2012/06/23

今一番欲しいSPIDERから考える「TVの次の50年」

少なくとも現在の家電メーカーがつくるテレビの方向性は、高画質化と3D対応だと思っています。これはイシューとしては、「よりきれいな(高画質)、よりリアルな(3D)映像をユーザーに提供するか」であり、(認識があるかどうかは別にして)テレビの画面はまだきれい/リアルではないという問題を解決しようとするものです。

■現在のTVの方向性はイシューがずれている

果たしてこのイシューの立て方は正しいのでしょうか?ユーザーは現在のテレビ画面の美しさに不満を持っているのかという問いですが、少なくとも私自身はさらにきれいになるテレビ画面にはもはや魅力を感じません。課題設定がずれていると思っています。

例えばYouTubeやTEDなどの動画は画面のきれいさだけをTVと比べると、勝負にならないくらいTVの圧勝です。それでもTEDは見ていていておもしろいし、英語やプレゼンの勉強にもなります。YouTubeのバスケやサッカーのゴールシーンを集めたもの、音楽やプロモーションビデオ、海外のCMなども見ていて楽しいもの。つまり、魅力なのは映像の中身であって、画質ではない。だからこれからのテレビのイシューとしては、「いかにおもしろい映像/番組に出会えるユーザー体験を提供するか」だと思います。

■今一番欲しいモノかもしれないSPIDER

このイシューに挑戦しているのが、ベンチャー企業であるPTPが開発しているSPIDERという商品。SPIDERは一言で言えば全録ができるハードディスクレコーダーで、特徴をごく簡単に挙げると、
  • 最新の1週間の番組を全て自動録画。放送後の見たかった番組も後から自由に見られる
  • 検索機能が充実。おもしろい番組をシェアできるソーシャル性にも注力
  • 使い勝手のよいリモコンなど、ユーザーインターフェイスを重視

スパイダーは法人向けと個人向けの2つがあり(上の画像は法人向けのSPIDER PRO)、地デジ対応版はまだ法人のみしか出していません。個人向けが発売されたら買いたいと思っていたのですが、待ちきれず結局は他社のレコーダーを買いました。もし今後、個人向けのスパイダーが出たらおそらく今のやつから買い替えをするはず。今最も欲しいものがスパイダーと言ってもいいくらい魅力を感じています。なぜかと言うとスパイダーには他のレコーダーにはなく、そもそものテレビ視聴体験を大きく変える可能性が期待できるからです。

■SPIDERの本質

SPIDERを放送された番組を全て録画する「全録レコーダー」としか見ないと、SPIDERが持つ可能性、そして本質を見誤ると思っています。ではスパイダーの本質は何か。それは番組/CMのインデックス化と、検索やソーシャル機能による新たな発見です。

後者について書いてみます(前者は主に検索のための番組情報データ整理で、ネットの世界でグーグルがやっていることをテレビでもやろうとするもの。これはこれですごいことをやろうとしているのですが、詳細は長くなるので割愛。詳しくはこちらの記事にあります)。

スパイダーを開発しているPTP社長の有吉氏によれば、単に全録機能だけを提供しても結局見るのは普段視聴している番組しか見ないそうです。これは同社が2年間に渡って一般家庭モニターで行なった実験結果データからで、放送された番組を全て保存しておく全録でも、結局は知っているものしか見ない「予約録画」とあまり変わらない。

だからスパイダーが目指すのは使いやすい検索機能と、ソーシャルによる自分が知らなかった番組の提供です。根底には「TVがつまらない」ではなく、「おもしろいTV番組/CMに出会っていないだけ」という考え方がある。

全録って、たくさんハードディスクを積んで、たくさんチューナーを積めば、家電メーカーであればできてしまうコンセプトです。前出の有吉氏は、「全録」に懸けているのは5%くらいで、残り95%はどうやって番組やCMを楽しく見ようか、どうやって面白いものに出会おうか、どうやったら友達や著名人のおすすめ番組を見ることができるかの実現を重視していると言います。新しい発見や埋もれている番組・CMとどうマッチさせていくか、そこばかり考えているそうです。

SPIDERの目標は「テレビの次の50年をつくる」とのこと。このビジョンがすばらしいと思います。当ブログでも何回か書いていますが、テレビが世の中に出て、その後にユーザー体験を大きく変えたのはビデオの登場だと思っています。番組を録画し自分の見たいタイミングで自由に見られる。これって結構大きなことです。

テレビ番組やCMは基本テレビ局の都合で番組表が組まれ、その通りに流すだけという構図なので、視聴者はその時間に合わせてテレビをつける必要があります。この仕組みは今も基本的には変わらない。よく考えるとユーザー視点とは逆のあり方で、見たいならその時間にテレビつけてねという発想で、無理なら自分で録画してよという考え方。だからビデオの登場はユーザー体験を変えたと思います。

ビデオ登場後、DVDだったりブルーレイや、地デジによる高画質なデジタル映像、3Dテレビの登場もありますが、どれも過去の延長線でしかありません。ビデオ以来のイノベーションを期待するとしたら、「いかにおもしろい映像/番組に出会えるユーザー体験を提供するか」というイシューなのです。

■本当の意味での「通信と放送の融合」「テレビのネット化」とは

ここまでスパイダーの魅力を書いてきましたが、スパイダーが現在やろうとしていることも、本来のあるべき姿から逆算するとちょっとまだ違う点もあったりすると思っています。

スパイダーの仕組みは、1週間くらいの全放送番組を自動で保存しておき(全録)、それを使い勝手に優れた検索やリモコン、ソーシャルサービスで「新たな番組との出会い」を提供しようとするもの。ただ、例えば1000人がスパイダーを使うとすると、1週間の放送データが1000人分それぞれのスパイダー内に記録されることにます。全体で見ると無駄が発生しているように見えます。つまり全員が全録することでデータの重複が生まれる。

もし、これが中央に1つの全データがあって、それを各自が読みに行くという構図であれば、もっとシンプルになるように思っています。発想はクラウドコンピューティングと同じで、各端末のローカル内にデータを置いておくのではなく、中央のクラウドにつなげるというもの。これがテレビでもできれば理想ではないでしょうか。そうすれば、1週間という限られた期間ではなく、過去全ての番組が用意されており、それを検索やソーシャルからフィルターされ、自分が見たい番組、知らなかった新しいコンテンツの発見につながる。TV番組放映開始から50年以上の全ての番組/CMが中央にあり、それを自由に見られる。これがあるべき姿で、今のスパイダーとは違っている点。

このへんは素人の発想なので、現実的にそれをやろうとするといくつもの技術的・コスト・政治的なハードルがあるのでしょう。ただ、ネットの世界ではこのあるべき姿がすでに実現しています。100%完璧ではないですが、それでもネットが便利なのはこの点にある。同じことがテレビの世界でもできる時、本当の意味での「通信と放送の融合」「テレビのネット化」が実現すると思っています。


※参考情報

テレビが進化する可能性を追う!日本の閉鎖的な放送業界を揺り動かす「SPIDER」のさらなるチャレンジ|現代ビジネス
便利になるテレビへの想い-「全録ブーム」からの離脱宣言- 株式会社PTP 代表取締役 有吉昌康|株式会社PTP
2011年、SPIDERが変えるテレビの「未来」と「可能性」|現代ビジネス
「ソーシャル」こそが再びテレビを甦らせる|現代ビジネス
これからのテレビは多様な視聴スタイルになってほしい |思考の整理日記


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...