2012/08/25

Leap:優れたユーザーインターフェイスの1つの未来

「このテクノロジーはいいね」と思ったものがあったのでご紹介。百聞は一見にしかずということで、まずは動画をご覧ください。


Introducing the Leap|YouTube

米Leap Motionが開発した小型のモーションコントローラー:Leap(リープ)。特徴はキーボードやマウスを一切使わずに、指先や手の動きでコンピュータを操作することができること。空間上での操作がそのままディスプレイに反映される感じで、地図の拡大/縮小、画像の回転、指先やペンを使って細かい入力もできる。Leap Motionによると、精度は既存のものより200倍、100分の1ミリの動きをも認識するそう。(参考:LEAP (About)

技術的にもすごいと思うわけですが、秀逸なのはLeapの価格。Leapのサイトでは70ドルとあります。今のドル円換算で5,500円くらい。こういう新しい技術が使われた端末やデバイスは価格が高く、特に量産効果が期待できないリリース直後はなおさらだったりします。でも5,500円という価格設定は、イノベーターやアーリーアダプター層以外でもちょっと試してみたいと思わせる印象です。それくらい価格のハードルが低い。


■資料作成と操作性

冒頭で「このテクノロジーいい」と書きましたが、Leapの紹介動画を見ているだけでも可能性は色々と広がると思います。何かを操作する時に、どれだけ使いやすいかのユーザーインターフェイスって重要なんですよね。

例えば、プレゼン資料を作成する場合、最終的にはパワーポイントとかキーノートを使います。よくよく考えるとパワーポイントの操作性って全然非効率。特に図解などのチャートを入れる時をパワーポイント上で描くのと、紙やホワイトボードで描くのとでは作りやすさが違います。同じマトリクス図でもノートなら10秒でできるものも、PC上でそれをつくろうとすると1分とか、ついつい細かい図の調整までやってしまうと5分、10分とか平気でかかります。

普段は当たり前のようにパワーポイントでつくっていますが、このような無駄な時間は積みあがると結構な時間だと思っています。なぜこのようなことが起こるかと言うと、ユーザーインターフェイスが悪いから。パワーポイントの操作性やマウスとキーボードを使うという今のPCの主流である操作設計がそもそもよくない(もちろん、考えていることが頭の中で整理しきれていなく、図にしようとするとうまく描けないという問題もありますが)。ここが資料作成のボトルネックとなってしまっているんですよね。

ちなみに、パワーポイントで企画書とか報告書・プレゼン資料を作る時は、なるべく全体の構成を一度紙に書いて全体像のイメージを把握してからパワーポイントを使うようにしています。いきなりPCに向かってパワーポイントから入ってしまうと細かいことが気になり操作してしまい、全体ストーリー構成よりも枝葉ばかりの作り込みになってしまいます。もし、ノートに書くくらいの手軽さで、かつ手書きよりも洗練された図がPC上に作れる/調整してくれるような新しいインターフェイスがあればどうでしょうか。資料作成に使っていた「作業」時間が減り、その分を構成やストーリー・結論や提案を考えたりと「思考」時間にできるのです。

■二次元操作のタッチパネルと三次元操作のLeap

モバイルの世界ではボタンがたくさんあった従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)から、タッチパネル操作を前提とするスマートフォンが少しずつ主流になっています。(とはいえ日本の普及率はまだ5割いってないと思いますが)

タッチパネルは直観的操作の代表的な例ですが、それでもまだ本当の直感的なレベルには達していないと思います。タッチパネルという名前の通り、画面に触れることで操作ができる仕組みですが、これは画面は二次元なので操作も二次元の範囲を基本超えることはありません。一部にシェイクしたり傾けたりとありますが、タッチパネル操作は二次元の範囲。それに比べて普段の私たちの動作は三次元の世界なので、二次元と三次元の差の分だけタッチパネルの操作性は「直感的ではない」んですよね。

今回紹介しているLeapは、画面にタッチは必要なく空間上の動作をデバイスが高精度で認識するものです。つまり三次元の操作が反映される。動画を見ただけで実際にLeapを使ったことはありませんが、それでもより直感的な操作ができる印象です。

タッチパネルと違って画面に触れる必要がないメリットはたくさんあります。画面を触れるということはその分画面上は不衛生になりがちですが、空間上の動作だけでよいので例えば医療現場なんかでは重宝されるのではないでしょうか。

■優れたユーザーインターフェイスには「おもてなしの心」がある

ユーザーインターフェイス(UI)というのは、人とデバイスをつなぐものです。ここが使いやすいデザインになっているかどうかが、そのままボトルネックになると思います。何かを操作する時に、直感的な操作=なるべくユーザーに使い方を考えさせないこと、だと思っていて、UIの作り手側からすると結局のところはユーザーへの「おもてなしの心」をいかに考え、提供できるかではないでしょうか。

Leapは手や指の動作からの入力、これ以外にも音声認識があり、今後は表情認識からの入力もできるようになるかもしれません。いかに人間の自然な動作がユーザーインターフェイスになるか、昨日もPCでの資料作成に思った以上に時間をかけてしまったこともあり、今後のテクノロジー発展に期待しています。


※参考情報

Leap Motion
LEAP (About)
小型モーションコントローラー「リープ」、米ベンチャーが発表|日本経済新聞(2012.5.22)
Introducing the Leap|YouTube
Controlling Computers With Hand Motion|WSJ Live

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...