2021/01/01

2021年の漢字は 「遊」 。独立して生き残るために大切なこと



今回は2021年への思いです。漢字一文字で、どんな年にしたいかを書いています。


この記事でわかること


  • 2021年の漢字は 「遊」
  • 「遊」 に込めた意味
  • 独立して生き残るために、自ら変化する大切さ
  • 新しく試すこと、余白


この記事で書いているのは2021年への意気込みです。漢字一文字からどのような1年にしたいかを掘り下げています。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき、何か参考になればうれしいです。



2021年の漢字


今年2021年をどのような年にしたいかを考えた時に、漢字一文字で表すと 「遊」 です。

その心は、余白持ち、余裕のある中で新しいことを試して続けることです。余白という車のハンドルの 「遊び」 のようなものがあり、遊び心もあるように新しく試したいという思いです。

背景にあるのはキャリアです。独立して生き残り続けるために私自身が大切にしていることです。


独立して生き残るために


私は2018年に会社を辞めて2年ちょっとの間、個人事業主をやっていました。いわゆるフリーランスです。

その後の去年2020年に会社を設立しました。今は Aqxis 合同会社の代表をやっています。

2年と数ヶ月の独立期間を振り返ると、独立して働き生き残り続けるために大事なのは、自ら変化し続けることです。


新しく試し続ける


何かを試してみるとは新しい挑戦です。

挑戦は大げさに考えずに、少しでも面白そう、興味があると思ったことは試しにやってみる感じです。

もしやってみて違うと思えば、そこで止めたり引き返します。一度やり始めたことに固執してやり続ける必要は必ずしもありません。

また、変化は一度に大きく変化しなくてもよいです。日々の中で少しずつ、まわりは気づかず自分にしかわからない程度の変化です。ちょっとしたことでいいので新しい試しを入れます。


新しく試す例 (顧客インタビュー)


新しく試す例を、私の仕事からご紹介します。

複数の仕事で共通してやっていることの1つに、ユーザーや顧客へのインタビューがあります。

新しく試すことの例は、インタビューで今までよりもっと相手に踏み込んだ質問をしてみます。訊くのを躊躇するようなことも、一歩相手の懐に入ってみるのです。

このような質問は、まわりの人には私自身が新しく試したと気づかれることはありません。それくらい小さなことですが、自分にとってはこれまでやっていなかった新しいことへの挑戦なのです。


新しく試すための余白


ではここからは、独立して生き残っていくための 「自ら変化すること」 に必要なもう1つについてです。

それは余白を持つ重要性です。

新しく何かをやってみることには、試行錯誤が起こります。新しい挑戦の多くは失敗に終わるので、効率だけを考えると、新しいことよりも今までやってきたことを続けるほうが無駄がありません。

しかし既存のことばかりでは、いずれは縮小してしまいます。

そこで新しいことを試すわけですが、そのために新しいことをやるための空白スペースが必要なのです。余白というスケジュールの余裕と、何よりも精神的な心の余裕がないと新しく試すための行動に移れません


2021年の漢字 「遊」 に込めた意味


話を2021年の今年の漢字に戻します。

今年の一文字は 「遊」 でした。先ほどまで見てきた、自ら変化するためには 「新しく試し続けること」 と 「余白」 が必要です。この2つを漢字一文字で表そうと考えた時に、「遊」 の字が思い浮かびました。

新しく試すためには 「遊び心」 を持ち合わせながら、一見すると無駄に思えることもやってみます余白とはハンドルの 「遊び」 のように心に余裕がある状態です

この状態で変化を続け、結果として2021年も独立して生き残っていきたいです。


まとめ


今回は今年2021年への思いについてでした。

独立して生き残り続けるために大切にしたいことをご紹介しました。

最後に今回の記事のまとめです。


2021年の漢字
  • 今年2021年をどのような年にしたいかを漢字一文字で表すと 「遊」
  • 余白持ち、新しいことを試して続ける
  • 背景にあるのはキャリア。独立して生き残り続けるために大切にしていること


独立して生き残るために
  • 独立して働き生き残り続けるために大事なのは、自ら変化し続けること
  • 何かを試してみるとは新しい挑戦。少しでも面白そう、興味があると思ったことは試しにやってみる
  • 新しいことをやるためには余白が必要。スケジュールの余裕と、何よりも精神的な心の余裕


今年の漢字 「遊」 に込めた意味
  • 新しく試すためには 「遊び心」 を持ち合わせながら、一見すると無駄に思えることもやってみる
  • 余白とはハンドルの 「遊び」 のように心に余裕がある状態
  • この状態で変化を続け、結果として2021年も独立して生き残っていきたい


最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。