投稿日 2021/05/23

7つの習慣には、成功するマーケターになる答えがある



今回は 「7つの習慣」 から学ぶマーケティングです。


この記事でわかること


  • 成功法則 「7つの習慣」
  • 7つの習慣のマーケティング活動への当てはめ


この記事では、マーケターとして目指したい姿勢を 「7つの習慣」 から掘り下げています

ぜひ最後まで読んでいただき、お仕事での参考になればうれしいです。


7つの習慣


自己啓発の世界的なベストセラーが 7つの習慣 です。





7つの習慣
  1. 主体的である
  2. 終わりを描くことから始める
  3. 重要事項を優先する
  4. Win-Win を考える
  5. 理解してから理解される
  6. 相乗効果を発揮する
  7. 刃を研ぐ


7つは、私がマーケターとしてありたい姿と重なります。


マーケターとして高みを目指すために


マーケターとして目指したい姿勢を 「7つの習慣」 に当てはめてみます。


1. 主体的である


マーケターの原動力として私が持っておきたいのは、顧客が成功したり幸せになってほしい想いです。

誰かに言われたからマーケティングの仕事をやるのではなく、マーケターとして自らの意思でマーケティング活動を進めたいです。社内外の関係者に主体的に働きかけ、巻き込んでいきます。


2. 終わりを描くことから始める


第2の習慣から教えられるのは、目的の重要性です。

マーケティングではそもそもの目的を明確にし、目的から戦略をつくり、マーケティング施策に落とし込みます。

ここで注意が必要なのはマーケティング施策という How に目が行き過ぎることです。How の前に Why, Who, What があり、それぞれ 「目的」 「顧客」 「顧客への提供価値」 です。これらから 「終わり」 を描き、施策を実行します。


3. 重要事項を優先する


マーケターがやるべきことは多岐にわたります。

だからこそ大事なのは、多くのやることの中から本当に大事なことを見極めることです。具体的には、戦略立案、顧客理解、提供価値の磨き込み、現場を見ることです。

短期的な視点だけにならず、中長期で重要事項は何かを考えることも大事です。


4. Win-Win を考える


マーケティングでの Win-Win とは、顧客と自分 (たち) の両方の成功です。

マーケティングは顧客の成功につなげ、少しでも顧客を幸せにするためにあります。顧客の成功が巡り巡って自分たちに返ってきます。

決して自分たち都合だけのマーケティングをしない、別の表現をすれば 「顧客不在のマーケティング」 をやらないようにします。顧客の Win があってこその自分たちの Win です。


5. 理解してから理解される


マーケティングでも 「理解してから理解される」 の順番が当てはまります。

まずは顧客理解です。顧客のことを理解しているからこそマーケティング施策がつくれるという順番です。マーケティングを通じて顧客に商品やサービスのことを理解してもらいます。順番は顧客理解からです。


6. 相乗効果を発揮する


マーケターは、顧客の成功を顧客と一緒に実現していくパートナーのような存在です。

マーケターは顧客が幸せになることを支援し、マーケターは顧客と向き合う中で成長していきます。目指したい関係は、顧客とマーケターの双方がより良くなっていく相乗効果が起きることです。


7. 刃を研ぐ


第7の習慣の 「刃を研ぐ」 とは自分を磨き続けることです。

マーケティングには終わりはありません。例えば顧客理解には、顧客は変わり続けるのでマーケティングとは 「終わりなき顧客理解の旅」 です。

他にはマーケターはスキルや最新情報・トレンドを知るなど、常に自分を磨くことが求められます。


まとめ


今回は7つの習慣に学ぶ、私がマーケターとして目指したい姿をご紹介しました。

マーケティング以外にも、営業や製造、企画、研究開発などにも7つの習慣からはヒントが得られると思います。

最後に記事のまとめです。


7つの習慣
  1. 主体的である
  2. 終わりを描くことから始める
  3. 重要事項を優先する
  4. Win-Win を考える
  5. 理解してから理解される
  6. 相乗効果を発揮する
  7. 刃を研ぐ


マーケターとして高みを目指すために
  1. 顧客の成功や幸せになってほしい想いを原動力に主体的に動く
  2. 目的・顧客・顧客への提供価値 (目的) からマーケティング施策をつくる
  3. 多くのやることの中から本当に大事なことを見極める
  4. 顧客の成功が巡り巡って自分たちに返ってくる
  5. 顧客理解からマーケティングをし、商品・サービスを顧客に理解してもらう
  6. マーケターは顧客の幸せを支援し、マーケターは顧客と向き合う中で成長する
  7. 自分を磨き続ける



7つの習慣


最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。