投稿日 2019/12/26

ブランドとは価値提供の蓄積 (あくまで結果) 。個人ブランドにも当てはまるブランドのつくり方




今回は、ブランドについてです。

  • ブランドとは? (本質は?)
  • ブランドはどうやってできる?
  • 個人ブランドのつくり方 (注意点と併せて)

こんな疑問に答える内容を書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、ブランドとは何かです。

具体的には、
  • ブランドができるプロセス
  • 強いブランドのつくられ方
  • 個人への応用で、個人ブランド
について書いています。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき、お仕事やキャリアへの参考にしてみてください。


ブランドとは


いきなりですが、ブランドと聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?

私の一言の定義は、ブランドとは 「顧客の好ましい感情が伴った商品やサービス」 です。好ましい感情とは、好き・満足感・共感・誇り・憧れなどです。

ブランドに ing がつくブランディングとは、顧客が商品・サービスに感情移入をしてもらうための働きかけです。

ブランドは企業にとっては無形資産ですが、顧客にとっては頭の中にイメージとしてできるものです。この意味で、ブランドがどうつくられるかは、企業が直接コントロールすることはできません。

ブランディングという働きかけによって、結果として顧客の頭の中にブランドがつくられるのです。

では、ブランドはどのようにできるのでしょうか?


ブランドができるプロセス


ブランドがつくられていくのは、次のプロセスからです。


ブランドができるプロセス
  • ユーザー体験 (五感による体験)
  • 感情形成
  • 価値イメージの定着


3つ目の価値イメージとは、この商品やサービスは、こういう価値を自分に提供してくれるというイメージです。専門用語では 「知覚価値」 と表現します。

価値イメージが顧客の頭の中ででき、定着していくとブランドとして認識されるようになります。


ブランドは蓄積された結果


ブランドとは、ブランディングという顧客への働きかけを続けた結果です。

先ほどのブランドができるプロセスで 「価値イメージが定着」 と見たように、提供価値の蓄積によって結果としてできるものです。

顧客にとって、
  • 価値が高く
  • 長い期間にわたって
  • 一貫性のある提供価値
であるほど、強いブランドになります。それだけ深い感情移入がされているわけです。


ここまで、ブランドとは何か、ブランドができるプロセスについてご説明しました。

ブランドの考え方は、個人のレベルにも当てはめることができます。ここからは、個人で見たブランドについて掘り下げていきます。

個人としてのブランドは、どうやってつくっていけばよいでしょうか?


個人ブランドのつくり方 (と注意点)


ブランドができるのは、提供価値の蓄積からでした。

以下の図は、私自身のグロースモデルです。ここにブランドをつくるのに参考になると思ったので、ご紹介します。





グロースモデルの右側には、「価値提供」 と 「信頼蓄積」 があります。今回の記事の文脈に当てはめると、グロースモデルをまわすことによって、セルフブランドをつくっていると見ることができます。

ブランドとは、顧客への働きかけ (ブランディング) の結果でした。

個人ブランドも同じです。相手への価値提供から信頼が蓄積され、その結果として個人への価値イメージがブランドになります

価値イメージは、「あの人は ○○ という価値を出してくれる」 「○○ と言えばこの人」 という認識です。

自分が注力するのは、価値提供を続けることです。価値を提供することが先にあり、ブランド形成は最後です。


まとめ


今回は、ブランドについてでした。

最後に今回の記事のまとめです。



ブランドとは 「顧客の好ましい感情が伴った商品やサービス」 。好ましい感情とは、好き・満足感・共感・誇り・憧れなど。


提供価値の蓄積によって結果としてできるもの。ブランドができるプロセスは、
  • ユーザー体験 (五感による体験)
  • 感情形成
  • 価値イメージの定着


ブランドの考え方は、個人のレベルにも当てはめることができる。
相手への価値提供から信頼が蓄積され、その結果として個人への価値イメージがブランド。自分が注力するのは、価値提供を続ける。価値を提供することが先にあり、ブランド形成は最後。

最新記事

Podcast - 10分で磨けるビジネスセンス

YouTube (ビジネス系の動画配信)

note - #ビジネスセンスを磨くノート

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。