2015/03/25

書評: 戦争プロパガンダ10の法則 (アンヌ・モレリ)




プロパガンダについてあらためて考えさせられたのが、戦争プロパガンダ10の法則 という本でした。



本書の内容


内容紹介の一部を引用します。

第一次大戦からアフガン空爆まで、われわれは政府発表やメディアにいかに騙されたか。気鋭の歴史家が戦争当事国による世論操作・正義捏造の過程を浮き彫りにする。
第一次大戦から冷戦、湾岸戦争、ユーゴ空爆、アフガン空爆まで、あらゆる戦争において共通する法則がある。それは、自国の戦闘を正当化し、世論を操作するプロパガンダの法則だ。
「今回の報復はやむをえない」
「ビンラディンは悪魔のようなやつだ」
「われわれは自由と平和を守るために戦う」
正義はこうして作られる。
これまでに戦争当事国がメディアと結託して流した 「嘘」 を分析、歴史のなかでくり返されてきた情報操作の手口、正義が捏造される過程を浮き彫りにする。ブリュッセル大学で教鞭をとる気鋭の歴史学者が読み解く、戦争プロパガンダの真実。


戦争プロパガンダの10の法則


本書で提示される戦争プロパガンダのための 「10の法則」 は、次の通りです。

  1. われわれは戦争をしたくはない
  2. しかし敵側が一方的に戦争を望んだ
  3. 敵の指導者は悪魔のような人間だ
  4. われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命のために戦う
  5. われわれも意図せざる犠牲を出すことがある。だが敵はわざと残虐行為におよんでいる
  6. 敵は卑劣な兵器や戦略を用いている
  7. われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大
  8. 芸術家や知識人も正義の戦いを支持している
  9. われわれの大義は神聖なものである
  10. この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である


過去の戦争と10の法則


本書では、10の法則ごとに章立てで構成されています。

各法則ごとに過去の戦争で、実際に起こった事例や当時の権力者の発言などが紹介されます。取り上げられる過去の戦争は、第一次大戦、冷戦、湾岸戦争、ユーゴ空爆、アフガン空爆などです。10の法則が実際にどう適用されていたかが具体的にわかります。


法則 1: われわれは戦争をしたくない


戦時国家はまず、自分たちは平和を愛していることを宣言すると説明されます。ヒトラーの演説にも 「平和への意志」 が登場します。


法則 2: しかし敵側が一方的に戦争を望んだ

お互いが相手に対して主張し、それぞれが敵側を悪者とみなします。戦争を望んでいるのは自分たちではなく、相手側であると捉えます。


法則 3: 敵の指導者は悪魔のような人間だ

敵のイメージをより具体的にするため、3つ目の法則が使われます。国ではなく敵国の指導者という具体的な顔を登場させます。そして、相手の指導者を悪魔とみなします。


本書を読んでの教訓


読んでいて思ったのは、過去の戦争での個別の発言意図を探るよりも、様々な戦争に共通するプロパガンダの法則を知り、今後の自分の情報判断にどう活かすかが重要ということです。

私の本書の読み方は、10の法則について過去の戦争で1つ1つを検証することではなく、読者の情報判断能力に気づきを得ることでした。本書は、メディアリテラシーを高めてくれる1冊です。


戦争報道で使われる言葉に注意する


興味深かった1つは、戦争報道における言葉の使われ方でした。

例えば 「空爆」 です。

第二次大戦では 「空襲」 という表現が使われます。しかし、同じ行為でも現代は 「空爆」 が使われます。確かに、日々のニュースで今起こっている戦争に対して 「空襲」 という単語は聞いたことはありません。空襲は過去の歴史でしか聞きません。

これ以外にも、自国の陣営について語る場合に使われるのは、領土の解放・民族の移動・墓地・情報という言葉が使われます。

一方、相手の陣営については同じ事象でも、次のように置き換えられます。占拠・民族浄化・大量虐殺・死体置き場・プロパガンダです。

自国のことであれば、ポジティブや中立的な表現が使われ、相手国についてはネガティブな響きを持つ言葉が使われるのです。受け手への印象操作を誘導します。


最後に


本書で紹介される10の法則は、戦争をテーマに国と国でのレベルのものです。本質は、自分自身の正当化と相手に対する憎悪の醸成です。

この手法は戦争だけにとどまらず、政治論争や個人の喧嘩のレベルでも、当てはまるのではないでしょうか。



プロパガンダとは


プロパガンダ (propaganda) の言葉の意味は次の通りです (参考:三省堂辞書サイト) 。

特定の思想によって個人や集団に影響を与え、その行動を意図した方向へ仕向けようとする宣伝活動の総称です。特に、政治的意図をもつ宣伝活動をさすことが多いですが、ある決まった考えや思想・主義あるいは宗教的教義などを、一方的に喧伝 (けんでん) するようなものや、刷り込もうとするような宣伝活動などをさします。

要するに情報による大衆操作・世論喚起と考えてよく、国際情報化社会においては必然的にあらわれるものです。

最新エントリー

多田 翼 (書いた人)


外資系 IT 会社にてマーケティングリサーチ マネージャー (LinkedIn) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身。学生時代は京都。家族4人で東京23区内に在住、2人の子どもの父親。気分転換は毎朝 8km のランニングとピアノ。

書いている内容は、所属組織や会社の正式見解ではなく個人の見解です。