2014/05/31

1日30分の語りかけ育児:親と子で真正面から向き合う時間

『0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児』という本で紹介されているのは、タイトルにもある「1日30分間の子どもへの語りかけ」。

お母さんが静かな環境で赤ちゃんの興味に沿って遊んだり、話しかけたりすることです。子どもの才能を最大限引き出せ、コミュニケーション能力を育むことができるとのこと。



この本は、ページ数が400を超えるボリュームです。0才〜4才までの月齢別に、子どもがどんな発育を見せ、何に興味を示し、また、それぞれの時期にどういう言葉を使うかまで、とても詳しく書かれています。それに対して、親として月齢ごとに赤ちゃんに何を語りかけるとよいか、どんな遊びがよいのかが紹介されています。

もともとはイギリスの本です。紹介コメントから引用すると、
イギリスで子供達の心と知能の発達に驚くべき効果が立証され、子供の言語能力&知能を確実に伸ばす方法としてイギリスの政府が推奨を決定しました。お母さんが自分にしっかり向き合ってくれる、という安心感を赤ちゃんに与えることで、赤ちゃんに意欲と自己肯定感を育てることができるため、親子の関係が良好になり、思春期の問題を未然に防ぐことができる、という面も指摘されています。

「1日30分の語りかけ育児」のポイントは、親と赤ちゃんとで真正面から向き合う時間をつくれるか、です。

一見すると親子の時間でも、親はスマホやテレビを見ながらだったりすることがあります。または音楽が流れていたりとか、子どもにとって親以外からの映像や音の刺激がたくさんあります。

「語りかけ育児」というのは、そういった親子以外の雑音をなるべく減らし、親子でのピュアなコミュニケーションをやってみましょう、親子水入らずの時間を1日に30分だけでもやりましょう、というメッセージです。

自分の娘(現在9ヶ月)を見ていてつくづく思うのは、親のことをよく見ているな、ということ。親が他事を考えている/やっていると、親が遊んでくれているように見えても、自分に注意が向いていないことはちゃんとわかっているようです。そういう時は決まって機嫌が悪くなります。

本当に子と親だけの時間をつくることが大切で、そのコミュニケーションを積み重ねることで子どもが成長する。親は、子どもが何に興味を示すかを観察し、しぐさ・表情・言葉でどんな感情を親に伝えようとしているのかを理解する。子どものほうも、親のそれを知ることでコミュニケーションが成立する。

親子のコミュニケーションには必ずしも必要ない外部刺激をシャットアウトすることで、お互いの注意が相手にちゃんと向きあう時間。そんな時間を1日に少しでも持てるようにしたいなと。




最新エントリー

多田 翼 (書いた人)