2018/09/24

ZOZOSUIT で作ったオーダーメイドジーンズを買いました。穿き心地と提供価値をご紹介


Free Image on Pixabay


ZOZOTOWN が去年2017年に発表したのが、ZOZOSUIT (ゾゾスーツ) です。ゾゾスーツを着て専用アプリのカメラを使うと、全身のサイズを測ることができます。

ゾゾスーツからの計測値で、オーダーメイドのジーンズを買いました。今回は、ZOZO のオーダーメイドジーンズを買って、思ったことを書いています。

エントリー内容です。

  • ZOZO の穿き心地
  • 今までのジーンズの穿き心地の悪さ
  • ZOZO オーダーメイドジーンズの提供価値


ZOZO オーダーメイドジーンズの穿き心地


これまでは、オーダーメイドのジーンズは買ったり、穿いたことはありませんでした。今回 ZOZO で買ったジーンズが、初めてのオーダーメイドです。

自分の身体に正確にフィットするジーンズと、通常のジーンズの違いは以下です。

  • ウェストサイズが自分の腰回りに合っているのでベルトが不要。ヒップのサイズも合っていて、ダブつくことはない
  • 太もも、膝、裾にかけても、自分の足の太さや長さに合っている。歩いたり階段を上がる時に、ジーンズがきつかったり引っかからず、動いた時に違和感がない


今までのジーンズの穿き心地の悪さ


ZOZO のオーダーメイドのジーンズを穿いたことにより、気づいたことがあります。

今まで使っていた通常のジーンズの穿き心地が、必ずしも良くなかったことです。具体的には、以下です。

  • ベルトが必須であるくらい、腰回りに余裕がありすぎる。ベルト部分で常に腰が圧迫されている。ベルトで無理やり調整し締め付けられるので、穿き心地が犠牲になっている
  • 腰回り以外にも、ヒップや太ももの自分のサイズとジーンズのサイズは合っていない。全体として最も自分の身体に合ったものを選んでいたが、脚の各部分は自分の身体に最適化されているわけではない
  • ストレッチ素材のジーンズであったとしても、自分の身体にフィットしていない形なので、歩いたり階段を上がったりすると生地が引っかかり、服が身体の動きを邪魔していた

以上の穿き心地の悪さは、恐らく最初は感じたものの、いつしか気にならなくなっていました。ジーンズは必ずしも動きやすい服ではないということを、当たり前のこととして知らない間に受け入れていました。

しかし、オーダーメイドのジーンズを穿いてみた結果、あらためて今までのジーンズの不自然さに気づきました。


ZOZO オーダーメイドジーンズの提供価値


今まで使っていた通常のジーンズは、全体ではサイズが合っているように感じていました。

しかし、部分では自分の身体に最適化されていません。その結果、実は全体でもジーンズの形状と身体は合っていないことがわかりました。それが当たり前として、自分では気づいていませんでした。

ZOZO のオーダーメイドのジーンズは、腰から裾にかけて、自分の身体のサイズとジーンズの形がフィットします。部分最適がされ、全体でも自分に最適化されたジーンズです。

穿いていて違和感はありません。これまでにない初めての穿き心地が、今までのジーンズの不便さを気づくきっかけになりました。

ZOZO オーダーメイドジーンズの価値は、身体へのフィットと動きやすさの両立による穿き心地の良さです。

オーダーメイドではないジーンズは、フィットを優先すれば動きにくい服です。一方、動きやすさを取れば、サイズに余裕がありすぎたり、腰回りだけがダブついたりと、身体へのフィットさが犠牲になっていました。

ZOZO オーダーメイドジーンズは、通常のジーンズに比べると、今までにない穿き心地を提供します。他のオーダーメイドに比べると、ゾゾスーツによる手軽な身体測定と、手頃な価格でオーダーメイドジーンズを買えます。


最後に


ZOZO は、今までは一度も使ったことがありませんでした。ゾゾスーツが登場して、初めて ZOZO で服を買いました。

オーダーメイドジーンズは、今使っているものが古くなれば、また買いたいと思えるものです。2018年9月現在は、オーダーメイドのメンズのボトムスは二種類のジーンズのみですが、ジーンズ以外も出れば買ってもいいなと思えます。

最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

複数のスタートアップ支援に従事。経営や事業戦略のコンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネージャー、マーケター。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

YouTube, note も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。