投稿日 2021/01/14

戦略を難しく捉えすぎていない?5つのポイントで戦略を解説



今回は戦略についてです。


この記事わかること


  • 戦略を難しく考えすぎていないか?
  • 戦略の定義 (本質)
  • 本質から戦略のポイント (5つ)


この記事で書いているのは戦略についてです。戦略とはそもそも何か、後半では戦略を見たりつくる時のポイントを5つに絞ってご紹介しています。

ぜひ最後まで読んでいただき、お仕事での参考になればうれしいです。


戦略の捉え方


この記事でお伝えしたいメッセージは 「戦略のことを難しく考えなくていい」 です。

一般的には戦略と聞くと、何か難しい高尚なものというイメージを持っていないでしょうか?

もちろん戦略のことを難しく語ろうと思えば、いくらでも難解に表現し説明することができます。

良い戦略とは突き詰めればシンプルです。今回の記事では、戦略とは何かをなるべく簡単にわかりやすくご説明します。


戦略の本質


ではそもそも戦略とは何でしょうか?

私の一言の定義があり、戦略とは目的を達成するための 「やること」 と 「やらないこと」 の決めごとです。

もう少しだけビジネス的な表現にするなら、戦略とは目的達成のリソース配分の方針です。リソースとは人・物・金です。個人でも同じで、何に時間やエネルギーを使うかです。


戦略のポイントを5つ


先ほどの戦略の定義から、戦略を見聞きしたり、つくる時のポイントが見えてきます。


戦略のポイント
  • 目的は明確か
  • 「やらないこと」 は何か
  • 「やること」 の優先順位は明確か
  • 実行できるか
  • わかりやすいストーリーがあり語れるか


ではそれぞれについて順番に解説をします。


[ポイント 1] 目的は明確か


戦略とは目的を達成するためにあります。上位の目的がなければ、戦略はつくりようがありません。

まず目的があり、明確になっているからこそ戦略をつくることができます。戦略の前提となる目的が明確化が一つ目のポイントです。


[ポイント 2] 「やらないこと」 は何か


戦略の肝は 「やらないこと」 にあります

ものごとを 「あれもこれも」 ではなく 「あれかこれか」 です。引き算の考え方です。

一見すると全て大事なことに見える中から 「何を捨てたか」 に戦略の性格や特徴が表れます。


[ポイント 3] 「やること」 の優先順位は明確か


捨てるものを決めて残った 「やること」 に注力します。

本当に重要なものとして残ったやることに対して、重要度や緊急度から優先順位をつくります


[ポイント 4] 実行できるか


戦略は立てた時点ではまだ仮説です。

戦略は実行して初めて正しいかどうかが分かります。逆に言えば実行できない戦略は絵に描いた餅です。

戦略を見た時に自信を持って 「これなら実行できる」 と思え、戦略そのものを信頼できることがポイントです。


[ポイント 5] わかりやすいストーリーがあり語れるか


まるで物語のように戦略の1から10までをストーリーで語れるかどうかが五つ目のポイントです。

ストーリーとは、戦略の中身の順番や相互作用への理解です。最初にこれをやる、次にこれ、そして真打ちの登場のようにこれをするというふうにです。

きれいに起床転結になっていなくてもいいです。実行する自分たちが戦略の全体像を何も見なくても分かり、その中で自分たちの役割を言葉で語れることです


まとめ


今回は戦略についてでした。

最後に今回の記事のまとめです。


戦略の本質
  • 戦略とは目的を達成するための 「やること」 と 「やらないこと」 の決めごと
  • 目的達成のリソース配分の方針


戦略のポイント
  • 目的は明確か
  • 「やらないこと」 は何か (何を捨てたか)
  • 「やること」 の優先順位は明確か
  • 実行できるか (戦略実行を信じられる)
  • わかりやすいストーリーがあり語れるか


最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。