2019/04/25

差別化とは何をすること?なぜ大切なの?差別化をする方法は?




今回は、差別化についてです。

  • そもそも差別化するとはどういうこと?
  • なぜ差別化が重要なの?
  • どうすれば差別化できる?

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


ビジネスでは差別化という言葉がよく使われます。

では、ビジネスにおいて差別化とは何をすることでしょうか?

この記事では、差別化とは何か、なぜ重要なのか、どうやって差別化をするかを書いています。仕事でのヒントになると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。


差別化の意味


差別化とは何でしょうか?

ビジネスにおける差別化には、2つポイントがあります。


差別化の意味
  • 違いが顧客にとって意味があること
  • その違いが 「選ばれる理由」 であること


差別化とは、相手 (例えば顧客) にとって、比べているものと価値の分だけ違いがあるということです。

価値があるからこそ、違いが選ばれる理由になります。これが、顧客にとって違いに意味があるということです。


なぜ差別化が重要なのか


では、なぜ差別化することが重要なのでしょうか?

先ほどの差別化の意味ですでに書いているのですが、差別化が必要なのは 「選ばれるため」 にあります。

差別化されていない商品やサービスというのは、他と違いがないので特別な 「選ばれる理由」 がありません。選ばれる理由がないというのは、他と比べて魅力的な価値がないということです。

商品やサービスが残り続けるためには、顧客から選ばれ続けなければなりません。選ばれるとは、指名される、買ってもらえる、使ってもらえることです。

差別化されて他にはない魅力があるからこそ、商品・サービスは生き残っていけるのです。


どうやって差別化をするか


ここまでで、差別化とはそもそも何か、なぜ差別化が重要なのかがわかったかと思います。

では、どうすれば差別化をすることができるのでしょうか?

差別化をやるには、3つのアプローチがあります。


差別化のアプローチ
  • 他と同じことをより良くやる
  • 他がやっていないことをやる
  • 多くの人は続けられないことを続ける


以下で、それぞれについて解説します。


[差別化 1] 他と同じことをより良くやる


他社や他の人がやっていることと同じことを、自分 (たち) はさらにうまくできれば差別化ができます。

よりうまくとは具体的には、

  • 安い (低コスト) 、早い、使いやすい
  • 高機能、高品質
  • 顧客のかゆいところに手が届く自由度

これらの 「他と同じことをより良くやる」 とは、本質的には競争をして勝つことです。顧客が求める基準において、より良くして他との競争に勝つことを目指します。


[差別化 2] 他がやっていないことをやる


2つめのアプローチは、競争をしないことによって差別化を図ることです。

まだ他社や他の人がやっていないこと、やろうと思っても何かしらの理由でできないことを、自分たちは取り組んでいきます。

人と違うことをやり、その結果が顧客にとって意味のあること、選ばれる理由になる価値をもたらすことができれば、競争をせずに差別化ができます。


[差別化 3] 多くの人は続けられないことを続ける


3つめは、始めは競争が起こりますが、気づけば競争相手がいなくなって差別化ができている状態を目指します。

例えば、100人の人が、「これをやるとよい」 と聞いたとします。実際にやってみる人は、100人のうち10人程度でしょう。さらに、そのうち辞めずに続ける人は10人のうち1人くらいです。

数字はあくまで例ですが、100人のうちのただ1人になるためには、多くの人が続けられないことを自分だけは続けられるかです。

時間はかかりますが、コツコツと続けて相手や顧客に価値を提供し続ければいつかは自分1人だけが高みに到達し、その結果、差別化が実現します。


まとめ


今回は、差別化について書きました。

いかがだったでしょうか?

差別化とは何か、なぜ差別化が大事なのか、差別化のいくつかのアプローチが、仕事やビジネスキャリアの参考になったのであれば、うれしいです。

最後に今回の記事のまとめです。

  • 差別化とは2つを満たすこと
    ① 違いが顧客にとって意味があること
    ② その違いが 「選ばれる理由」 であること
    相手 (例えば顧客) にとって、比べているものと価値の分だけ違いと差別化できている

  • 差別化が必要なのは 「選ばれるため」 。選ばれるとは、指名される、買ってもらえる、使ってもらえること。
    差別化をして他にはない魅力があるからこそ、商品・サービスは生き残っていける

  • 差別化をやるための3つのアプローチは、
    ① 他と同じことをより良くやる (競争に勝つ)
    ② 他がやっていないことをやる (競争をしない戦略)
    ③ 多くの人は続けられないことを続ける (はじめは競争し、気づけば競争相手がいない)

最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

複数のスタートアップ支援に従事。経営や事業戦略のコンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネージャー、マーケター。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。note も更新しています。

内容は個人の見解です。