2012/07/14

誰も幸せにしない「自分がやった方が早い病」を克服する仕事の任せ方

書籍「自分でやった方が早い病」

本書では「この仕事は自分でやってしまったほうが早い」と思い、いつの間にか色々と自分が抱えている状況を病と捉えます。

病と見なしたことの原因や治療法、そもそもなぜ克服しなければいけないのか、本当の仕事の任せ方や人の育て方も含め、指南してくれる本です。

「自分でやった方が早い」と考えてしまうことは誰しもがあるでしょう。

本書では特に仕事ができる人に多いとありますが、誰もが一度や二度はそう思ったことはあるはずです。

まわりや部下に任せてみたけど期待通りの結果にならない、返ってくるのが遅い、結局自分で修正したり二度手間だと思ううちに、任せるための説明している時間とかも合わせると、最初から自分でやったほうが早かった。そんな経験です。

「自分でやったほうが早い」と思う要因は大きくは2つあるといいます。

  • まわりよりも自分がデキてしまうから、自分でやったほうが早い
  • お願いするのが上手くなく任せるのも相手にも悪いと思ってしまい、自分でやったほう早い

本書のそもそもの出発点となる問題意識は、

  • 自分でやったほうが早いスタイルを続けていてもいずれ限界がくること
  • 単に成長が鈍化するだけでなく仕事を抱え込みすぎることで、いずれは心身に支障をきたしまわりにも迷惑かける恐れがある
  • たとえ自分一人で成功を収めたとしてもそれは本当に幸せな人生なのか

読みながら考えさせられたのは、本書は単にまわりに仕事を振るノウハウやテクニック的な話では終わらないことです。

なぜ「自分でやったほうが早い病」を克服しなければいけないのか。そのためにはどう考え方を変えていかなければならないのか。病を克服したあるべき姿(What)に対して、理由と(Why)マインドを変える処方箋(How)が書かれていた点にあります。

■ Why:なぜ「自分でやったほうが早い病」を克服しなければいけないのか

20台前半の仕事をとにかく覚える時期や転職後間もない時期などは、まずは自分でやるという姿勢は大切です。

自分でやってみて失敗もし、そこから学んでいくことで成長していくからです。

本書のターゲット層は、ビジネスパーソンとしてある程度は一人前になってきて、これからはリーダーだったりマネージャーの役割も担う人です。

著者は、リーダーにとって「自分でやったほうが早い」と思うことは失格と言います。

なぜならいつまでも1プレイヤーとしての一人分の仕事しかできない状態が続くからです。

自分が本来やるべきこと以外にも一人で抱え込むことは、まわりのメンバーも含めたチームの成長が望めないばかりか、リーダー自身の成長も止まってしまうからでもあります。

リーダーのまわりのメンバーからすれば、自分に仕事を任せてもらえない不満がたまっていきます。一方のリーダーは自分だけがこんなにがんばっているのに(しかし終わらない)、という悪循環にもつながりかねません。

この状態が続くと本人の精神/健康状態にも悪影響が及んでいきます。

■ How:どうやって克服するのか

「自分でやったほうが早い病」の根本には、利己主義があると著者である小倉広氏は言います。

いい仕事をしてほめられたい。結果/成果を出して上司やまわりから認められたい。

任せたくても相手に悪いと思うこともあり、仕事が多すぎて他の人に任せる余裕すらないという状況もあるでしょう。

ただし、それでも自分でやったほうが早いとつい考えてしまう状況は脱したほうがよいです。

私自身の場合は、今まではチームの中でわりと自分が一番下だったので雑務含めやってきたのが、今のプロジェクトでは後輩というか下のメンバーも少しずつ増えてきました。

また、全部自分一人でやっているととてもプロジェクトがまわらないという状況になってきました。

当初はまわりに仕事を振ってみても、期待するものでなかったり、スピード感が違ったりというのがあり、二度手間を考えると結局自分でやったほうがと思うこともよくありました。

本書にもあるようにこの状態では形としては仕事を振っているものの、本当に相手を信頼して任せているわけではないことに気づきました。

例えば期待値やスピード感がずれていたということは伝える側の自分にも理由があったわけです。時には同じことを繰り返してでも丁寧に伝える必要がありました。

本書で印象的だったことに、仕事を任せることの3つの勘違いがありました。

  • 「任せる」は失敗が前提
  • 「任せる」は「丸投げ」ではない
  • 他人に任せても楽にはならない

つまり、任せたとしても短期的には自分の仕事は減らないという前提で、それでも任せないといけないのです。

あるいは任せ方を色々試す時には失敗しながらも、任せる側の自分が成長しないといけないわけです。

任せることで信頼関係を築く。任された側の成長を促す。結局のところ「自分がやったほうが早い」から脱するためには、単に仕事を振るテクニックを知ることではありません。

自分だけの成長ではなくまわりの成長も一緒に考えるという、人としての成長が求められるのではないでしょうか。

詳細は割愛しますが、任せるためのマインドチェンジとして書かれていたものをご紹介します。

  • 任せるとは失敗させる権利を与えることである
  • 仕事と責任をセットにして任せる
  • 自分がではなく、まわり(部下)をヒーローにする
  • PDCAのうち計画と検証は一緒に、実行のみは一人でやってもらうことが仕事を任せること
  • 任せた後も、ティーチング(教える)とコーチング(自ら気づかせる)の両方から後方支援
  • 任せてもいい人の特徴:信頼性と責任感のある人

■ What:「自分でやったほうが早い病」を克服したあるべき姿

以前のエントリー:何のために働くか?-「働き方革命」を自分ごと化してみるで、ご紹介した「働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法」という本には、こんなことが書かれていました。

働くことは、傍(はた)を楽(らく)にすること。妻・子・家族・友・社会を全ての他者を楽にさせることが働くである。

これは著者である駒崎さんの考え方のベースとなっているものです。働くほど他者への貢献が増え、ひいては世の中が楽になる方向へシフトさせたいという意志です。

働くほど、自分やまわりを犠牲にすることとは逆の考え方です。

自分がやったほうが早いと考え抱え込むことで一見、他者を楽にさせているように映るかもしれません。それでリーダーが本来やるべきチームが進む方向性を示せなかったり、メンバーとの信頼性が築けず連携も悪くなる、あるいはリーダー自身の精神的/肉体的悪影響が出てしまっては、傍(はた)を楽(らく)にしている状態とは言えません。

「自分がやったほうが早い」と思うのは、デメリットの方が多く、はじめは任す・任される両方で失敗が予想できるからです。

しかし長い目で見れば、そこから素直に学びお互いが仕事を進める上でも人としても成長する。それが「自分でやったほうが早い病」を克服したあるべき姿です。




※参考情報
何のために働くか?-「働き方革命」を自分ごと化してみる|思考の整理日記


自分でやった方が早い病 (星海社新書)
小倉 広
講談社
売り上げランキング: 926


働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)
駒崎 弘樹
筑摩書房
売り上げランキング: 4895


最新エントリー

多田 翼 (書いた人)