投稿日 2020/04/18

「ストーリーとしての競争戦略」 を色々と横展開してみる (マーケ, プロマネ, キャリア)




今回は、競争戦略と、そこからの応用です。


この記事でわかること


  • ストーリーのある競争戦略
  • マーケティング、プロジェクトマネジメントへの応用
  • 働き方やキャリアへの活かし方


前半は競争戦略のストーリーについて、後半ではマーケティング、プロジェクトマネジメント、個人のビジネスキャリアへの横展開をしています。

ぜひ記事を読んでいただき、お仕事やキャリアへの参考にしてみてください。


ストーリーとしての競争戦略


まず最初にご紹介したい本があります。

ストーリーとしての競争戦略 - 優れた戦略の条件 です。





この本が問いかけるのは、競争戦略に、「思わす人に話したくなるようなおもしろいストーリーがあるか」 です。


競争競争のストーリー
  • 戦略に 「流れ」 と 「つながり」 があり、時間的な奥行きがある
  • 静止画ではなく 「動画」
  • 数字での可視化だけではなく 「話せる化」


ではここからは、競争戦略のストーリーの考え方を、いくつか横展開してみます。


マーケティングのストーリー


1つ目はマーケティングです。マーケティングの戦略と戦術 (施策) 、施策結果がどうストーリーになっていくかを見ていきましょう。

図で表すと、次のようになります。





ストーリーで流れを可視化することにより、マーケティング全体でのポイントが理解しやすくなります。


マーケティングのポイント
  • 目的・戦略・戦術の一貫性
  • 認知から購入・利用までをつなげる施策
  • 全てがユーザー体験をつくる
  • ユーザー体験 (UX) がブランドをつくる
  • 長期的にはブランドの強さが売上を決める


なお、こちらについての詳細は、別の記事で解説しています。よければ、ぜひご覧ください。



プロジェクトマネジメントのストーリー


続いての横展開は、プロジェクトマネジメントです。

予定通り進まないプロジェクトの進め方 という本からです。





この本で解説されているのは、プロジェクトを進めるためのツール 「プロジェクト譜」 です。

プロジェクト譜とは、プロジェクトの情報と成功ストーリーの可視化です。因果関係を客観視でき、何がボトルネックなのか、そこからどうやって解決すればいいかが考えやすくなります。




引用:なぜプロジェクトは上手くいかないのか?未知なるチャレンジを成功に導く 「プ譜とは?」 |OUR FUTURES


図の左から、以下の要素でつくります。


プロジェクト譜
  • 前提情報 (スケジュール・予算・人員・環境・外敵など)
  • 施策
  • 中間目標
  • ゴール設定


施策・成功条件・ゴールと3つが、どのようにつながっているかをストーリーで可視化し、プロジェクト全体としてうまく進んでいるかを考えやすくなるツールです。

こちらも、別の記事で取り上げています。ぜひ読んでみてください。



個人のキャリアへの応用


個人のレベルでも、競争戦略のストーリーの考え方は応用ができます。

自分が目指したい働き方と成長を、ストーリーとしてモデルにすると、次のようになります。





これは、私個人のグロースモデルです。自分自身を1つの会社と見立て、あたかも自分を経営していると捉えてみたものです。

このグロースモデルのポイントを言語化すると、以下のようになります。


グロースモデルのポイント
  • 具体と抽象化 (思考と言語化) を実践の場で活かし、価値提供から信頼を蓄積する
  • 信頼が新たな仕事になっていく
  • 実践と価値提供が新しい思考と言語化につながる


働き方をストーリーという観点から見ることにより、普段の仕事のチェックポイントにできます。


仕事でのチェックポイント
  • 普段からインプットとアウトプットをしているか
  • 経験やスキルを仕事で応用できているか
  • 得た知識やノウハウを仕事の場で新しく試しているか


このようの問いかけから振り返り、今何をする必要があるか、本当に重要なものは何かを見極めます。

グロースモデルについての詳しくは、別の記事で書いています。よければ、ぜひご覧ください。



まとめ


今回は、ストーリーというキーワードで、競争戦略、マーケティング、プロジェクトマネジメント、ビジネスキャリアについて掘り下げました。

最後に今回の記事のまとめです。



1. 競争戦略ストーリー


競争戦略に 「思わす人に話したくなるようなおもしろいストーリー」 があるか。
  • 戦略に 「流れ」 と 「つながり」 があり、時間的な奥行きがある
  • 静止画ではなく 「動画」
  • 数字での可視化だけではなく 「話せる化」



2. マーケティングのストーリー



  • 目的・戦略・戦術の一貫性
  • 認知から購入・利用までをつなげる施策
  • 全てがユーザー体験をつくる
  • ユーザー体験 (UX) がブランドをつくる
  • 長期的にはブランドの強さが売上を決める



3. プロジェクトマネジメントのストーリー



施策・成功条件・ゴールと3つが、どのようにつながっているかをストーリーで可視化し、プロジェクト全体としてうまく進んでいるかを考える。



4. 自分のグロースモデル



  • 具体と抽象化 (思考と言語化) を実践の場で活かし、価値提供から信頼を蓄積する
  • 信頼が新たな仕事になっていく
  • 実践と価値提供が新しい思考と言語化につながる





ストーリーとしての競争戦略 - 優れた戦略の条件 (楠木建)

最新記事

Podcast

YouTube

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社 HP はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

最も力を入れているのはニュースレターです。

名古屋出身、学生時代は京都。気分転換は朝のランニング。