2015/11/29

漠然とした言葉が出てきたとき、さらに深く考える癖がついているかどうか




ビジネスマンのための 「数字力」 養成講座 という本には、次のことが書かれていました。

漠然としたことばが出てきたとき、さらに深く考える癖がついているかどうかが、頭がよくなるかどうかを大きく左右します。

数字で捉える


この本の全体的な内容にも通じますが、ものごとを数字で捉える、表現するかどうかは、日頃から意識したいことです。

例えば、「増えた」 「多い」 「大きい」 は、具体的に数字で表現するとどうなるのかです。数値に置き換わった後にどう理解し、あるいは数字に変換するプロセスそのものが深く考えることになります。

絶対値と割合の両方で見る


数字に関してもう1つあるのは、絶対値と割合をセットで考えるようにすることです。

例えば、100万人という数字があったとします。100万という規模はそれだけを聞くと多い印象を受けるかもしれません。ただし、それが1,000万人のうちの100万なのか、1億人のうちの100万かで、全体の中の位置づけが変わります。前者であれば 10% 、後者であれば 1% です。

ポイントは、100万という数値だけにとらわれ過ぎるのではなく、背後にある 「全体」 がどれだけかを把握するよう心がけることです。併せて、その全体を分母にすることで % で理解することです。

一方で、% の数字を先に見た場合も同じです。% の分母となる絶対値は何かです。

例えば、30% 増えたといっても、それが 100 → 130 なのか、10,000 → 13,000 なのかです。この場合の 30% の分母は 100 か 10,000 です。

% は割り算なので、特に分母の絶対値が何かを把握すれば、% だけでは漠然としたものだったことがより具体的になります。

このように、絶対値 → %、% → 絶対値 と、意識して両方を把握できるようにすることが大切です。



最新エントリー

多田 翼 (書いた人)