2016/07/02

書評: 投資バカの思考法 (藤野英人)




投資バカの思考法という本がおもしろかったのでご紹介します。



著者は藤野英人氏です。ひふみ投信のファンドマネージャーであり、レオス・キャピタルワークス最高投資責任者 (CIO) です (2016年現在) 。

本書の内容紹介ページから引用です。

「本書は、私がこれまで25年間で磨き上げてきた、投資のプロとしての経験と知見、メソッドを一冊に凝縮したものです。『投資』と『お金』の考えをすべて詰め込みました」

著者の藤野英人氏は、「ひふみ投信」のファンドマネジャーとして、R&I ファンド大賞を4年連続で受賞、デフレやリーマンショック、東日本大震災など、どんな経済状況でも、25年以上実績を出し続け、「カリスマ投資家」と呼ばれている。

著者は、「投資とは、日経平均を予測するギャンブルではない。未来が予測できなくても、長期的には勝ち続けることは不可能ではない」という。

なぜ、激動の時代でも勝ち続けることができたのか。その方法を、すべて明かしたのが本書である。

「損するのが怖い」と投資にしり込みしている人、貯金ばかりで未来が不安な人、日々トレードをこなしている個人投資家。誰も教えてくれなかった「投資」「お金」「経済」の本質がつまった1冊!

この本は、著者の藤野さんの哲学が書かれています。投資への哲学だけではなく、こういう生き方をしたいという人生観まで含まれます。

藤野さんの投資の考え方は、未来から今を見たときに価値があるものに投資をする、そして、価値と株価は長い目で見れば連動するので、投資をして価値が上がれば株価も上がるというものです。

藤野さんが、母親から「ファンドマネジャーの仕事はどういうものか」と尋ねられたときに答えたエピソードが書かれています。

「会社を公平公正に見て、公平公正に評価して、その会社に価値があるのかを判断して、価値が認められるのであれば、投資をする。

投資をして価値が上がれば株価も上がるし、価値が下がれば株価も下がる。

結果的には、価値が上がる会社に投資できているから、お客様から預かったお金が増えているんだよ」

どうすれば会社の成長を予測し、価値を評価できるのでしょうか?藤野さんはそのために「全力を尽くすこと」を強調します。

死に物狂いになるという意味ではなく、自分が持っている全ての能力、知恵、経験を出し尽くすことです。

ここに、本書のタイトルに入っている「投資バカ」に込めた意味が読み取れます。

ファンドマネジャーであれ、職人であれ、サラリーマンであれ、プロフェッショナルの仕事とは、「全力を尽くして、お客様を満足させること」だと私は考えています。

そして、目の前のタスクに対して全力投球できるようになったとき、自分のやるべきことに対して夢中で入れ込み、真摯に、一途に取り組めるようになったとき、その人は周囲から、敬意を込めて……

「○○バカ」

と呼ばれるのではないでしょうか。

この考え方は示唆に富みます。読んでいて印象的でした。投資だけではなく、私自身の仕事でもできているかを問われたように思い、本書の中でも特に印象に残っています。

★  ★  ★

本書で興味深く読めたのは、藤野さんの投資の考え方です。例えば、投資する会社の価値を見極めるために、普段から何を考え、どういうふうに行動をしているかが紹介されています。

マーケットを判断するための視点、その会社に投資をするかをどう決めるか、判断と決断の違い、レオス・キャピタルワークスの採用基準。

投資銘柄の中にはあえて仮説に合わないものを入れておく「不完全さを保つ」という考え方も興味深かったです。




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook Page

バックナンバー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...