ラベル Apple の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Apple の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2010/09/05

「アップルvsグーグル」 3つの論点とその先

常に革新的な製品・サービスを提供してくれるアップルとグーグル。書籍「アップルvsグーグル」(小川浩・林信行 ソフトバンク新書)には両者の状況がうまく整理されており、いくつかのおもしろい論点が書かれていました。


■クローズドなアップルvsオープンなグーグル

これは両者の思想の違いであり、相容れない考え方です。アップルの一社クローズドな状況とは、例えばハードを制御するOSに見ることができます。Mac用のMac OS XやiPhone/iPad用のiOSはアップルの製品にしか搭載されていません。アプリなどのソフトや電子書籍等のコンテンツも然りで、アップルはこれらを自社のiTunesやApp Storeでしかユーザーは手に入れることはできません。

一方のグーグル。同じOSでもグーグルのアンドロイドは他社にも解放しています。だからスマートフォンの1つであるアンドロイド携帯と言っても、様々なメーカーがつくっておりグーグルはアップルのように管理する姿勢は見られません。

iPhoneやiPadが売れれば売れるほど、その売上はアップルに入ってきますが、アンドロイド携帯はそうではありません。アンドロイド携帯の売上はそれをつくったメーカーのもので、グーグルは直接売上を手にするわけではないのです。

これはグーグルが掲げるミッションに由来しています。彼らは次のような使命をかかげています。
Google's mission is to organize the world's information and make it universally accessible and useful. (Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることである)
つまり、グーグルの考え方はアンドロイドも含めてグーグルの諸サービスを一人でも多くの人に使ってもらい、そうすれば「世界中の情報整理」に少しでも近づけるというものです。故に、極論を言ってしまえば、このミッションのためにはアンドロイド携帯の売上よりもアンドロイドが広く使われることが彼らにとっては重要なのだと思います。そういう意味では、グーグルというのは、そのミッションに実に忠実に運営されている組織なのです。


■アップルは道具vsグーグルは素材

アップルとはどのような企業なのでしょうか。一言で表現するのは難しいですが、特徴は人々に驚きを与える製品をつくっていることだと思います。特に最近の動きを見ていると、ユーザーの予想を超えるものを次々に打ち出している印象があります。具体的には、iPadの発売後すぐにiPhone4が、また先日9月1日(現地時間)に新しいiPodとiTunes10への音楽SNS機能追加、そしてApple TVなどです。もう少し言うと、アップルの製品は洗練されたソフトと美しいデザインを有し、個人が手で実際に直接手で触れて、時には持ち歩くこともできます。

このように道具をつくるのがアップルだとすると、グーグルがつくるのは素材であると本書では表現しています。あらためて考えてみると、グーグルが提供してきたサービスはどれも私たちが直接手で触れることができるものではなく、身体性を伴わない情報ばかりです。グーグルの検索サービス、グーグルドキュメント、グーグルマップなど、私たちに情報という素材を提供してくれるものです。

前述のグーグルのミッションを考えると彼らのやるべきことは、(1)誰もが使ってくれる技術を生み出すこと、(2)それを誰でも使えるように提供すること(オープンに配信)、の2つではないでしょうか。


■アップルのゴミをつくらない戦略vsグーグルの数打てば当たる戦略

アップルの戦略はとても美しく、ワクワクさせてくれるものだと思っています。なぜなら、自分たちの戦略が最大限に効果を発揮するセグメントを見つけ、そこに彼らの叡智であり技術を集中させるからです。また、彼らの製品にはアップル(というかジョブズ)自身が満足し、自身を持っている製品だけを提供していると思います。

それではグーグルはどうでしょうか。彼らのやり方は、その時点では世の中にはなかったりおもしろいと思ったものをとりあえず試して、その中で目途が立ちそうなものを事業として形成していくと考えられます。例えば、グーグルストリートビューは、あれば便利ですが実際に道路に専用の車を走らせて映像を撮るという発想は、グーグルにしかできないことだと思っています。グーグルブックも同様で、世界中の書籍をスキャンし電子化するということは、考えただけでも途方もないことのように感じます。しかし、それを実際に実行に移しているのがグーグルなのです。話をグーグルの戦略に戻すと、彼らのやり方はある程度は流れに任せて進化させており、民主的な方法だとも言えそうです。


■グーグルの使命を阻むもの

今回取り上げている書籍「アップルvsグーグル」では、グーグルのミッションを妨げているものは大きく3つある(あった)としています。(1)企業のイントラネット、(2)モバイルインターネット、(3)クローズドなメガSNS。

(1)企業イントラネットについては、最近では日本企業でもグーグルのGmailを業務用に使って
いたり表計算ソフトやワープロソフトを導入する事例を聞くようになりました。また、(2)モバイルインターネットは、iPhoneという強力な壁があるもののアンドロイド携帯で巻き返しを図ろうとしています。

では、(3)クローズドなメガSNSはどうでしょうか。個人的には、この領域はグーグルにとって頭の痛いものであるように思います。具体的にはFacebookやTwitterであり、日本ではmixiやモバゲー、GREEなどのソーシャルゲームのSNSも含まれます。

フェースブックがクローズドな点やツイッターも含め、ユーザーは情報をリアルタイムで共有しかつ次々に伝搬していきます。最近になって、グーグルはリアルタイム検索をリリースしましたが、それでもまだグーグルはこれらの中の情報を整理しきれていない印象があります。例えば、フェースブックのLikeボタン(いいね!ボタン)などの情報です。


■今後はどうなるのか

一方でアップルについてこれらメガSNSとの関連を見てみると、アップルと彼らの相性はいいように思います。というのは、アップルはツイッターやフェースブックのアプリを配信しており、iPhoneというモバイルとSNSやツイッターは連携がとれており、とても使いやすい道具だと感じるからです。

個人的に思うのは、アップルとグーグルというのはある領域によっては対決の構図があるものの、一方で、相互に依存していることです。グーグルにとって、アップルのiPhoneが売れるほど他の競合であるメーカーがアンドロイド携帯の開発を加速させてくれます。またアップルにとっては、iPhoneにグーグル検索やグーグルマップが使われていることを考えると、どこか協力体制も築いているとも見えます。(もちろんネットTVなど、新しい対決も発生するでしょうが)

しばらくは、アップルとグーグルだけの対決ではなく、そこにフェースブックやツイッター、Foursquare(フォースクエア)などの位置情報サービス、Groupon(グルーポン)などのクーポン系サービスといった、新しいソーシャル系サービスが複雑に絡む状態が続くような気がしています。結末はどうなるかは予想がつかないですし、そんな時代に生きることは幸運であり、そのプロセスを体験できることにワクワク感があります。


アップルvs.グーグル (ソフトバンク新書)
小川 浩 林 信行
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 5197


2010/08/18

Appleはスマート自動車iCarをつくれるか?

アップル製品の情報を取り扱っている「Patently Apple」というブログがあります。今年の8月5日付で、アップルが自転車の特許を申請したと報じており、米国特許商標庁が公開した設計図のような図も掲載されています(図1)。


 出所:www.patentlyapple.com


■iBikeはアップルによるスマート自動車iCarへの布石?

このアップルによる特許申請の記事について日本のYUCASEE MEDIAは、以下のように説明しています。「車輪、ハンドルなど様々な部位に、さらにはナイキのシューズにセンサーを入れて、そこから出されるデータをiPodで集計する。これによって、速度はもちろんのこと、風速 、距離、時間、高度、標高、傾斜、減少、心拍数、消費電力、変速機などの基本データが分かる。さらには、予想進路、心拍数をパワーとスピードなども分かる。」

アップルのスマート自転車(iBike?)の記事を見た時に、始めは唐突な印象がありました。しかし自分なりにいろいろ考えると、これはスマート自動車iCarの布石なんじゃないかなと思えてきます。


■スマート自動車iCarへの布石だと考える理由

これまでは個人におけるネットとの接点はPCが主でした。そしてここ数年の潮流としてモバイルや最近はiPadなどのスレート媒体にシフトしつつある状況です。一方で、今後のネット接続デバイスとして利用が増えていくのはテレビなどの家電と自動車だと思っています。つまり、今以上に「いつでもどこでもネット」という環境で、我々がネットの存在に気づかないくらい私たちの生活はますますネットと密着するようになるのではないでしょうか。

現在の自動車業界を考えると主流なのはガソリン自動車で、今後もそう簡単にガソリンを動力とする車はなくならないと思いますが、ガソリン車から電気自動車(もしくは燃料電池車)への流れは少しずつとはいえ確実に進んでいます。例えばブレーキも電子制御システムが採用されるようになり、これは換言すると要は車の電子化で、そうなるとネットとの親和性が高くなるはずです。

そう考えると、上記で挙げたPC・モバイル・TVなどの家電・自動車の4つのデバイスにおいて、最後の自動車でもアップルがスマート自動車であるiCarを考えているとしても、違和感なく話が入ってきます。

話をiBikeに戻すと、アップルはスマート自動車iCarを開発するにあたり、いきなりスマート自動車の開発はリスクも伴うので、まずは自転車のiBikeというスモールスタートのための特許申請なのではないかと思ったのです。


■アップルのスマート自動車iCarとは

仮にアップルがスマート自動車iCarを開発するとして、iCarとはどのような自動車になるのでしょうか。iBikeがiCarへの布石であるとするならば、前述の速度・風速 ・距離・時間・消費電力などの基本データは踏襲されそうです。

さらには、これまでのiPodやiPhoneが登場した時のインパクトを考えると、既存の自動車とは一線を画すような予感もします。既存の自動車をあらためて考えてみると、車を運転するとは「ハンドル、アクセル、ブレーキで車をコントロールすること」です。もう少し詳細に見れば、ギアチェンジ(あるいはバック/停止)の操作、ミラーで周囲を把握し、スピードメーターで速度が、カーナビで行先や現在位置が確認できます。iCarでは、これら既存の自動車とは異なるユーザーインターフェイスを持つことも想像できます。もしかしたら、アクセルを踏むという操作はなく、iPhoneやiPadに見られるようなもっと直観的に操作できる車かもしれません。(一方で、既存の運転方法とあまりに変えすぎると、交通事故の要因になりかねませんが)

安全面ではどうでしょうか。今以上の車の安全性向上にも期待したいところです。もしアップルがiCarというスマート自動車を出してくる際は、これまでにない使いやすさ+安全性についてスティーブ・ジョブズは相当にこだわってくるような気もします。


■そもそもアップルはスマート自動車の開発は可能なのか

とは言いつつも、アップルはスマート自動車の開発は本当に可能なのかという懸念は残ります。なぜかと言うと、ここ最近見られるアップルのクローズドな姿勢を考えると、iCarもアップル独自開発となりそうで、果たしてアップルだけでそもそも自動車が作れるのかというのが疑問だからです。

自動車のデザインや機能、ユーザーインターフェイスはアップルらしい斬新なものが出来上がるかもしれませんが、設計や動力システムの構築などの基幹部分は今のアップルの力だけでは難しいような気もします。

よく言われるのが、アップルのiTunesやApp Store、iOSによる一社クローズドな姿勢に対して、グーグルはアンドロイドOSやクロームの提供、グーグルTV開発状況を見てもオープンな姿勢です。グーグルはすでにGoogle Maps等の車との相関性の高そうなサービスを提供していることも考えると、もしかすると、スマート自動車開発はグーグルにこそ相応しいのかもしれません。

他方、これとは違う可能性として、いっそのことアップルとグーグルともう一社くらい(テスラとか?)での合弁会社からスマート自動車を開発したらどうか、なんてこともあるかもしれません。自動車市場であればアップルとグーグルが組んだとしても、例えばモバイル広告のように独占禁止法に抵触することもなく、アップル+グーグルによるスマート自動車はなかなかおもしろい存在になりそうです。

果たして、iBikeの今後やその先の可能性はどのようなカタチで進むのでしょうか。


※参考情報

Apple Introduces us to the Smart Bike (Patently Apple)
http://www.patentlyapple.com/patently-apple/2010/08/apple-introduces-us-to-the-smart-bike.html

アップルが「スマート自転車」の特許申請 (YUCASEE MEDIA)
http://media.yucasee.jp/posts/index/4368


2010/04/29

iPhoneを買って実感したiPadの差別化

■まとめ

今回の記事のまとめです。

・ iPhoneの操作性や多様なアプリの存在は、優れた特徴だと思う
・ iPadも同様で、これまでのパソコンとは全く異なる利便性を持つ
・ 下記マトリクスから考えると、iPadは他の端末と差別化されている



■iPhoneで変わったこと

iPhoneを使い始めて何が変わったのか。まず実感しているのは次の2つだと思います。
・ 電車などちょっとした待ち時間を、有効に使える
・ ネット閲覧など、家でのPCを使う機会が減った

○待ち時間を有効に使える
iPhone以前は、2~3分程度の待ち時間をどう使うかは自分の中での課題でした。これを解決してくれそうなのがiPhoneです。例えば、3分以上であればブログ記事を、2分くらいならニュース記事、1分以下ならツイッターを、という感じで電車などの待ち時間があまり苦にならなくなりました。

○家でのPCを使う機会が減った
iPhone以前は、朝起きてまずPCを立ち上げていました。起動しても使えるまでには数分はかかっていましたが、それがiPhoneでは朝起きて10秒くらいなので布団の中でも使えます。これがPCだと机の前に座らなければいけませんが、寝ながらでも操作できる点は非常に便利です。



■パソコンと携帯電話

この寝ながらなどの自由な姿勢で利用できる点は、iPhoneの大きな特徴だと思います。同時にこの点は、iPadの強力な差別化ポイントになるのではないかと感じています。この理由を書く前に、まずはパソコンと携帯電話の位置づけを確認してみます。(図1)



パソコンを使うためにはキーボードやマウスを用います。よって、机などにパソコンを置きその前に座って(姿勢を正して)の操作をするのがふつうです。一方で携帯電話は、「携帯」できるような設計になっており、パソコンに比べて操作する姿勢の制約は小さいと思います。



パソコンと携帯電話それぞれをもう少し分解して見てみると、次のようになります。(図2)



パソコンでは、ノート型やネットブックと呼ばれるような「携帯」する要素が取り入れられています。逆に携帯電話はスマートフォンに象徴されるように、「パソコン」の要素が入ってきています。ボタンの配置がパソコンのキーボードのようになったり、本体自体がより大きくなっています。つまり、パソコンと携帯電話がお互いに近づきつつある、これがちょっと前までの個人的な印象でした。



■iPhoneのポジション

次に、iPhoneをこのマトリクスに当てはめてみます。(図3)




これまでに使ったことがあるスマートフォンは、キーボードがパソコンと同様であったために両手で使うことが前提となっているように感じました。しかしiPhoneは両手でも使えるし片手でも使えます。前述のように横になりながらでもそれほど苦もなく操作でき、かつ多くの便利なアプリが揃うなど、これらの点は非常に優れたiPhoneの特徴だと思います。



■iPadのポジション

さて、マトリクスを見て思ったことは、右上の象限に空いているということです。つまり、画面がパソコン並でかつiPhoneのようにより自由な姿勢で使える端末がないのです。ここに当てはまるのがiPadだと思います。(図4)



iPadの位置づけは、「ネットブックに代わる、新しいコンピューター」であり、コンセプトは「リビング向けのコンピューター」と言われています。今回、iPhoneを実際に使ってみたことで、この意味を少し実感できたように感じています。



以上の話をまとめてみます。

・ iPhoneの操作性や多様なアプリの存在は、優れた特徴だと思う
・ iPadも同様で、これまでのパソコンとは全く異なる利便性を持つ
・ 上記マトリクスから考えると、iPadは他の端末と差別化されている

日本でのiPadの発売は5月末のようです。個人的なマーケティングの勘からすると、iPadはかなりヒットするような気がしてます。



■最後に

とは言いつつも、iPadを発売後直後に買うかというと、ひとまず様子見になりそうです。理由は無線LANのインフラ性。iPhoneを買ってあらためて思いましたが、無線LANが使える環境はまだまだ十分とは言えないと思います。むしろ全然足りない。そうなると結局は携帯電話用の第3世代(3G)通信を使わざるをえず、通信速度に不満が残ります。また、携帯通信を使うということは、携帯電話キャリアがドコモなのかソフトバンクなのかというのも気になるところです。

いろんな意味で、1か月後の日本での発売が楽しみです。

2010/04/17

情報収集ツールで足りないのは?

ふと思ったのですが、ここ最近めっきり物欲が減っている自分がいます。食費や生活必需品、交際費などを除くと、買っているのはもっぱら本や雑誌ばかり。あとはCDを少々。で、その代わりに強くなっているのが情報欲。もちろん、職業柄というのもあるかもしれません。しかしそれにしても、ここ最近は特にそう思います。

その理由をなぜかと考えると、1つはツイッターの影響が大きいように思います。ツイッターの特徴は情報拡散とその速度だと感じますが、ツイッターにより関連するニュースサイトや動画、ブログなど、見る量も飛躍的に増加している気がします。感覚的な数字ですが、ツイッターをやっていなかった時に比べ、3~5倍くらいなイメージです。

これに関して、自分が使っている情報収集ツールにおいて、「携帯電話」に不満を感じています。理由は、使っているのが「スマートフォンではない携帯」という一言に尽きるかと思います。情報収集端末としての機能にさすがに限界を感じており、そろそろ携帯電話を買い替えようかと思っています。



そこでまずは、日ごろ自分が使っている情報収集ツールを整理してみました。(図1)





あらためて俯瞰してみても、携帯電話への不満が一番大きいと思いました。



次に、新しいモバイル系の端末を買うとして、その候補と、それぞれのメリット・デメリットを簡単に整理すると下表のようになります。(表1)




ここで、自分の携帯電話への不満をもう少し掘り下げてみると
・ ネットへ接続しても画面が小さく見づらい
・ アプリ等もないので、使いづらい
となり、上記を総合的に考慮すると、やっぱりiPhoneかなと考えています。(超今さらですが・・)

そうなると、話題のiPadです。来月から日本でも発売されるようですが、OSがiPhoneと同じであることも考えるとひとまず自分にはまだいらないかと思います。それよりも、欲しいのはキンドル。デメリットにも挙げたように「日本語版がない」「読める本が少ない」という状況ですが、前者がクリアされれば買いそうな気がしてます(今年の年末くらいに早速?)。



最後に、iPhoneとキンドルを買った場合の、自分の情報収集ツールの全体像を示しておきます。(図2)



2010/04/14

書籍 「iPad vs. キンドル」

「iPad vs. キンドル」(西田宗千佳著 エンターブレイン)を読みました。電子書籍の現状がわかりやすくまとまっていましたので、自分の頭を整理する意味でも、ブログ記事にしておきます。

<今回のブログの内容>
① iPadとキンドルの比較
② キンドルのビジネスモデル
③ 今後への期待

<今回のブログのまとめ>
① iPadとキンドルは全く異なる。両者の相違点は示唆に富む
② キンドルのビジネスモデルの特徴は、「通信モジュール」と「通信費」にある
③ 良いコンテンツ(電子書籍)にはお金が支払われることを期待したい



■iPadとキンドルの比較

iPadとキンドルは、実は両者は相当異なるものです。そもそものコンセプトや、アップル/アマゾン各社の狙いを比較してみるとその違いは明らかです。



○コンセプト
まずコンセプトですが、iPadは家の中のリビングでくつろぎながら、Web閲覧、音楽や動画の視聴,、そして電子書籍を読んだりと、多機能な端末として位置づけられています。iPadにおいて電子書籍はあくまでone of themなのに対して、キンドルは電子書籍リーダーに特化された端末です。

○アップル/アマゾンの狙い
アップルCEOのジョブズ氏が「iPadはiPhoneとMacBookの間にある」と説明したそうですが、iPadはネットブックに代わる新しい端末と位置付けているようです。一方でアマゾンですが、同社はオンラインでの書籍販売を強みとしているので、キンドルを電子書籍の販売増のための「手段」として位置付けているのではないでしょうか。こう考えると、アマゾンは09年3月に「Kindle for iPhone」というソフトを無償公開しておりますが、これも狙いは電子書籍の販売増だと考えらえます。


iPadとキンドルのコンセプトや狙いにおける違いにより、使われているディスプレイ等でも興味深い相違点が見られます。






○液晶ディスプレイ/電子ペーパー
特徴を整理すると、以下のようになります。

<液晶ディスプレイ>
・ 液晶はバックライトで光を発するので、長時間見つめていると目が疲れやすい
・ 常に電力を必要とする
・ Webや動画の閲覧が可能

<電子ペーパー>
・ ディスプレイで光を反射するだけなので目が疲れにくい (紙に近い)
・ 表示を書き換えるときだけ電気を使う (ページを”めくる”時だけ)
・ 現在の技術ではWebや動画の閲覧には向かない

iPadは多機能端末、キンドルは電子書籍端末。よって、iPadには液晶ディスプレイが使われ、キンドルには電子書籍を読むのに最適な電子ペーパーが使用されています。

○電子書籍の位置づけ
上記以外にもサイズや重さなど、両者の様々な特徴の違いを換言すると、
・ iPad :リビングのソファー横のマガジンラックの中の雑誌
・ キンドル :鞄に入っている文庫
と著者は表現しています。

こうして見ると、iPadとキンドルは使用シーンが異なり、直接の競合ではないのではないか、そんなふうにすら思えてきます。



■キンドルのビジネスモデル

キンドルのビジネスモデルの特徴は以下の3つだと思いました。
・ 通信モジュール
・ 通信費
・ 複数端末間の同期

○通信モジュール
以下はアマゾンでキンドル版電子書籍を買う場合のプロセスです。
(1) パソコンからアマゾンで本を検索する
(2) 買いたいものが見つかったら「購入する」をクリックする
(3) 「キンドル版(電子書籍)を買う」をクリックする
(4) 電子書籍は自動的に「キンドルの中」に送られてくる

キンドル自身が通信モジュールを内蔵し通信機能を持っているので、ネットワークへ自動接続し、買った電子書籍を自動的にキンドル内にダウンロードしてくれます。すなわち、クリック後、次に利用者がキンドルを使う時には買った本がすでに「キンドルの中にある」状態なのです。

○通信費
ここで忘れてはいけないのが通信をするためのコストで、これは「通信費」という名目で誰かが負担しなければいけません。ここが肝になる部分ですが、通信費がキンドル版書籍の価格の中に含まれています。つまり、通信費を負担しているのはユーザーなのですが、「キンドルユーザーには通信契約を強いることなく、利用時にも一切通信費を気にさせない」という方針なのです。
このビジネスモデルに関して、書籍「iPad vs. キンドル」の中で任天堂・岩田聡社長は次のように評価しています。「iPhoneよりもキンドル型のビジネスの方が興味があります。お客様が通信費を負担するのではない、新しいビジネスモデルを提案しているからです」(p.131から引用)。

○複数端末の同期
前述したように、Kindle for iPhoneによりキンドルだけではなく複数の端末でキンドル版の電書籍を読むことができます。さらに驚かされるのは、キンドルやiPhoneで読んだ位置情報がアマゾンに記録されるようになっています(しおりのイメージ)。例えば、家でキンドルで読んだ続きを満員電車の中ではiPhoneで読む、みたいなことができます。iPadがiPhone用のOSを使っていることから、おそらくiPadでも続きが読めるはずです。これも、アマゾンの狙いはあくまで電子書籍そのものの販売増だからこそ成り立つビジネスモデルではないでしょうか。



■今後への期待

○課題
日本での電子書籍市場の現状は、携帯電話がほとんどでコンテンツも偏っていると言われています。著作権、再販制度、書店、出版社と電子書籍ストアとの利権争い、既存書籍の電子化等々、数多くの課題をクリアする必要があります。(このあたりは専門ではないので、簡単な課題提起だけに留めます)

また、09年3月にある出来事が起こりました。それは、AppStoreから、特定のアプリが多数消えたことです。事前警告なしに行われた「アップルの方針転換」により、それまでその種のアプリケーションでビジネスを行っていた企業・個人は、突如としてビジネスの場を失ったのです。同じことが電子書籍においても起こらないとは言い切れません。考えてみれば、ある1社の考えにより、何十・何百という会社のビジネスの機会が失われるというのもコンテンツ産業が抱える無視できないリスクだと思います。

○期待
それでもやはり、個人的には、電子書籍には期待を持っています。なぜかというと、電子書籍が有望だと思うのは、コンテンツそのものにお金が支払われる仕組みが成立し得るからです。(もちろん、全ての電子書籍というわけではなく、フリーのコンテンツも存在しますが)

パソコンでは、ネット接続率は高いが(消費者側に)コンテンツにお金を支払うものである、という意識が低いと感じます。一方で、携帯電話やゲーム機とでは広告モデル以外に、課金システムができています。

期待したいのは、「電子書籍ビジネスが、きちんとお金を生むようになる」こと。それが、長い目で見ると、本が紙から電子媒体になってもこれからもいい本に出会えることで、本が「自分の考えを刺激してくれる存在」であり続けることになるのではないでしょうか。


iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)



---------------------------------------------------------------------------
以下、備忘録のために、電子書籍のビジネスモデルを記載しています。


■電子書籍のビジネスモデル

アメリカでは、すでに電子書籍がビジネスとして成立しています。このビジネスモデルをマーケティングの4P(Product・Place・Price・Promotion)で整理してみます。

○Product (コンテンツの重要性)
当たり前ですが、電子書籍(コンテンツ)そのものが揃っていることが重要であり、ビジネスとして成り立つ大前提となります。コンテンツが揃っていてはじめて、キンドルなどの電子書籍リーダーが存在価値を持ちます。参考までに、キンドル版電子書籍の数は、初めてキンドルが発売された07年11月当時で9万冊、10年1月時点では約41万冊です。

○Place (電子書籍ストア)
これも当然のことですが、読みたい電子書籍があっても手に入る、つまりダウンロードできる仕組みが必要です。書籍内では、「電子書籍ビジネスの本質は、電子書籍端末というハードだけではなく電子書籍ストアのビジネスモデルにある」と書かれています。(p.170)

○Price (お金を払う仕組み)
アメリカ市場で電子書籍ビジネスが成立し、これだけ大きな話題となっている理由として著者である西田氏は次のように断言しています。「電子書籍ビジネスが、きちんとお金を生むようになったからである」(p.126より引用)。
音楽配信のiTunes Storesや、携帯電話において通話料の加算から、コンテンツ利用料金を支払う仕組みが整備されているように、電子書籍においても電子書籍というコンテンツにその対価としてお金が支払われる仕組みが成立していることが、ビジネスとして成り立っているのが最大の要因なのです。
また、電子書籍はデータ量あたりの単価(ビット単価)が非常にいいという側面もあるようです。数十MBもある音楽1曲で1ドルなのに、数MB程度の電子書籍は10ドルで売られています。

○Promotion
今後の電子書籍市場においては、「どんな端末であるか」ではなく、「どんな本が読めるか」、もっと言うと「どんな体験ができるか」が重要となるのではないでしょうか。そうなった時には、書籍がどんな本なのかをいかに知ってもらうかの競争は激しくなりそうです。電子書籍は印刷や製本などの出版コストは大幅に下がるが、逆にプロモーション費用は増加する可能性が高いのだそうです。


iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)


2010/01/30

iPadに期待すること

米Apple(アップル)のタブレット型パソコン「iPad(アイパッド)」が発表されました。ニュースなどで見た印象としては、iPhoneが大きくなった感じです。これ1つで、ネット・メール・電子書籍・テレビ・ゲームなど、いろんなことができるようです。

かつて、音楽と言えば家やコンサートなどで聴くものでした。それがソニーのウォークマンによって外で聞けるようになり、iPodによってより自由に音楽を持ちだせるようになりました。iPodについてもう1つ忘れてはならないのが、音楽配信サービスのiTunesStore(以下iTunes)よって音楽の流通も変わったこと。つまり、それまではCDの最低単価がシングルの1000円程度だったものが、曲単位でしかも100~200円くらいの値段でダウンロードできるようになったのです。



書籍、新聞、雑誌、テレビとの関係について、このiPodとiTunesで起こったように同じことがPadでも起こるのかもしれません。例えば、本や雑誌は電子書籍でダウンロードで購入し、新聞は毎朝定時に自動配信される。これら全てのデータは自宅のハードディスクに保管か、あるいはクラウド上の個人サーバーに置いておければ個人的にとても助かります。

なぜなら、新聞記事や読んだ本から、もう一度読みたい部分は検索で一発で探せるし、場所を取る本棚がいらなくなるからです。テレビについても同様で、今のような決まった時間に番組が提供されるのではなく、見たい番組をその場でダウンロードもしくはサーバーから直接視聴できるようになってほしいです(現在もNHKオンデマンドなど、一部にそういうサービスがありますが)。



思えば、テレビ放送が開始されて50年以上経ちますが、番組の提供方法は当時と変わっていません。あらかじめ決められた時間に放送され、視聴者はその時間はテレビの前にいる必要があります。ビデオの登場で多少改善はされていますが、「20~21時はこの番組をやるので家でどうぞ見てください(録画してください)」という感じは今も変わらないのではないでしょうか。

もちろんこの半世紀の間、モノクロからカラーになり、アナログからデジタル、デジタルハイビジョン、今後の3D放送など、映像自体はとてもきれいになっています。ただ、極論を言ってしまうと、これらの技術よりもそもそもの今の番組放送の仕組み自体を変えてほしいです。平日なんかはテレビを見る時間がないことが多く、録画やワンセグで対応もできますが、やっぱり今の番組提供形態では当たり前のことが、個人的にとても不便だと思っています。マーケティングでいうプロダクトアウト的な発想。

現在のオンデマンドは課金されますが、今は民放はテレビさえあれば無料で見られるので、全ての番組を1つのサーバーに置いておいて、見たい時に自由に取りにいくようになってほしいものです。(現実的には、著作権や広告などなどの利権がいろいろからみそうですが・・)



こういった書籍、新聞、テレビで感じているような3つの不満、

1.本は紙で、保管に本棚が必要。また読み返したい部分を探すのに手間がかかる
2.新聞は毎朝紙で配達される。読み終わった新聞は基本的に捨てる。
3.テレビは決まった時間に放送される。それ以外の時間に見たい場合は自分で録画するなど手間がかかる

について、

1.本は電子情報で保存。探す時は検索ですぐに見つかる
2.新聞は定時配信。捨てる必要なくデータとして保存。検索も容易
3.テレビ番組はサーバーにあり、自由にその場で視聴

ことができる、つまり、「欲しい時・見たい時に手に入る」ようになる。こんな感じで解決され、しかも1台で全て機能する。今回のiPad発表の記事を読んでいてそう期待してしまいます。


※参考情報
http://www.gizmodo.jp/2010/01/all_about_apple_ipad_2.html


最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

ベンチャーから一部上場企業の経営・事業戦略を支援。マーケティング、コンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネジメント。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。


1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。