2017/01/21

書評: TED 驚異のプレゼン - 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則 (カーマイン・ガロ) 。情熱から生まれたプレゼンが人の心を動かす


Free Image on Pixabay


TED 驚異のプレゼン - 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則 という本をご紹介します。



エントリー内容です。

  • 本書の内容
  • 心を動かす9つの法則
  • 情熱を持っているか


本書の内容


以下は本書の内容紹介からの引用です。

本書は、もっと自信をもって話をしたい、説得力のあるスピーチをしたいという人たちに向けた本だ。プレゼンテーションをする人、製品やサービスを販売する人、周囲を激励して組織を引っ張る人のためである。

本書では、インターネットで無料公開している500以上の TED プレゼンを分析し、TED で大成功をおさめた人たちを直接取材した結果、TED プレゼンに共通するシンプルな9つの法則を突き止めた。

それは大胆かつ新鮮、現代的で魅力的なスタイルであり、この法則を身につければ、聞き手を魅了できるようになる。


心を動かす9つの法則


この本では、心を動かすプレゼンの3つの要素が紹介されています。

  • 感情に訴える:聴衆のハートに触れる
  • 目新しさを出す:聴衆に何か新しいことを教える
  • 記憶に残す:聴衆が絶対に忘れないような形で見せる

3つの要素それぞれに3つの法則があり、合計で 3 x 3 の9つの法則です。本書では、実際の TED のプレゼンやトークの事例に当てはめ、わかりやすく書かれています。

9つの法則は以下です。


感情に訴える

  • 内なる達人を解き放つ
  • ストーリーの技術をマスターする
  • 会話のように話す


目新しさを出す

  • みんなが知らないことを教える
  • 驚きの瞬間を演出する
  • ユーモアで軽快に


記憶に残す

  • 18分ルールを守る
  • 五感を刺激して記憶に残す
  • 自分らしく語る


情熱を持っているか


9つの法則のうち、印象的だったものは 「感情に訴える」 の1つめの 「内なる達人を解き放つ」 でした。強調されていたのは、自分の中にプレゼン内容に情熱があるかどうかでした。

以下は本書からの引用です。

聴衆の心を動かす最初のステップは、自分自身が感動することだ。

自分が本当は何に情熱を感じるのか、確かめる一番簡単な方法は 「私のハートが歌い出すきっかけは何だろう」 と自問することだ。あなたのハートが歌いだすものを突きとめてしまえば、ストーリーテリングもスライドも話し方も、自然に生き生きとしてくるはずだ。

驚くほど聴衆と深く心を通わせることができるだろう。あなたが学んだことを、その道の達人として自信を持って聴衆に伝えられるようになる。

(引用:TED 驚異のプレゼン - 人を惹きつけ、心を動かす9つの法則)

プレゼンする内容が、自分の内なる動機に基づいた情熱があるものなのか、一所懸命になれることなのかです。

見た目がきれいなパワーポイントなどのスライドや、話し方、ジェスチャーなどのテクニックの前に、そもそもの出発点です。突き詰めれば、なぜ自分はプレゼンをしたいのか、内容やメッセージに、自分自身が感動できたり心が動かされたものなのかです。

情熱があるかという自問は、プレゼンの中身だけに留まりません。自分の仕事や趣味などにも当てはまります。プレゼンについてだけではなく、仕事全般にも示唆がある本でした。


最後に (TED トークのガイドブックとしての使い方)


本書は見ておくとよい TED トークのガイドブックにもなります。巻末には各章で紹介されたプレゼンのスピーカーと日本語タイトル、URL リンクの一覧があります (71個) 。

これら1つ1つを、本書で書かれている優れたプレゼンの視点で実際に見ると、どうすれば心を動かすプレゼンができるかの学びが得られます。



最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

複数のスタートアップ支援に従事。経営や事業戦略のコンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネージャー、マーケター。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。note も更新しています。

内容は個人の見解です。