投稿日 2020/04/11

書評: 哲学の世界へようこそ。- 答えのない時代を生きるための思考法 (岡本裕一朗) 。良質な問いを立て、「直感・検証・反証・結論」 から考え抜こう




今回は、書評です。





哲学の世界へようこそ。- 答えのない時代を生きるための思考法 という本をご紹介します。


この記事でわかること




この本では哲学者が答えが1つではない問いに、具体的にどう考えるかの思考法が紹介されています。

答えがないとは、ビジネスの世界そのものです。哲学者の思考プロセスは、ビジネスパーソンにも学びがあります。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき、お仕事での参考にしてみてください。


この本に書かれていること


この本の内容を一言で言えば、哲学者の思考プロセスを具体例 (ケーススタディ) で学べる本です。

哲学では、世の中の常識をあえて疑い、問いを立て自ら考え抜きます。唯一の正解がない問題設定をします。

以下は、この本の内容紹介からの引用です。

人生は理不尽の連続だ。だからこそ、君に一生使える 「思考の武器」 を贈ろう。

AI 、友だち、サイコパス、同性愛――

身近な思考実験を通して、常識を疑うための4ステップが身につく!ベストセラー『いま世界の哲学者が考えていること』の著者が語る、いま哲学する力が必要な理由と、それを鍛える実践的レッスン。


常識を疑うための4ステップ


常識を疑うための4つのステップ (思考フレーム) とは、次の通りです。


思考フレーム
  • 直感をもとに立場を決める (その立場を選んだ根拠は?)
  • 根拠に説得力を持たせる (その根拠はどれだけ妥当か?)
  • 別の観点から問い直す (より納得のいく根拠はないか?)
  • 使える結論を導き出す (感情ではなく理性にもとづいた結論か?)


良質な問いを立てる


この本を読んで思ったのは、問いを自ら立てる重要性です。哲学的な良質な問いです。

では、良質な問いとは、どのようなものでしょうか?


哲学的な良質な問い
  • 唯一の正解がない
  • 簡単に答えが出ない
  • 抽象度が高い


哲学では、世の中で常識とされていることをあえて疑います。そのためには、「気づく → 疑う → 問いにする」 という流れです。

このプロセスは、暗黙知から形式知 (人に説明ができる知識) への変換に似ています。


直感から始まる思考プロセス


この本で紹介されている思考プロセスは、次の4つのステップです。


思考フレーム
  • 直感をもとに立場を決める [直感]
  • 立場に説得力を持たせる [根拠]
  • 別の観点から問い直す [反証]
  • 使える結論を導き出す [結論]


この思考フレームのポイントだと思うことは、以下です。


思考フレームのポイント
  • 直感から始まっている
  • 直感を掘り下げて検証していく
  • あえて別の観点から問い直す (反証)
  • 自分の見解を2回出す (始めの直感、検証・反証後の結論)


問いを考え抜く


今回ご紹介した方法では、直感から始め、後から論理的に、多角的に考えていきます。

唯一の答えのない 「良質な問い」 に対してこのプロセスで進めることが、考え抜くことにつながります。

最初の直感的な自分の意見や答えと、検証と反証後の見解は、異なることもあるでしょう。自分なりの答えが変わるかどうかは問題ではなく、重要なのは考え抜くことです。

最初の意見・スタンスに囚われないことが大事です。


まとめ


今回は、哲学の世界へようこそ。- 答えのない時代を生きるための思考法 という本をご紹介しました。





最後に今回の記事のまとめです。


1.
哲学者の思考プロセスを具体例 (ケーススタディ) で学べる本。哲学では世の中の常識をあえて疑い、問いを立て自ら考え抜きます。唯一の正解がない問題設定をする。


2.
哲学的な良質な問いを立てる (気づく → 疑う → 問いにする) 。
  • 唯一の正解がない問い
  • 簡単に答えが出ない問い
  • 抽象度が高い問い


3.
思考フレーム
  • 直感をもとに立場を決める [直感]
  • 立場に説得力を持たせる [根拠]
  • 別の観点から問い直す [反証]
  • 使える結論を導き出す [結論]


4.
思考フレームのポイント (問いを考え抜く)
  • 直感から始まっている
  • 直感を掘り下げて検証していく
  • あえて別の観点から問い直す (反証)
  • 自分の見解を2回出す (始めの直感、検証・反証後の結論)





哲学の世界へようこそ。- 答えのない時代を生きるための思考法 (岡本裕一朗)

最新記事

Podcast

YouTube

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社 HP はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

最も力を入れているのはニュースレターです。

名古屋出身、学生時代は京都。気分転換は朝のランニング。