2014/05/10

ファイナルファンタジー6と情報社会

ちょっと前までハマっていたのは、FINAL FANTASY 6 (FF6)でした。

子どもの頃にスーファミ版ではやったことがあったのですが、スマホ版でも発売されているのを知り、懐かしさもあってやり込んでいました。FFのアプリをダウンロードし、スマホで手軽に遊べるというのが、当時のスーファミ時代と比べると、色々と時代の変化を感じておもしろかったです。

実感としてあらためて思ったのは、インターネットがない時代とある時代の違いでした。

ゲームの攻略や各種アイテムの説明、マニアックな情報など、検索することですぐに出てきます。ゲームを進める中でわからなくなったことは、その場で検索すれば情報が得られました。

実は途中までは攻略情報などに頼らずに進めていましたが、すぐに方針を変えました。自力だけだと無駄に時間がかかるわけです。自力というのは、ストーリーを進める手がかりはゲーム内の「街の人」に話を聞くことが中心になるのですが、あまりに効率が悪いと思ってしまったわけです。

もう1つは、攻略情報を参考にすることで、レベル上げの作業もほとんどする必要はなくなりました。

思えば、ネットがない子どもの頃は、参考情報が限られていました。ゲームでどう進めてよいかわからない時は、まわりの友だちに聞いたり、それでもわからない時はゲーム内でなんとか情報を集めるとかくらい

本屋さんに行けば攻略本があったりしましたが、「おこづかいは1ヶ月1000円ね」みたいな財布事情だったので、安易に手を出せなかった記憶があります。

そんな牧歌的な時代とあらためて比べると、その場ですぐにネット上で検索し、必要な情報が手に入る時代なんだなと。ネットで検索する、それも手元のスマホで一瞬にして情報が得られるのが当たり前になっていますが、その「当たり前」がFF6をもう1度遊ぶことであらためて実感できました。

今回のFF6の遊び方は、レベル上げなどはせずにネットの情報を最大限に活用し、いかにサクッと遊びきるか、みたいな感じでした。FF6の検索を繰り返すことで、ゲーム内のことも少し詳しくなった気はします(クリアした途端に忘却されていますが)。

当時、攻略するに苦戦したダンジョンやボスも、必要な情報を集めればレベルが十分でなくても、倒せるんだなとか。昔遊んだ記憶がよみがえってきて、懐かしかったです。

1800円とアプリにしては高額でしたが、十分満足できるゲームでした。


ダウンロードはこちらから:
FINAL FANTASY VI | iTunes
FINAL FANTASY VI | Google Play





follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...