2019/01/03

整体マッサージを予約した自分のニーズを言語化。コンサルティングとの共通点


Free Image on Pixabay


1115回目のエントリーです。今回は行きつけの整体マッサージについてです。

マッサージの予約をし、なぜ自分はマッサージを受けたいと思ったか、整体マッサージの価値は何かをあらためて考えています。

エントリー内容です。

  • 整体マッサージの価値
  • 外部コンサルティングの価値
  • 自分は価値を提供できているか


整体マッサージの価値


整体マッサージを受けようと思い、予約したのはなぜかを考えると、マッサージに期待することは以下です。

  • 身体の疲れを取り除く。マッサージによって身体を整える
  • 歪みなど自分の身体に問題があるかを知りたい
  • マッサージ中は日常から離れて頭を休めたい (何も考えない時間の確保)

いずれも、やろうと思えば自分でできそうなことです。しかし、自分のことであっても、むしろ自分のことだからこそ気づかないことがあります。

なぜ気づかないかは、そもそも意識していない、客観的に自分を見られない、比較対象がない、何が正解かわからないからです。

現状把握や改善への処方、有意義な時間の確保を、あえて第三者の人 (整体マッサージ師) に依頼することに価値があります。


外部コンサルティングの価値


この話を一般化すると、ビジネスにおいて企業や組織が外部にコンサルティングを依頼することと同じです。

なぜわざわざ外部のコンサルティングを受けるかの理由には、共通点があります。

  • 状況を聞いてもらいたい
  • 問題点の構造化と真の原因を把握したい
  • 理想像の提示とギャップを埋めるための処方箋を知りたい
  • 処方の実行を支援してほしい

自分たちでは気づけない、外部の専門家ならではの視点に価値があります。


自分は価値を提供できているか


翻って、自分はどうかです。

現在は私の仕事はフリーランスとしていくつかのスタートアップ企業の業務支援をしています (2019年1月現在) 。企業と直接契約をし、第三者の立場も残しながら様々な仕事をしています。

仕事をしている相手企業からすれば、社員ではないフリーランスとしての他にはない価値を提供できているかどうかが問われます。期待されていること、期待以上の成果を出し続け、価値を生み出しているかです。


最後に


今回は、整体マッサージに予約した時の自分のニーズを言語化し、一般化すると何が言えるかを考えました。

最後に関連エントリーのご紹介です。以下は、以前に同じお店に行った時のことを書いたものです。


最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

ベンチャーから一部上場企業の経営・事業戦略を支援。マーケティング、コンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネジメント。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

note, Twitter, YouTube, stand.fm, himalaya も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。