投稿日 2021/01/30

差別化をつくる四要素から、マーケティングとキャリアへの応用




今回は差別化と、マーケティングとビジネスキャリアについてです。


この記事でわかること


  • 差別化をつくる四つの要素 (戦場, 戦力, 戦略, 戦術)
  • 戦術ばかりでなく、戦場と戦力に目を向けよう
  • マーケティングへの応用
  • ビジネスキャリアへの応用


この記事で書いているのは差別化です。

差別化の要素を分解して理解を深めます。そこから後半ではマーケティングとキャリアへの横展開を書いています。

ぜひ最後まで読んでいただき、お仕事やキャリアへの参考になればうれしいです。


差別化をつくる四つの要素


最初にご紹介したいのは差別化の因数分解です。

差別化の要素にはどんなものがあるでしょうか?

分解すると差別化をつくるのは四つあり、戦場・戦力・戦略・戦術です。それぞれは次の通りです。


差別化をつくる四つの要素
  • 戦場: 戦う環境
  • 戦力: 兵力や武器などのリソース
  • 戦略: 勝利 (目的) 達成のための方針 (やること・やらないことの決めごと)
  • 戦術: 具体的な戦い方


では四つの要素の理解を深めるために、ビジネスに当てはめてみましょう。具体的にはマーケティングです。


マーケティングへの当てはめ


マーケティングに差別化の四要素を当てはめると、次のようになります。


マーケティングと差別化の四要素
  • 参入市場 [戦場]
  • リソース (従業員, 生産設備, 商品量, 予算, 顧客情報, 競合情報) [戦力]
  • ターゲット顧客定義やポジショニング戦略 [戦略]
  • 具体的なマーケティング施策 (ネーミングやパッケージ, 店頭展開, 価格設定, 広告・販促) [戦術]


戦場と戦力に目を向けよう


差別化の四要素 (戦場, 戦力, 戦略, 戦術) 、いかがでしょうか?

ここで一つ、意識しておきたい大切なことがあります。一言で言えば 「戦術ばかりでなく、戦場と戦力に目を向けよう」 です。

現場の実行メンバーからすると、四つのうち下に行くほど自分たちには馴染みがあります。一番下にくる戦術は実際に自分たちがやることなので手をつけやすく取り組みやすいです。

しかし望ましいのは、上位から順番に意思をもって自ら選んでいくことです。なぜなら上から自分たちの活動に与える影響が決まっていくからです。


全体に目を向ける
  • 戦場という主要な活動領域を定める
  • 保有リソース (戦力) は何がどれぐらいあるかを把握する
  • 戦場と戦力という前提から戦略をつくる
  • 戦場・戦力・戦略を踏まえて戦術に落とし込む


下にある戦術ばかりに目が向いてしまっていないでしょうか。

戦術は差別化の要素のうちの一つにすぎません。戦術に影響を及ぼすのは戦場・戦力・戦略です。戦術ばかりでなく、戦場と戦力に目を向けてみるといいです。


ビジネスキャリアへの応用


戦場から戦術までの連動は個人のレベルでも当てはまります。例えばビジネスキャリアです。


ビジネスキャリアへの応用
  • 自分が働く環境 (業界, 会社, 部署, チーム, 業種, 職場や自宅) [戦場]
  • 持っているもの (仕事に使える時間, 体力や精神力, 自己投資に使うお金, 人脈, 知見や専門スキル, 仕事に使う道具 (パソコンやスマホなど) ) [戦力]
  • 自分がやる仕事とやらない仕事の方針 [戦略]
  • 具体的な仕事の進め方・仕事術 [戦術]


キャリアの戦場と戦力


先ほど 「戦術ばかりでなく、戦場と戦力に目を向けよう」 と書きました。

これはキャリアでも同じです。

仕事で日々の目の前のことに集中するあまり、四つのうち最後の戦術で、いかに仕事を効率よくするかを考えていないでしょうか?

もちろん具体的な仕事術である戦術を強化することも重要ですが、それ以上に大事なのは戦術の上位レイヤーにある戦略、そして戦略の前提となる戦場と戦力です

もちろん戦場 (働く環境) は簡単には自分だけで変えられないかもしれませんが、少なくとも自分がいる環境を理解しておきたいです。

戦力についても、リソースとして自分は何を持っているのか、どう有効活用するかです。大事なのは、今後何を獲得してどのように磨いておくかを考え、実践していくことです。


まとめ


今回は差別化の四つの要素から、マーケティングビジネスキャリアに当てはめながら掘り下げました。

最後に記事のまとめです。


差別化をつくる四つの要素
  • 戦場: 戦う環境
  • 戦力: 兵力や武器
  • 戦略: 勝利 (目的) 達成のための方針 (やること・やらないことの決めごと)
  • 戦術: 具体的な戦い方


マーケティングと差別化の四要素
  • 参入市場 [戦場]
  • リソース (従業員, 生産設備, 商品量, 予算, 顧客情報, 競合情報) [戦力]
  • ターゲット顧客定義やポジショニング戦略 [戦略]
  • 具体的なマーケティング施策 (ネーミングやパッケージ, 店頭展開, 価格設定, 広告・販促) [戦術]


ビジネスキャリアへの応用
  • 自分が働く環境 (業界, 会社, 部署, チーム, 業種, 職場や自宅) [戦場]
  • 持っているもの (仕事に使える時間, 体力や精神力, 自己投資に使うお金, 人脈, 知見や専門スキル, 仕事に使う道具 (パソコンやスマホなど) ) [戦力]
  • 自分がやる仕事とやらない仕事の方針 [戦略]
  • 具体的な仕事の進め方・仕事術 [戦術]


戦術ばかりでなく、戦場と戦力に目を向けよう
  • 戦場という主要な活動領域を定める
  • 保有リソース (戦力) は何がどれぐらいあるかを把握する
  • 戦場と戦力という前提から戦略をつくる
  • 戦場・戦力・戦略を踏まえて戦術に落とし込む


最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。