投稿日 2017/12/08

マインドフルネスのやり方に見る、今という瞬間を大事にするヒント


Free Image on Pixabay


マインドフルネスをご紹介します。今という時間をいかに充実させるかを考えます。

エントリー内容です。

  • マインドフルネスとは
  • マインドフルネスに入る方法
  • マインドフルネスと人生観の共通点


マインドフルネスとは


0秒リーダーシップ という本に、マインドフルネスが紹介されています。



マインドフルな状態では、その瞬間に意識が向けられています。

マインドフルネスとは、過去や未来に意識を向けるのではなく、今この瞬間のあるがままの自分の内部に、深く注意を払うことです。例えば、今の自分はどのような感情か、自分の身体にどんな反応が起きているかに目を向けることです。


マインドフルネスに入る方法


本書の著者のピョートル氏は、マインドフルネスのトレーニングの第一歩は瞑想だと言います。紹介されているマインドフルネスに入る方法は、次の手順です。

  • 姿勢を整える
  • 呼吸に意識を向ける
  • 自分の感情に意識を向ける
  • 思考を整える

以下、それぞれについてご説明します。


1. 姿勢を整える


  • 椅子に浅く腰をかけ、背筋を伸ばし、正しい姿勢で座る。自分の身体の中心に一本筋が通っていることを意識する
  • どこかの筋肉が強張っているようなら、それを解消しリラックスすることを心がける
  • 周囲の景色や雑音が気になるようなら、目を閉じたほうが集中しやすくなる


2. 呼吸に意識を向ける


  • 鼻からゆっくり息を吸い、ゆっくり息を吐く。その音に耳を傾け、吸ったり吐いたりする息に意識を集中する
  •  「いま息を吸っている」 「いま息を吐いている」 ということにしっかり気づくこと
  • これだけのことで、気分が落ち着き、頭がクリアになったことが実感できる


3. 自分の感情に意識を向ける


  • 気分が落ち着いたら、自分が今何を感じているか、どんな気持ちかを冷静に観察する
  • 怒っているのか、悔やんでいるのか、うれしいのか、悲しいのか。誰かを妬んだり、自分の境遇を恨んだり、現状を嘆いたりする負の感情もないがしろにせず、しっかり気づくこと
  • 自分の気持ちを受け入れ、認めるだけで、感情的な問題は解決する。解決しないのは、自分自身と向き合えていないから。嫌だからといって無視していると、しこりとなっていつまでも残る


4. 思考を整える


  • 自分自身の感情と向き合うことができたら、最後に、「では、どうしたらいいか」 を筋道を立てて考える
  • すでに状況を客観的に捉えられているので、建設的で前向きな結論が出やすい
  • 自分が反省すべき点は反省し、あらためるべきところはあらためて、次の一歩を踏み出す。


マインドフルネスと人生観の共通点


マインドフルネスは、今の自分の内面に意識を集中することです。

マインドフルネスが印象に残ったのは、私自身が大切にしている考え方に近いからです。自分の人生観で、これまでの 「今」 が積み重なって今の自分がある、生まれてから死ぬまでの 「今」 の合計が人生と考えています。今の自分を作っているのは、過去の 「今」 が全て積み重なった結果です。

こう考えることによって、いかに毎日をきちんと生活することができるか、そして、今という瞬間を大事にしたいと思うようになりました。


 「慎独」 から今を正しく生きる


今という瞬間を大事にするために、どうすればよいでしょうか。ヒントは 「慎独 (しんどく) 」 にあります。

慎独とは、古典での 「大学」 に書かれている 「君子必慎其独也 (君子は必ず其の独りを慎むなり) 」 から来た言葉です。意味は、自分一人のときでも、行ないを慎み、道を外れないようにすることです。

何か後ろめたいことであっても、人が見ていないところではついやってしまうことは、人は誰しも起こり得ることです。慎独は、その状況でこそ我が身を正し、自分を律することができるかを問います。

誰か人が見ていなくても、見られている時と同じような行動が取れるかです。

他人が見ていないということは、その状況を誰かに言わなければ自分だけしか知らない状況です。少しくらいならいいではなく、自分の行ないを慎み、人としての道を外れないようにできるかです。

自分自身を律することができるかの判断基準は、誰か他の人が見ているかどうかで決めべきではありません。あくまで自分自身の価値観の問題として捉えるべきです。

大事なのは、人の目があるかどうかは関係なく、自分が持つ倫理観に背く行ないであればやらないことです。

慎独の積み重ねが我が身を正し、「今を正しく生きること」 につながります。



最新記事

YouTube (ビジネス系の動画配信)

Podcast - 10分で磨けるビジネスセンス

note - #ビジネスセンスを磨くノート

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。