2010/04/29

iPhoneを買って実感したiPadの差別化

■まとめ

今回の記事のまとめです。

・ iPhoneの操作性や多様なアプリの存在は、優れた特徴だと思う
・ iPadも同様で、これまでのパソコンとは全く異なる利便性を持つ
・ 下記マトリクスから考えると、iPadは他の端末と差別化されている



■iPhoneで変わったこと

iPhoneを使い始めて何が変わったのか。まず実感しているのは次の2つだと思います。
・ 電車などちょっとした待ち時間を、有効に使える
・ ネット閲覧など、家でのPCを使う機会が減った

○待ち時間を有効に使える
iPhone以前は、2~3分程度の待ち時間をどう使うかは自分の中での課題でした。これを解決してくれそうなのがiPhoneです。例えば、3分以上であればブログ記事を、2分くらいならニュース記事、1分以下ならツイッターを、という感じで電車などの待ち時間があまり苦にならなくなりました。

○家でのPCを使う機会が減った
iPhone以前は、朝起きてまずPCを立ち上げていました。起動しても使えるまでには数分はかかっていましたが、それがiPhoneでは朝起きて10秒くらいなので布団の中でも使えます。これがPCだと机の前に座らなければいけませんが、寝ながらでも操作できる点は非常に便利です。



■パソコンと携帯電話

この寝ながらなどの自由な姿勢で利用できる点は、iPhoneの大きな特徴だと思います。同時にこの点は、iPadの強力な差別化ポイントになるのではないかと感じています。この理由を書く前に、まずはパソコンと携帯電話の位置づけを確認してみます。(図1)



パソコンを使うためにはキーボードやマウスを用います。よって、机などにパソコンを置きその前に座って(姿勢を正して)の操作をするのがふつうです。一方で携帯電話は、「携帯」できるような設計になっており、パソコンに比べて操作する姿勢の制約は小さいと思います。



パソコンと携帯電話それぞれをもう少し分解して見てみると、次のようになります。(図2)



パソコンでは、ノート型やネットブックと呼ばれるような「携帯」する要素が取り入れられています。逆に携帯電話はスマートフォンに象徴されるように、「パソコン」の要素が入ってきています。ボタンの配置がパソコンのキーボードのようになったり、本体自体がより大きくなっています。つまり、パソコンと携帯電話がお互いに近づきつつある、これがちょっと前までの個人的な印象でした。



■iPhoneのポジション

次に、iPhoneをこのマトリクスに当てはめてみます。(図3)




これまでに使ったことがあるスマートフォンは、キーボードがパソコンと同様であったために両手で使うことが前提となっているように感じました。しかしiPhoneは両手でも使えるし片手でも使えます。前述のように横になりながらでもそれほど苦もなく操作でき、かつ多くの便利なアプリが揃うなど、これらの点は非常に優れたiPhoneの特徴だと思います。



■iPadのポジション

さて、マトリクスを見て思ったことは、右上の象限に空いているということです。つまり、画面がパソコン並でかつiPhoneのようにより自由な姿勢で使える端末がないのです。ここに当てはまるのがiPadだと思います。(図4)



iPadの位置づけは、「ネットブックに代わる、新しいコンピューター」であり、コンセプトは「リビング向けのコンピューター」と言われています。今回、iPhoneを実際に使ってみたことで、この意味を少し実感できたように感じています。



以上の話をまとめてみます。

・ iPhoneの操作性や多様なアプリの存在は、優れた特徴だと思う
・ iPadも同様で、これまでのパソコンとは全く異なる利便性を持つ
・ 上記マトリクスから考えると、iPadは他の端末と差別化されている

日本でのiPadの発売は5月末のようです。個人的なマーケティングの勘からすると、iPadはかなりヒットするような気がしてます。



■最後に

とは言いつつも、iPadを発売後直後に買うかというと、ひとまず様子見になりそうです。理由は無線LANのインフラ性。iPhoneを買ってあらためて思いましたが、無線LANが使える環境はまだまだ十分とは言えないと思います。むしろ全然足りない。そうなると結局は携帯電話用の第3世代(3G)通信を使わざるをえず、通信速度に不満が残ります。また、携帯通信を使うということは、携帯電話キャリアがドコモなのかソフトバンクなのかというのも気になるところです。

いろんな意味で、1か月後の日本での発売が楽しみです。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にて 「シニア マーケティングリサーチ マネージャー」 (LinkedIn) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身。学生時代は京都。家族4人で東京23区内に在住、2人の子どもの父親。気分転換は毎朝1時間のランニング。

書いている内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。