2020/07/09

天才の三要素。身近な天才に学ぶ 「発想力」 を鍛える方法




今回は、天才についてです。


この記事で分かること


  • 天才の三要素
  • 身近にいる天才 (三要素の具体例)
  • 発想力の鍛え方


記事の前半では、天才の三要素をご紹介します。後半ではその中の一つである、発想力の鍛え方を掘り下げます。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき、お仕事やキャリアへの何か参考になれば嬉しいです。


天才の三要素


あなたを天才にする スマートノート という本に、著者の岡田斗司夫さんが考える天才の三要素が書かれています。





天才の三要素
  • 発想力
  • 表現力
  • 論理力


発想力は、今までの価値観や感性を捨てて、新しい思いつきや概念を生み出したり、おもしろがれる能力です。

表現力は、自分の考えを他人に伝える技術力です。話す、書く、描く、歌う、演奏する、踊るなど、方法は様々です。

論理力は、複雑な考えや雑多なアイデアを整理し矛盾をなくし、まとめたり順番に並べ、わかりやすく整える能力です。

天才は、この三つ全てを高いレベルで兼ね添えています。

三つのうち二つでも十分すごい人ですが、三つ全てとなると著名人では北野武、歴史上の人物では、例えばレオナルド・ダ・ヴィンチをあげています。

では、この三要素をもう少し掘り下げてみましょう。


身近な天才


あらためて三要素の視点で周りを見てみると、私の中で思い浮かぶ、この人には逆立ちしても勝てないという天才のような人がいます。

つい最近も会って、お互いの近況の情報交換をしました。やっている仕事内容の話を聞いて、発想力、表現力、論理力が全てそろっているとあらためて痛感しました。

具体的にご紹介すると、


発想力
  • 着眼点や切り口がユニーク
  • 高い視座だけではなく、現場感覚も優れている
  • 視野が広い (見ている領域が広く時間軸が長い)
  • 視点が多い
  • クライアントに新しい気づきを与え続けている


表現力
  • データや情報からの意味合い、自分の思考を適切に言葉にできる
  • 相手や状況に応じてマテリアルを使う (例: ドキュメントとスライドの使い分け)
  • 資料が美しい (自分なりの美意識が反映されている)
  • 的確なキーワード選定。意図を持って使い続け、共通言語にしていく
  • 明確なコンセプト提示


論理力
  • 全体像の設定と構造化
  • 常にどんな意味があるかを考えている
  • 代替案がある
  • 論点を明確にし仮説にする。検証方法もセットで持っている
  • 机上の空論ではなく、データと現場感覚、顧客視点が土台になっている
  • 再現性が高い。横展開や応用が広くスピードが早い
  • 人に教えられる、育てることができる


思いつくものを挙げてみました。

話を聞いていると、関わった仕事やプライベートも含めて次々に発想が広がり、その表現が面白く、ロジックが通っているので聞いていて分かりやすいのです。


天才の三要素は鍛えられる?


では、こうした天才の三要素、発想力、表現力、論理力は天から与えられた先天的な能力なのでしょうか?

それとも、後から鍛えることができるのでしょうか?

私の答えは、生まれながらの天才にはかなわないかもしれませんが、少しでも天才に近づくことはできる、つまりある程度は鍛えられると考えています。

ではここからは、三つのうち発想力に絞って、どうやって鍛えるかを掘り下げていきましょう。


発想力の鍛え方 (5つ)


私が思う発想力の鍛え方は、以下の5つです。


発想力の鍛え方
  • 他から学ぶ (他人, 本, 他の業界の成功や失敗例, 歴史)
  • 三つの 「視」 を意識する (視座, 視野, 視点)
  • 直感と論理の両方を使う
  • 本質に迫る
  • 引き出しを増やし、意識して使う


ではそれぞれについて、順番にご説明します。


[鍛え方 1] 他から学ぶ


自分以外の他者から学ぶことによって、発想力の源泉を増やします。

具体的には、仕事であれば周りの同僚、本やネットのニュース記事、他業界の成功や失敗事例、そして歴史からです。

自分で経験できることには限りがあるので、他者の具体的な経験から学びます。


[鍛え方 2] 三つの 「視」 を意識する


三つの視とは、視座、視野、視点です。

視座は高いか低いかなので、具体と抽象の切り替えを意識します。

視野は見る範囲です。二つあり、空間的な視野と時間的な視野 (時間軸) です。見る空間領域を広くし、時間軸を長く見ます。

視点はどれだけ多く持てるかです。例えば自分の視点だけではなく、顧客視点、さらに世の中全体の視点といったように、複数の視点を持って見ます。


[鍛え方 3] 直感と論理の両方を使う


直感だけでもなく、論理だけでもなく、両方を使って発想力を高めます。


直感と論理のサンドイッチ
  • 直感から切り口や着眼点を見つける
  • 論理で分析検証をし、整合性をとっていく
  • 直感で統合する。大局観や美意識も使う


[鍛え方 4] 本質に迫る


本質に近いほど、そこからの発想は力強くなります。

私は本質までには三つのレイヤーを想定して、掘り下げるようにしています。


ものごとの三階層
  • 目に見える表面的な事象
  • 背後にある構造的な要因 (メカニズム)
  • さらに奥にある本質


[鍛え方 5] 引き出しを増やし、意識して使う


ここで言う引き出しとは、個々の具体を抽象化したものです。

体験や事例を抽象化することによって、頭の中の引き出しにしまいやすくなります。

ただし、しまって持っているだけでは宝の持ち腐れです。抽象の切り口やフレームを普段から意識して使うようにします。


まとめ


今回は、天才についてでした。

天才の三要素を取り上げ、後半ではそのうちの一つである、発想力の鍛え方を見てきました。いかがだったでしょうか?

最後に今回の記事のまとめです。


天才の三要素 (三つ全てを高いレベルで兼ね添えてる)
  • 発想力: 今までの価値観や感性を捨てて、新しい思いつきや概念を生み出したり、おもしろがれる能力
  • 表現力: 自分の考えを他人に伝える技術力。話す、書く、描く、歌う、演奏する、踊るなど
  • 論理力: 複雑な考えや雑多なアイデアを整理し矛盾をなくし、まとめたり順番に並べ、わかりやすく整える能力


発想力の鍛え方
  • 他から学ぶ (他人, 本, 他の業界の成功や失敗例, 歴史)
  • 三つの 「視」 を意識する (視座, 視野, 視点)
  • 直感と論理の両方を使う
  • 本質に迫る (事象 → 構造 → 本質)
  • 具体を抽象化した引き出しを増やし、意識して使う





あなたを天才にする スマートノート (岡田斗司夫)

最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

ベンチャーから一部上場企業の経営・事業戦略を支援。マーケティング、コンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネジメント。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

note, Twitter, YouTube, stand.fm, himalaya も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。