ラベル マーケティング の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル マーケティング の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018/09/17

世の中の端から生まれる 「未来の当たり前」 。多くの人が気づいていない兆候から、変化の本質を見極められるか


Free Image on Pixabay


世の中の変化をどう見極めるかについてです。

キャズム理論と未来予測の方法から、今はまだ存在しない 「未来の当たり前」 を見い出すために、どうすればよいかを考えます。

エントリー内容です。

  • キャズム理論の両端に注目 (イノベーターとラガード)
  • 世の中の端から生まれる 「未来の当たり前」

2018/09/08

書評: 戦略インサイト - 新しい市場を切り拓く最強のマーケティング (桶谷功) 。インサイトはビジネスに活かしてこそ


Free Image on Pixabay


戦略インサイト - 新しい市場を切り拓く最強のマーケティング という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容。消費者インサイトとは
  • インサイトとプロポジションをセットで。ブランド戦略のための 「ブランドフルーツ」
  • 読んで思ったこと (2つ)

2018/09/07

共感を呼ぶための PR 戦略のつくり方


Free Image on Pixabay


PR についてです。ビジネスでの PR 戦略をどのようにつくるかを考えます。

エントリー内容です。

  • 「伝えたい」 と 「知りたい」 を一致させる
  • 共感を呼ぶ PR 戦略のつくり方

2018/09/06

マーケティングのペルソナの効用、設定と活用の注意点。哲学からペルソナの役割を掘り下げる


Free Image on Pixabay


マーケティングのペルソナについてです。良いペルソナの条件、使う際の注意点を書いています。

エントリー内容です。

  • 良いペルソナ、悪いペルソナ
  • ペルソナの注意点
  • 哲学の元来のペルソナの意味は 「お面」

2018/08/27

SWOT 分析の功罪から考える 「顧客視点での競合分析と対策」 を解説します


Free Image on Pixabay


競合分析について書いています。SWOT 分析をあらためて取り上げ、私がよく使う競合分析の方法をご紹介します。

エントリー内容です。

  • SWOT 分析の功罪
  • 顧客視点の競合分析
  • まとめ

2018/08/21

プロダクトマネージャーの役割。顧客の心を捉える製品をつくるために必要な考え方


Free Image on Pixabay


プロダクトマネジメントについてです。Inspired 顧客の心を捉える製品の創り方 という本から、プロダクトマネージャーの役割を考えます。



エントリー内容です。

  • プロダクトマネージャーの役割。開発前に考えるべきこと
  • ユーザーとの対話
  • プロダクトマネージャーにしかできない決断

2018/08/16

マーケティング戦略 「プロダクトフロー」 から考える、無料提供から価値をどう高めるか


Free Image on Pixabay


マーケティング戦略のフレームワークである 「プロダクトフロー」 をご紹介します。

プロダクトフローから、個人への示唆を考えます。自分の価値を高めるために、戦略的に何を無料で提供するかを書いています。

エントリー内容です。

  • プロダクトフロー (マーケティング戦略)
  • 個人にも当てはまるプロダクトフロー
  •  「あげる商品」 を深掘りする

2018/08/09

「消費者インサイトとは何か」 と 「インサイトをどう見い出すか」 を具体的に解説します


Free Image on Pixabay


マーケティングの 「消費者インサイト」 についてです。

エントリー内容です。

  • インサイトとは何か
  • インサイトではないもの
  • インサイトを見い出すために心がけること

2018/07/31

マーケティングを 「製品・市場戦略」 と捉えると、マーケティングの本質が見えてくる


Free Image on Pixabay


マーケティングについてです。マーケティングを 「製品・市場戦略」 と捉え、戦略と実行をどのように進めるかを考えます。

エントリー内容です。

  • マーケティングを 「製品・市場戦略」 と捉える
  • 製品・市場戦略の7つのステップ、思ったこと
  • マーケティングの本質

2018/07/23

[相談へのアドバイス] マーケティング戦略をどう立てるか。5つのフレームでマーケティングを考える


Free Image on Pixabay


マーケティング戦略についてです。知人から、自社商品のマーケティング戦略をどうつくればよいかの相談を受けました。今回は、どのようなアドバイスをしたかを書いています。

エントリー内容です。

  • 相談内容
  • マーケティング戦略のつくり方 (5つのフレーム)
  • 戦略からマーケティング施策へ

2018/07/20

家事代行サービスから考える、アウトソースと競争戦略の本質


Free Image on Pixabay


家事代行サービスで、自宅の浴室を掃除してもらいました。代行サービスから、ビジネスでのアウトソースと競争戦略について考えます。

エントリー内容です。

  • 家事代行サービスを使った理由
  • アウトソースをする理由として一般化すると
  • 差別化と競争戦略の本質

2018/07/06

書評: 世界最先端のマーケティング (奥谷孝司 / 岩井琢磨) 。顧客接点からマーケティングの変革へ


Free Image on Pixabay


世界最先端のマーケティング という本をご紹介します。読んで思ったことを書いています。



エントリー内容です。

  • 本書の内容
  • ポイントは 「顧客接点」
  • 顧客接点からマーケティングの変革へ

最後にまとめを書いています。

2018/06/28

書評: 実戦 BtoB マーケティング (佐藤義典) 。マーケティングの本質は BtoB も BtoC も変わらない


Free Image on Pixabay


実戦 BtoB マーケティング という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容
  • 戦略のフレームワーク
  • 発想の転換 (4つ)

2018/06/26

強いブランドの効用から、「自分ブランド」 をつくることを考える


Free Image on Pixabay


ブランドについてです。ビジネスでのブランドと、個人ブランドについて考えます。

エントリー内容です。

  • ブランドとは何か
  • どうすれば強いブランドになるか
  • 自分ブランド

2018/06/15

ブランドと消費者インサイトの学びは日常にある。お気に入り緑茶飲料のケーススタディ


Free Image on Pixabay


日常生活での身近な体験から、マーケティングでのブランディングとインサイトについて書いています。

エントリー内容です。

  • 気に入っている緑茶。好きになったきっかけ
  • ブランド体験
  • 自分自身のインサイト

2018/06/11

書評: 買い物客はそのキーワードで手を伸ばす (上田隆穂 / 兼子良久 / 星野浩美 / 守口剛)


Free Image on Pixabay


買い物客はそのキーワードで手を伸ばす という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容。価値創造型プロモーションとは
  • 価値創造型プロモーションの方法と具体例
  • 思ったこと

2018/06/06

書評: ブランドらしさのつくり方 (博報堂ブランドデザイン)


Free Image on Pixabay


ブランドらしさのつくり方 という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容
  • ブランドへの誤解。望ましいブランディングとは
  • 五感ブランディング

2018/06/04

キンドルとアマゾン・ゴーを例に、顧客接点とビジネスモデルの本質を考える


Free Image on Pixabay


顧客接点についてです。

例えば、スマホのアプリは、ネットにつながったデジタルでの顧客接点 (タッチポイント) と見ることができます。

今回は、アマゾンの 「キンドル」 と 「アマゾン・ゴー (レジ無しの食料品店) 」 を例に、顧客接点が果たしている役割、ビジネスにどのような意味があるかを考えます。

エントリー内容です。

  • 顧客接点の2つの役割
  • 顧客接点の例 (キンドル、アマゾン・ゴー)
  • ビジネスモデルと顧客接点

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にて 「シニア マーケティングリサーチ マネージャー」 (詳細は LinkedIn をご覧ください) 。スタートアップの経営・事業運営・マーケティング・専門技術のコンサルティング及びメンター。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝1時間のランニング。

内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。

ブログエントリーのうち、ビジネスや仕事について書いたものは再編集し note にも公開しています。ビジネス本の書評に特化したエントリーは、はてなブログ で公開しています。