2017/09/23

トレイシー・マグレディがバスケットボール殿堂入り (2017年) 。伝説の 「33秒13点」 を動画で楽しむ


Free Image on Pixabay


2017年9月1日 (日本時間2日) 、バスケットボール殿堂入りメンバーが発表されました。

今回殿堂入りを果たした11人に、トレイシー・マグレディが入っていました。マグレディは NBA 現役時代に、オールスターに7回選出され、得点王を2回獲得しています。


高い運動能力で圧巻のプレイ


全盛期のマグレディは、1対1のプレイに抜群の強さを見せました。

以下はマグレディのハイライト動画です。高い運動能力とバスケットボールのセンスの両方に優れたプレイは圧巻です。




伝説の 「33秒13点」


マグレディが残した特筆すべき得点記録は、2004年12月9日のサンアントニオ・スパーズ戦で見せた 「33秒13得点」 です。

マグレディ率いるヒューストン・ロケッツは、第4クォーターの試合残り40秒で、スコアは 68-76 と8点差で負けていました。ここから、マグレディの伝説が始まりました。

マグレディは3ポイントシュートを1本成功させます (残り35秒) 。

スパーズに2点を入れられますが、マグレディはファールを受けながら2本目の3ポイントシュートを決めます。シュート時に受けたファールから与えられたフリースロー1本と合わせて、4点を入れます (残り24秒) 。

スパーズにまたもや2点を決められた後、スローインでボールを受け取ったマグレディは、3本目の3ポイントシュートを成功させます (残り11秒) 。この時点でスコアは 78-80 の2点差まで詰め寄ります。

スパーズが直後のオフェンスでミスをし、ボールを拾ったマグレディはドリブルで攻め、残り1.7秒で4本目の3ポイントシュートを成功させたのです。ロケッツが 81-80 と逆転勝利を収めました。

時間にしてわずか33秒で、4本の3ポイントシュートと1本のフリースローで13点を記録したのです。

33秒13点の全てのプレイは、以下の動画で見られます。ぜひご覧ください。



最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にてマーケティングリサーチ マネージャー (LinkedIn) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身。学生時代は京都。家族4人で東京23区内に在住、2人の子どもの父親。気分転換は毎朝 8km のランニングとピアノ。

書いている内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。