する勉強会。コミュニティ活性化の視点で考えたこと


Free Image on Pixabay


先日、前職の元同僚が主幹の少人数勉強会に参加しました。勉強会の方針や運営が興味深かったので、思ったことを書いています。

ユーザーグループやコミュニティを、どうすれば活性化できるかという視点で考えています。

エントリー内容です。

  • 勉強会の方針。Why と Who から始める勉強会
  • What と How では続かない理由
  • コミュニティが活性化する条件

2018/10/17

新規プロジェクトを成功に導くカギは 「心理的安全性」 。心理的安全性を高めるキックオフの方法


Free Image on Pixabay


ビジネスでのプロジェクトについてです。

プロジェクトを立ち上げ、新規プロジェクトのメンバーが始めて一堂に会するキックオフで、何をすれば成功するプロジェクトにできるかを考えます。

エントリー内容です。

  • チームのパフォーマンスを高くするカギは 「心理的安全性」
  • プロジェクトを成功させるためのキックオフの方法
  • 心理的安全性を高める雑談やお菓子の効果

2018/10/09

意味のある会議にするためのファシリテーション方法。発言を引き出し、自然な対話から、納得感のある合意形成をするために


Free Image on Pixabay


会議についてです。

参加者同士で活発な発言があり、時間内に結論が出るような、やってよかったと思える会議にするために、どうすればよいかを考えます。

エントリー内容です。

  • 会議の定義と役割
  • 意味のある会議にするためのファシリテーション方法
  • まとめ

2018/10/02

組織の本質は何か。強い組織になるための前提と条件を考える


Free Image on Pixabay


ビジネスの企業組織についてです。

エントリー内容です。

  • 組織とは何か
  • 組織の前提となる考え方
  • 強い組織の条件 (7つ)

2018/09/21

優秀なファシリテーターに共通する5つの特徴。共通するのは 「共創」 の姿勢


Free Image on Pixabay


仕事での会議のファシリテーションについてです。

優秀なファシリテーターに共通する特徴をご紹介します。


優秀なファシリテーターの共通点


自分の経験から、ファシリテーションが上手い人の特徴は、次の通りです。

  • 目的とゴールイメージが明確
  • 異なるアイデアや意見を歓迎する
  • アイデアの発散と収束をコントロールする
  • ホワイトボードで整理と見える化をする
  • 視点・視野・視座を意図的に変える。質問でアイデアを引き出す

以下、それぞれについて解説します。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


複数のスタートアップ支援に従事。経営や事業戦略、プロダクトマネジメント、マーケティングのコンサルティング及びメンター。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn をご覧ください) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝のランニング。

内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。