2014/02/23

Shazam と YouTube を使って音楽で遊んでみた

PC で何かをする時、バックグラウンドミュージック(BGM)としてよく使っているのが YouTube です。

気に入っているのは、プロやセミプロの DJ の人が上げている動画です。動画(流れる曲)の合計は 1 時間くらいで、そのまま流しっぱなしにして聞いています。YouTube のレコメンドもそれなりに機能していて、ネットサーフィンをするような感じで気ままに聞いています。

たまに「この曲いい!」と思うものが流れるのですが、初めて聞く曲だと曲名すらわかりません。最近、Facebook 経由で、そういう時は音楽検索のアプリが使えるとわかり、Shazam というアプリを使ってみました。
(ダウンロードはこちらからどうぞ:iTunes, Google Play)

■音楽検索アプリの Shazam がおもしろい

Shazam の使い方はシンプルで、アプリに音楽を聞かせると、その曲名を検索結果として返してくれます。PC のスピーカーから音を流し、Shazam マイクを ON 状態でスマホをかざすとヒットします。ものの数秒で何の曲かがわかる。

これ、やってみるとなかなかおもしろい体験でした。

Shazam では曲がヒットすると、YouTube へのリンクを出しくれたり、iOS アプリであれば、iTunes へも行けるようになっています。

YouTube でその曲を聴けるようになっている UI はいいなと思いました。



ちなみに、Shazam どういう仕組みなのかを調べてみると、膨大な曲の情報が入ったデータベースを持っており、アプリで収集する音とデータベース内のデータとを照合して結果を返すようです。この音声認識の仕組みの肝は、①アプリ収集音声の特徴化、②照合用データベースの充実、③マッチング技術、にあると思いました。

■YouTube プレイリストは「アイデア」

お気に入りの曲だけど曲名がわからないものを Shazam で探してみましたが、そのほとんどは YouTube にありました。で、せっかくなので YouTube のプレイリストにしてみました。


House music track - YouTube

YouTube のプレイリストは馴染みがないかもしれませんが、お気に入りの動画をフォルダ保存しておくイメージです。YouTube にログインしている必要がありますが、YouTube 上の動画であれば自由にプレイリストが作れます。また、プレイリストは公開 / 非公開が選べるようになっています。

プレイリストをつくりながらおもしろかったのは、やっていることが自分で CD アルバムの編曲を作っているような感覚だったことです。

それぞれの曲は自分で作曲をしたわけでも、演奏したものでもありません。また各動画をコンテンツとして YouTube にアップロードしたわけでもない。それでも、誰かがつくり、誰かが動画にし、誰かがアップロードしたコンテンツを使い YouTube 上で自分のプレイリストをつくることで、プレイリスト自体は自分がつくったコンテンツになるのです。この感覚は新鮮でした。

ところで、名著「アイデアのつくり方」によれば、アイデアをつくるための原理は次のように書かれています。
アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない

YouTube のプレイリストも、「アイデア」の 1 つなんですよね。





最新エントリー

多田 翼 (書いた人)