2014/03/22

「0歳からの母親作戦―子どもの心と能力は0歳で決まる」: ソニー創業者 井深大による幼児教育の本

ソニー創業者である井深大。幼児教育にも情熱を注いでいたことでも有名です。

今回、ご紹介する本は井深大の「0歳からの母親作戦―子どもの心と能力は0歳で決まる」。特に 0 - 2 歳くらいまでに焦点を当てた内容になっています。

著者いわく、3, 4 歳以降の育て方と、0 -2 歳ごろまでの育て方は区別したほうがいいと言います。

本書では、0 -2 歳の時期を「パターン時代」と呼びます。例えば、赤ちゃんはお母さんの顔を判断するのも、顔全体のイメージをそのままパターンとして記憶していて、こうしたパターン認識の能力が非常に優れているのだそうです。

幼児は繰り返し与えられたものはパターンとして丸ごと記憶でき、大人には到底かなわない優れた能力を持っているようです。著者が 0 - 2 歳の時期を重視しているのもこれが理由で、パターン認識能力を生かして、「この時期に他人を思いやる心、良い性格、創造性など、人としてベースになっていく能力を伸ばすことが大事」というのが本書の主題です。



パターン認識能力とセットなのが、「繰り返し」です。

今、娘は生後6ヵ月くらいですが、興味のあるおもちゃには飽きることなく遊んでいたりします。おもちゃの人形を目の前に持っていくと、つかんで手触りや形を確かめるように遊び、その後は口に入れてみたりと、毎回同じような反応を示します。好奇心は続き、飽きることなく遊んでいます。

この本を読む前は、娘がいつも同じ反応だと親としてはその反応に飽きてきてしまって、つい違うことをやってみたくなっていたのですが、考え方が少し変わりました。毎回、同じように興味を示すということは、娘にとっては楽しいことが続いているわけで、親からすると見慣れたことでも(飽きても)、繰り返してやり続けようという気持ちになりました。

本書では、パターン認識には根気強い繰り返しが必要不可欠だと言います。赤ちゃんは繰り返しに飽きないからこそ、あらゆることがパターンとして頭に入る、と。頭の構造自体がそれを受け入れられやすいようになっていて、例えば日本語を自然と話すようになるのも、この時期に繰り返し日本語を聞いているからとのことです。

2歳ころまでというのは、子どもにはまだ十分な判断能力がない頃です。一方で、繰り返し与えられた情報はパターンとして丸ごと脳に定着していく。であれば、親として何を与えるかが大切で、それによって、その子への影響は大きいはず。

子どもがどんなものに興味を示すか、何に喜ぶか、など、日々の日常のちょっとしたことですが、だからこそ大切にしたいと思っています。


関連エントリー:「幼稚園では遅すぎる」: ソニー創業者の井深大が書いた幼児教育の本




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...