2014/09/07

Apple to Apple なリサーチのために

何か分析するとは、最もシンプルに言えば比較をすることです。

AさんとBさんを比べる、去年のAさんと今年のAさんを比較する、この時に大事だと思うのは、比べたいこと以外は比較対象において極力同じ条件にすることです。例えば、やや極端な例ですが、100mの記録を比較するのであれば、同じ男子100m走という競技をそろえて、同じ競技内で比較します。これがもし、100mの競歩も入れたり、水泳100mも含めて、なんて比較はしないでしょう。

100m短距離走という条件を同じにし、その中で誰が早いかを比較するわけです。こういうのをApple to Appleと表現することがあります。



リサーチの世界において、何かを比較する場合にどうやって比較対象を設計するかが、ここ最近は奥が深いなとあらためて思っています。ある睡眠薬の効果を検証するケースで書いてみます。

その睡眠薬の効果は、寝付きがよくなることだとします。効果検証の実験として、テストする睡眠薬を被験者に投与し、よく眠れたかどうかを検証します。簡単のため、検証方法はアンケート形式で被験者に答えてもらいます。

1. 同一対象者へのPre / Post

最もシンプルな方法は、睡眠薬を飲んでもらう前に通常の睡眠状態を答えてもらい、睡眠薬を飲んだ後に同じ睡眠に対する項目を答えてもらうやり方です。(同一対象者へのPre / Post形式)

睡眠薬投与の前と後に同じことを聞いているので、前後においてどのように睡眠状態が変わったかを比較します。

ただし、このやり方だと、睡眠薬を飲む前のアンケートに答えてもらうことで、自分の睡眠をあらためて振り返ってみるなどの「睡眠意識」が高まってしまい、睡眠薬投与にそれが影響を与えてしまう懸念があります。専門用語でアンケートバイアスと言います。

2. 別対象者へのPre / Post 

アンケートバイアスを除去するために考えられることとして、睡眠薬投与前後のアンケート回答者を別にするやり方があります。

テスト対象者の条件をなるべく等しくし、対象者たちを2つのグループにランダムに分けます。グループAには睡眠アンケートだけを実施(Preグループ)、グループBには睡眠薬を投与し、その後にアンケートを実施します(Postグループ)。

PreとPostグループで人を分けたことで、上記1にあったようなアンケートバイアスをなくすことができます。

3. 別対象者へのControl / Test グループ分け

さらに厳密にApple to Appleにするやり方があります。対象者たちをランダムに2グループに分け、グループAには偽薬(Controlグループ)、グループBには睡眠薬を投与します(Testグループ)。

グループAもBも、与えられる薬が何のためかを伏せて行ないます。これをやる意図は、薬のプラセボ効果を除去できることです。プラセボ効果とは、それを薬だと信じ込むことによって何らかの改善がみられる現象です。

上記2の方法との違いで、上記2では睡眠薬投与グループに効果があっても、それが実際の効果なのかプラセボ効果なのかを分解することが難しいですが、この方法であれば実際の効果かどうかを比較することができます。

もっと厳密にやるとすれば、被験者に薬を渡す担当者にすら、それが偽薬なのかホンモノの睡眠薬なのかどうかを伏せておけば、より安心です。担当者の渡し方で被験者に偽薬 or 睡眠薬なのかがバレないようにするためです。


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

最新エントリー

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...