2014/02/08

意志力強化のコツ:「欲求」は受け入れ「行動」をコントロールする

「XX禁止」を見ると、逆にやってみたくなった。何かを考えないようにすると、なぜか気になって頭から離れない。こんな経験は誰もが1度はあるものです。

ここから言えることは、思考 / 感情 / 欲求を無理に抑えつけようとするのは逆効果であり、そうするとかえって自分がどうしても避けたいと思っていることを考えたり、行なってしまうということです。

「スタンフォードの自分を変える教室」という本に書かれていて参考になったのが、何かをしたい「欲求」とその後の「行動」を分けるという考え方でした。

自分の「欲求」を全てコントロールすることは、自分自身のこととはいえ、とても難しいことです。「これはしない」と決めていることでも、「ちょっとだけなら・・」と誘惑に負けてしまいます。

ならばいっそのこと、「欲求」は受け入れてみるのです。欲求や衝動を自分の中で素直に受け入れてみる。「あ、無性にXXしたい自分がいる」と。

これとセットで大事なのが、「行動」のほうをコントロールするようにがんばってみることです。思考 / 感情はコントロールできないとしても、それに対してどう行動するかは自分で選択するようにする。

欲求は受け入れるが、それに従わず行動だけコントロールするのです。



私の好きな考え方に「刺激と反応の間には選択の自由」があるというものがあります。

自分に起こった出来事に対して、それをどう捉えるかは自分次第です。例えば、一見すると自分に損なことでも、長い目で考えたり冷静になると必ずしもデメリットばかりではないことはよくあります。であれば、前向きに捉えたいもの。

ここで言う「反応」はどう捉えるかという思考や感情を言っていますが、もう少し広く解釈すると、その後の「行動」も含めることができます。

刺激 → 思考/感情 → 行動。

選択の自由があるのは、「思考/感情 → 行動」で、今回の話も併せて考えると、思考 / 感情のほうはいつもいつも無理に抑えつけたり否定するのではなく、最後の「行動」をコントロールする。欲求と行動を分けて考えることで、一度冷静になって見つめなおすことができます。

ポイントは、自分の欲求は受け入れて肯定し、その後の行動をコントロールするということです。欲求を否定せず認めるだけで、すいぶん違うと感じるんですよね。




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...